52件中 21 - 30件表示
  • 牧内辰也

    牧内辰也から見た反町康治反町康治

    鹿児島商時代に全国高等学校サッカー選手権大会に出場、大会優秀選手に選ばれている。当時はMF。福岡大学を卒業後、1986年に全日空横浜サッカークラブ(のちに全日空サッカークラブに改名、横浜フリューゲルスの前身)へ入団、DFとしてモネール、反町康治、前田治、冨嶋均らとプレーした。1992年、現役引退。牧内辰也 フレッシュアイペディアより)

  • 辻尾真二

    辻尾真二から見た反町康治反町康治

    大学1年時に大熊清率いるU-19日本代表に選ばれている。ユニバーシアード日本代表には、2005年トルコ・イズミル大会、2007年タイ・バンコク大会の2度選出され、2005年大会は優勝に貢献した。2007年北京五輪出場を目指す、反町康治率いるU-22日本代表に選ばれている。辻尾真二 フレッシュアイペディアより)

  • 沢入重雄

    沢入重雄から見た反町康治反町康治

    静岡県立清水東高等学校時代は望月達也、反町康治らと共に高校総体2連覇(1980、1981年度)、高校選手権準優勝(1980年度)に貢献。法政大学を経て、1986年に日本サッカーリーグ2部のトヨタ自動車サッカー部へ入部。打点の高いヘディングを武器にセンターフォワードとして活躍し、Jリーグの発足により名古屋グランパスエイトとなってからも活躍、初代主将を務めた。1995年現役引退。沢入重雄 フレッシュアイペディアより)

  • 岡崎慎司

    岡崎慎司から見た反町康治反町康治

    クラブでの活躍が北京オリンピック代表監督反町康治の目に留まり、7月に北京五輪代表として本大会のメンバーに選出された。同五輪の壮行試合として行われたU-23オーストラリア代表との試合に後半途中から出場し、谷口博之の左クロスをダイビングヘッドで合わせて五輪代表初ゴールを決め勝利に貢献している。しかし本大会では無得点に終わった。岡崎慎司 フレッシュアイペディアより)

  • 本田 圭佑

    本田圭佑から見た反町康治反町康治

    勝気な性格であり、その発言は時にビッグマウスともとられてしまう。北京五輪のグループリーグで敗退が決まった後の消化試合では数名の選手と共に反町監督の指示に造反していた事を明かし、メディアで物議をかもした。しかし、そのような背景にはサッカーに対する非常に高い向上心があり、これまでのインタビューでも、ガンバ大阪ユースに昇格出来なかった時の悔しさや、学生時代から常に世界で活躍するプロサッカー選手を見据えていたことなどを度々語っている。本田圭佑 フレッシュアイペディアより)

  • 2003年J2第43節・最終節

    2003年J2第43節・最終節から見た反町康治反町康治

    これにより広島と新潟の同時昇格かと思われたが、後半41分に福岡の古賀誠史がミドルレンジから放ったシュートにより勝ち越しゴールを決めて全試合終了。この日の会見で新潟・反町康治監督が「フットボールの怖さ」と表現した技ありの一撃であった。2003年J2第43節・最終節 フレッシュアイペディアより)

  • 李忠成

    李忠成から見た反町康治反町康治

    同2006年、「大舞台で得点し、世界に在日韓国人の可能性をアピールしたい」と日本代表入りを希望。U-22日本代表監督反町康治からの勧誘もあって日本への帰化を決意し、2006年9月22日に申請し2007年2月9日に認められた。李忠成 フレッシュアイペディアより)

  • カターレ富山

    カターレ富山から見た反町康治反町康治

    J1経験を持つ東京V、湘南、甲府、C大阪からも勝利を収め、8戦負けなしの期間(第28節-第35節)には、湘南監督の反町康治が「今は富山が一番強い」と評すなど、J初年度チームとしては十分な健闘を見せた。失点数ではリーグ7位と守備面での成果が目立ったが、得点数ではリーグワースト4位であり、攻撃面での課題が浮き彫りになった。カターレ富山 フレッシュアイペディアより)

  • 寺川能人

    寺川能人から見た反町康治反町康治

    2009年シーズンより、湘南ベルマーレに完全移籍。湘南では元新潟監督の反町康治監督の下で主に中盤で活躍。共に新潟から移籍した野澤洋輔らとともに献身的なプレーを続け、湘南のJ1昇格に貢献した。新潟時代の応援歌は「寺川能人おーおおーおー」(郷ひろみ『誘われてフラメンコ』の替え歌)であったが、湘南移籍後も引き継がれた。寺川能人 フレッシュアイペディアより)

  • 大竹洋平

    大竹洋平から見た反町康治反町康治

    2008年、椋原健太、廣永遼太郎と共にトップチームに昇格。同年3月8日、開幕戦神戸戦(自身の高校卒業式当日)でプロデビュー。同年4月19日のJ1第7節川崎戦においてプロ初得点をループシュートで決めると、4月21日、U-23日本代表候補に追加招集され、反町康治オリンピック代表監督から「ゲームの流れを変えられる選手。たぐいまれな個性がある」と評されるなど注目を集めた。以後、オフ・ザ・ボールの動きを試行錯誤し苦しんだものの、J1第24節大宮戦でフリーキックでの得点を決めるなど、チーム3位タイの4得点を挙げ存在感を示した。大竹洋平 フレッシュアイペディアより)

52件中 21 - 30件表示

「反町康治」のニューストピックワード