65件中 51 - 60件表示
  • 岡崎慎司

    岡崎慎司から見た反町康治反町康治

    クラブでの活躍が北京オリンピック代表監督反町康治の目に留まり、7月に北京五輪代表として本大会のメンバーに選出された。同五輪の壮行試合として行われたU-23オーストラリア代表との試合に後半途中から出場し、谷口博之の左クロスをダイビングヘッドで合わせて五輪代表初得点を決め勝利に貢献した。しかし、本大会では無得点に終わった。岡崎慎司 フレッシュアイペディアより)

  • Jリーグ監督経験者

    Jリーグ監督経験者から見た反町康治反町康治

    反町康治(新潟 2001-2005 湘南 2009-2011 松本 2012-)Jリーグ監督経験者 フレッシュアイペディアより)

  • イビチャ・オシム

    イビチャ・オシムから見た反町康治反町康治

    反町康治 - U21-23代表監督 / A代表コーチイビチャ・オシム フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤航

    遠藤航から見た反町康治反町康治

    2010年、湘南ベルマーレに2種登録選手として登録され、Jリーグデビューを果たす。反町康治監督からは「ボールを動かせるし、身長は低いけどヘディングも強い」と評価された。遠藤航 フレッシュアイペディアより)

  • 望月達也

    望月達也から見た反町康治反町康治

    清水東3年時の高校選手権、FW沢入重雄やMF反町康治らと共にエースとして活躍したが準優勝に終わる。望月達也 フレッシュアイペディアより)

  • 松田直樹

    松田直樹から見た反町康治反町康治

    松本山雅(監督:反町康治、阿部琢久哉、飯尾和也、飯田真輝、石川扶、今井昌太、大橋正博、片山真人、木島徹也、木島良輔、北村隆二、木村勝太、小松憲太、佐藤由将、塩沢勝吾、白井裕人、須藤右介、多々良敦斗、玉林睦実、弦巻健人、鐡戸裕史、船山貴之、久富賢、山本剛、李鍾民、渡辺匠)松田直樹 フレッシュアイペディアより)

  • 松本山雅FC

    松本山雅FCから見た反町康治反町康治

    湘南元監督の反町康治が監督に就任。木村勝太が富山へ完全移籍、山本剛、佐藤由将が夫々引退、宮田直樹が移籍期間満了で岡山に復帰した。一方、東京Vから吉田正樹、神戸から楠瀬章仁、横浜FCから伊藤竜司、湘南から野澤洋輔、栃木SCから期限付き移籍していた船山を完全移籍で、岡山から久木田紳吾および喜山康平、千葉から益山司を期限付き移籍で獲得、流通経済大学から村瀬勇太、北越高校から有田光成、チーム初となるブラジル人エイジソンを獲得。6月には元町田の尹誠悦と崔守斌を獲得した。シーズン開幕後は李鍾民とエイジソンとの契約を解除、吉田正樹がFC琉球へ、久富賢が藤枝MYFCへ、今井昌太がブラウブリッツ秋田へそれぞれ期限付き移籍で、木島良輔が東京Vへ完全移籍で移籍した一方、清水から橘章斗、岡山から一柳夢吾、大分から藤川祐司、柏から三浦雄也、ブラジルからアリソン・リカルドを期限付き移籍で、ブラジルからチアゴ・シルヴァを完全移籍で獲得。さらにクラブ初の特別指定選手として、創造学園高校の宮下周歩と青山学院大学の山田修平を指定した。松本山雅FC フレッシュアイペディアより)

  • カターレ富山

    カターレ富山から見た反町康治反町康治

    J1経験を持つ東京V、湘南、甲府、C大阪からも勝利を収め、8戦負けなしの期間(第28節-第35節)には、湘南監督の反町康治が「今は富山が一番強い」とコメントしている。なお、失点数はリーグ7位であったが、得点数はリーグワースト4位であった。カターレ富山 フレッシュアイペディアより)

  • U-23サッカー日本代表

    U-23サッカー日本代表から見た反町康治反町康治

    北京大会のメンバー。監督は反町康治U-23サッカー日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • 平山相太

    平山相太から見た反町康治反町康治

    2008年からFC東京の監督に城福浩が就任。開幕戦ではスタメンで起用されたが、赤嶺真吾の台頭もあり、その後はサブとしてゲーム後半からの途中出場が多くを占めた。長年期待されてきた北京五輪代表候補にも、2月のアメリカ遠征に招集された位で、本大会の前哨戦として捉えられていた5月のトゥーロン国際大会などには招集されなくなっていたが、ナビスコカップの東京ダービーでハットトリックを決め、最後の滑り込み招集に望みを託す。しかし、反町康治五輪代表監督には招集されず、オリンピック2大会連続出場は叶わなかった。平山相太 フレッシュアイペディアより)

65件中 51 - 60件表示

「反町康治」のニューストピックワード