65件中 41 - 50件表示
  • プロサッカークラブをつくろう!

    プロサッカークラブをつくろう!から見た反町康治反町康治

    第1作目の実況は松岡俊道が担当と解説者は大場真人だが、その後の据え置きハード作品での実況は八塚浩が担当。『Jリーグ プロサッカークラブをつくろう!3』以降の解説は木村和司、水沼貴史、永島昭浩、『Jリーグプロサッカークラブをつくろう!04』では反町康治『Jリーグプロサッカークラブをつくろう!5』小倉隆史等が務めている。なお、一部作品ではパンツェッタ・ジローラモが解説やピッチレポートを担当している。プロサッカークラブをつくろう! フレッシュアイペディアより)

  • 青野大介

    青野大介から見た反町康治反町康治

    2005年にアルビレックス新潟移籍後、プロ4年目にして開幕戦のFC東京戦に起用されJリーグデビューを果たすが、左サイドバックで起用され、本職の攻撃的MFではなかった。2005年はJ1リーグ戦16試合に出場したが、監督が反町康治から鈴木惇に代わった2006年はカップ戦のみの出場にとどまった。青野大介 フレッシュアイペディアより)

  • 塩沢勝吾

    塩沢勝吾から見た反町康治反町康治

    松本山雅のJ2参入となった2012年は反町康治監督の指導の元でブレイクを果たし、自身初のJでの2ケタ得点となる11得点を挙げた。塩沢勝吾 フレッシュアイペディアより)

  • 尾崎瑛一郎

    尾崎瑛一郎から見た反町康治反町康治

    反町康治の目に止まり、2003年1月28日にアルビレックス新潟と入団契約を結んだ。同年は高卒1年目ながら右サイドバックとして17試合に出場し、J1への昇格に貢献。翌2004年には若手育成 と負傷した足のリハビリを兼ね、下部組織であるアルビレックス新潟シンガポールに期限付き移籍された。2006年にはキャプテンを務めたが、アマチュアのメンバーを含むチームをまとめるのに苦労し、プレーに集中できずサッカーへのモチベーションを失いかけたという。2007年には新潟シンガポールに完全移籍したが、同年限りで解雇される。尾崎瑛一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 千葉和彦

    千葉和彦から見た反町康治反町康治

    シーズン終了後にコールホフ監督がオランダ2部のFCドルトレヒトに移籍すると、コールホフから引き抜かれる形で同クラブとアマチュア契約を締結することが内定していたが、2005年7月に知人を頼って練習参加していたアルビレックス新潟監督の反町康治からラブコールを受け、同年8月に新潟とプロ契約を交わして 正式に入団した。新潟入団当初もボランチでプレーしたが、人材不足のため3バックのDFにも入った。千葉和彦 フレッシュアイペディアより)

  • 野澤洋輔

    野澤洋輔から見た反町康治反町康治

    2009年1月6日、新潟時代の恩師である反町康治が新監督に就任したJ2湘南ベルマーレへ完全移籍。同シーズンは過去2年間正GKだった金永基が開幕直前で負傷したためレギュラーの座を掴み、全51試合出場を果たしてJ1昇格の立役者となった。しかし、2010年は椎間板ヘルニアを発症してしまい、さらに復帰後は離脱中に移籍加入した都築龍太に正GKの座を譲る試合も多く18試合の出場に留まった。チームも最下位で1年でJ2で逆戻りとなった。2011年は新加入の西部洋平が正GKとなり、出場なしに終わった。さらにベンチから外れる試合も多く、チームも14位に沈んだ。野澤洋輔 フレッシュアイペディアより)

  • 1964年

    1964年から見た反町康治反町康治

    3月8日 - 反町康治、サッカー監督・元サッカー選手1964年 フレッシュアイペディアより)

  • 大久保嘉人

    大久保嘉人から見た反町康治反町康治

    2008年は、開幕前のワールドカップ予選・タイ戦で貴重な勝ち越しゴールをあげる活躍もあったが、同時に右ひざ半月板損傷を負った。3月のワールドカップ予選選出も危ぶまれたものの、2節川崎戦で戦列復帰し、1ゴール2アシストの活躍を見せ、代表追加招集が発表された。6月のオマーン戦で、相手GKアリ・アル・ハブシと接触した際、アル・ハブシを蹴り一発退場を受け、残りの予選3試合は出場停止処分となった。また、反町康治率いる北京オリンピックにOA枠での選出の噂もあったが、破断している(後術)。チームにおいては、より多くのボールを受けるべく、シーズン当初のFWから再び左MFへポジションを変更し牽引。2年連続の二けた得点を達成した。大久保嘉人 フレッシュアイペディアより)

  • 李忠成

    李忠成から見た反町康治反町康治

    同2006年、「大舞台で得点し、世界に在日韓国人の可能性をアピールしたい」と日本代表入りを希望。U-22日本代表監督反町康治からの勧誘もあって日本への帰化を決意し、2006年9月22日に申請し2007年2月9日に認められた。李忠成 フレッシュアイペディアより)

  • 森重真人

    森重真人から見た反町康治反町康治

    2009年のシーズン終了後チームのJ2降格や深刻な経営難が表面化したため移籍を決意。川崎フロンターレや浦和レッドダイヤモンズとの競合の末、2010年からFC東京に移籍することが発表された。FC東京では、主に4バックの右CBに入り今野泰幸とコンビを組んでいたが、新人のキム・ヨングンのCB起用が増えるのに併せて層の薄いボランチに配される機会も多かった。ボランチでのプレーについて、城福浩監督は中盤の選手としての運動量、大熊清監督は90分通してのアグレッシブさを課題に挙げており、必ずしもベストな選択ではないことをうかがわせていたが、湘南の反町康治監督からは「ボールを動かす力があるし、ドリブルでひとつ持ち運ぶことができる。」、LDUキトのエドガルド・バウサ監督から「ディフェンスをしながら攻撃にも参加するという二重の役割をよくこなしていた。」と、敵将から高く評価されることがしばしばあった。東京でもセットプレーなどでのターゲットになることが多く、FC東京での初得点はショートコーナーからのクロスを合わせたヘディングによるものだった。森重真人 フレッシュアイペディアより)

65件中 41 - 50件表示

「反町康治」のニューストピックワード