前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
72件中 1 - 10件表示
  • 反町康治

    反町康治から見た川淵三郎

    2006年5月29日、北京オリンピック日本代表監督に決まり、ドイツW杯終了後に正式契約することが川淵三郎キャプテンから正式発表された。A代表のコーチも兼務しており、山本昌邦前監督時代には見られなかったA代表と五輪代表の情報交換も積極的に行い、五輪代表からA代表へ選手を送り出していた(これは若い選手を試したいオシム監督の意向もあった)。反町康治 フレッシュアイペディアより)

  • 反町康治

    反町康治から見た柏木陽介

    大量の選手を招集し、様々なテストを行ったが、結果としてそれが軸となる選手が定まらない状態を生んだ。本戦メンバーには、予選などでさして実績を残していない新しい選手が多く選ばれ、予選常連組の青山直晃、柏木陽介らは外された。結果として、五輪本大会はアメリカ、ナイジェリア、オランダ相手に3戦全敗。1996年のアトランタ大会以降、初となる白星なしでのグループリーグ敗退に終わり、選手選考や采配に対して厳しい批判を浴びた。反町康治 フレッシュアイペディアより)

  • 反町康治

    反町康治から見た本田圭佑本田 圭佑

    U23日本代表チームを率いる際には「代表としての情熱と誇り」のモットーを掲げていたが、北京オリンピックのグループステージ第2戦のナイジェリア戦前には選手たちに「座して死ぬくらいなら、飛び込んで死のう」と戦術無用の玉砕命令ともとれる指示を出しており、また第3戦のオランダ戦では「オランダはうまいから前からボールを取りに行かなくていい」と2年間取り組んできた戦術を翻す指示を出すなど、そのモットーに反する戦術指示・姿勢には選手の間からも疑問の声が出た(実際に同オランダ戦では本田圭佑を中心とした選手らが監督の指示を無視、前からボールを取りに行くサッカーを実行している)。一方「断じて選手の造反ではない」といった報道もあった。反町康治 フレッシュアイペディアより)

  • 反町康治

    反町康治から見た湘南ベルマーレ

    その後1994年に全日空を退社してプロ契約でベルマーレ平塚(この年からJリーグに昇格を果たした)に移籍し、チーム躍進の原動力として活躍した後、1997年で現役引退。その後はNHK衛星放送やスカイパーフェクTV!などのサッカー解説者を経てスペインでサッカーのコーチング留学を行った。反町康治 フレッシュアイペディアより)

  • 反町康治

    反町康治から見た小学館

    『Jリーグオフィシャルガイド1992-1993』、小学館、1992 ISBN 4-09-102301-0反町康治 フレッシュアイペディアより)

  • 反町康治

    反町康治から見た朝日新聞出版

    『Jリーグオフィシャル・ファンズ・ガイド2011』、朝日新聞出版、2011 ISBN 978-4-02-190215-4反町康治 フレッシュアイペディアより)

  • 反町康治

    反町康治から見た全日本空輸

    卒業後、総合職にて全日空に入社。全日空サッカークラブを母体とした横浜フリューゲルスで、全日空の社員契約ながらJリーグの試合に出場したことで「サラリーマンJリーガー」として注目された。全日空ではパイロットのスケジュール作成を担当していた。反町康治 フレッシュアイペディアより)

  • 反町康治

    反町康治から見たコナミ

    『J.LEAGUE YEARBOOK 2006』、コナミ、2006 ISBN 4-86155-812-3反町康治 フレッシュアイペディアより)

  • 反町康治

    反町康治から見たアルビレックス新潟

    2001年、J2のアルビレックス新潟監督に就任し、チームをJ1昇格圏内に押し上げ、2003年最終戦で悲願のJ1昇格を果たした。その後2004年、2005年の2シーズンに渡りJ1残留を果たし、2005年11月に新潟監督を勇退。反町康治 フレッシュアイペディアより)

  • 反町康治

    反町康治から見た松本山雅FC

    2012年、この年J2に昇格した松本山雅FCの監督に就任。反町康治 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
72件中 1 - 10件表示

「反町康治」のニューストピックワード