65件中 21 - 30件表示
  • イズワン・マハブド

    イズワン・マハブドから見た反町康治反町康治

    その状況下で彼は、2015年6月16日の日本代表戦で活躍した事によって、松本山雅FCからトライアルのオファーを受け、2015年末にこのトライアルに参加した。トライアルでは練習試合で45分間を無失点に抑え、反町康治監督も彼に讃辞を送ったものの、入団はならなかった。松本山雅FCはGKとしてシュミット・ダニエルを獲得した。イズワン・マハブド フレッシュアイペディアより)

  • 鴇田周作

    鴇田周作から見た反町康治反町康治

    2013年より、松本山雅FCへ入団。全国的には無名ながら反町康治監督からの高い評価を得て入団となった。同年9月10日、福島ユナイテッドFCへ期限付き移籍。鴇田周作 フレッシュアイペディアより)

  • 2003年のアルビレックス新潟

    2003年のアルビレックス新潟から見た反町康治反町康治

    この項では2003年のアルビレックス新潟について記述する。監督は前年に引き続き反町康治が務めた。2003年のアルビレックス新潟 フレッシュアイペディアより)

  • 2014年のJリーグ ディビジョン2

    2014年のJリーグ ディビジョン2から見た反町康治反町康治

    また、前年のJ2で昇格プレーオフ進出に後一歩届かなかった松本は、就任3年目を迎えた反町康治監督の細部にまでこだわり抜いた戦術が浸透。地元松本出身で元日本代表のDF田中隼磨がチームを牽引し快進撃を続け、第11節には3位に、リーグ折り返し直後の第22節には自動昇格圏の2位に浮上。そこから一度も落ちることなく、第39節の福岡戦で勝利して2位を確定、北信越リーグ(地域リーグ)参入から6年、J2昇格から3年でのJ1昇格を決めた。2014年のJリーグ ディビジョン2 フレッシュアイペディアより)

  • 2003年J2第43節・最終節

    2003年J2第43節・最終節から見た反町康治反町康治

    このまま終わって広島と新潟の同時昇格決定かと思われたが、13,000人を超える観衆を集めた博多の森では対新潟3連敗中の福岡が意地を見せ、後半41分に新潟ゴール前で福岡FWベンチーニョとDFアレックスが強引にボールを前に運ぼうとしたところ、ペナルティエリアの外側に居た福岡DF古賀のところにボールがこぼれ、古賀はここからミドルシュート。これが決まって福岡が土壇場で勝ち越しに成功。新潟の反町康治監督をして「フットボールというゲームの怖さを感じた試合」と表現した一戦は福岡の勝利で試合終了。ビッグアーチと平塚のゲームもこのまま終了し、新潟が敗戦、広島が勝利、川崎は引き分けという結果に終わった。2003年J2第43節・最終節 フレッシュアイペディアより)

  • 辻尾真二

    辻尾真二から見た反町康治反町康治

    大学1年時に大熊清率いるU-19日本代表に選ばれている。ユニバーシアード日本代表には、2005年トルコ・イズミル大会、2007年タイ・バンコク大会の2度選出され、2005年大会は優勝に貢献した。2007年北京五輪出場を目指す、反町康治率いるU-22日本代表に選ばれている。辻尾真二 フレッシュアイペディアより)

  • 中村祐也

    中村祐也から見た反町康治反町康治

    2009年、反町康治が監督に就任すると重用されるようになった。3月15日の第2節、対栃木戦で途中出場。以後途中出場ながら全試合で起用され、3月25日の第4節、対札幌戦では、プロ初得点を記録。5月2日の第12節、対C大阪戦では、初のスタメン出場を果たす。以後はスタメンに定着し、5月23日の第17節、対富山戦及び6月9日の第20節、対愛媛戦ではともに2得点を挙げるなど、得点力を開花。計44試合に出場し、チームトップの14得点(J2全体で13位)を上げ、湘南のJ1昇格に貢献した。中村祐也 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年のサッカー

    2006年のサッカーから見た反町康治反町康治

    7月21日 - サッカー日本代表の監督にジェフユナイテッド市原・千葉の監督であったイビチャ・オシムが就任。同時に、北京オリンピックを目指すU-21日本代表監督に前アルビレックス新潟監督の反町康治が就任(A代表コーチも兼任)。2006年のサッカー フレッシュアイペディアより)

  • 2004年のアルビレックス新潟

    2004年のアルビレックス新潟から見た反町康治反町康治

    この項では2004年のアルビレックス新潟について記述する。前年J2で優勝し、アルビレックス新潟はJ1に初昇格した。監督は前年に引き続き反町康治が務めた。また、J1昇格に貢献した多くの選手もチームに残留した上で、J1のクラブへ移籍していた鈴木慎吾、寺川能人が復帰。更に、桑原裕義、梅山修、喜多靖らJ1でのプレー経験がある選手の獲得に成功し、新外国人選手としてエジミウソンも獲得した。2004年のアルビレックス新潟 フレッシュアイペディアより)

  • 大石隆夫

    大石隆夫から見た反町康治反町康治

    清水東高校では1学年上に反町康治、沢入重雄、望月達也、1学年下に長谷川健太、堀池巧、大榎克己が控える清水東黄金期で多くの全国大会を経験。国士舘大学(同期に柱谷哲二)を経て、ヤマハ発動機/ジュビロ磐田に入団。大石隆夫 フレッシュアイペディアより)

65件中 21 - 30件表示

「反町康治」のニューストピックワード