前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
489件中 1 - 10件表示
  • 殊勲章

    殊勲章から見た勲章勲章

    英語圏で、“Distinguished Service Order(DSO)”及び“Distinguished Service Medal(DSM)”と称される章が、日本語では“殊勲章”と訳されることが多い。しかし、特にDSMには、国家の勲章であるものから任意団体の表彰記章まであり、それぞれの価値は大きく異なる。また、同じ“国家の勲章”の範疇に入るものでも、DSOとDSMでは両者のは格式に大きな差がある。日本の書籍等では、“Medal”(メダル)は全般或はその一部が記章に分類されるもので、この区分けは著者によっても異なる。それに対して、受章者に勲位が授けられる“Order”(オーダー)は、例外なく勲章として扱われている。殊勲章 フレッシュアイペディアより)

  • ヴィクトリア十字章

    ヴィクトリア十字章から見た勲章勲章

    ヴィクトリア十字章(ヴィクトリアじゅうじしょう、Victoria Cross)は、イギリスおよび英連邦王国構成国の軍人に対し授与される最高の戦功章。敵前での勇敢な行為を対象とした顕彰における第1レベルの賞とされるクロス章であり、受章者は“VC”のポスト・ノミナル・レターズを使用することが許される。グレートブリテン及び北アイルランド連合王国およびほとんどの英連邦王国構成国においては、ポスト・ノミナル・レターズの記載順位や佩用序列が全ての勲章・記章の最上位に位置付けられている。ヴィクトリア十字章 フレッシュアイペディアより)

  • 勲章 (日本)

    勲章 (日本)から見た勲章勲章

    本項では、日本の勲章(にほんの くんしょう)について解説する。勲章 (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 宝冠章

    宝冠章から見た勲章勲章

    宝冠章は制定以来、その授与対象を女性に限定した唯一の勲章で、勲章制度の男女均等を図った栄典制度改訂後の現在でも女性のみに授与されるものとなっている。栄典制度改訂により旭日章、桐花章、菊花章が女性にも与えられるようになったため、一般の叙勲に於いては宝冠章は運用されておらず、現在では日本の女性皇族に対する叙勲と、国家元首や皇族・王族などの公式訪問の際に行われる、外国人に対する儀礼叙勲に限定して運用されている。宝冠章 フレッシュアイペディアより)

  • ドイツ鷲勲章

    ドイツ鷲勲章から見た勲章勲章

    ドイツ鷲勲章 (、英:Order of the German Eagle)はナチス・ドイツ体制下のドイツにおける勲章。主に海外におけるナチス・ドイツにとっての政治的・軍事的・経済的な協力者に対して、外交上の業績を表彰する為に授与された。また例外的に自国の外交官や外交政策関係者に対しても、他国との友好関係への貢献を讃えるべく授与される場合もあった。等級については当初は6階級に分けられたが、最終的には10階級にまで細分化された。ドイツ鷲勲章 フレッシュアイペディアより)

  • 大紫荊勲章

    大紫荊勲章から見た勲章勲章

    大紫荊勲章(だいしけいくんしょう、Grand Bauhinia Medal)は、香港の栄典制度における最高位の勲章であり、香港の繁栄に対する生涯に渡る顕著な貢献を表彰して授勲されるものである。受勲者は、名前の後ろに GBM あるいは 大紫荊勲賢 の敬称がつけられる。1997年の香港返還後、英国の勲章制度に代わる形で創設された。紫荊(バウヒニア)は、香港の市花。大紫荊勲章 フレッシュアイペディアより)

  • 日本赤十字社金色有功章

    日本赤十字社金色有功章から見た勲章勲章

    日本赤十字社金色有功章(にっぽんせきじゅうじしゃきんしょくゆうこうしょう)とは、日本赤十字社が永年に渡り赤十字奉仕活動に従事した者、高額な社資の拠出者・寄付者、及び献血に貢献した者などを対象に授与する記章のことである。勲章式(男性用と女性用の2種類があり、綬の結び方が異なる。略章は過去には男性用と女性用でデザインが異なったが、現在は男女共通)と楯式、杯式の3種類がある。なお、下位の記章に日本赤十字社銀色有功章がある。日本赤十字社金色有功章 フレッシュアイペディアより)

  • 葵勲章

    葵勲章から見た勲章勲章

    葵勲章(あおいくんしょう)は、幕末に江戸幕府が作成を企図したとされる勲章葵勲章 フレッシュアイペディアより)

  • ハンス=イェスタ・ペーアソン

    ハンス=イェスタ・ペーアソンから見た勲章勲章

    独ソ戦後期の1944年から1945年の間、バルト三国、ポメラニア、ベルリンの戦いで武装親衛隊の装甲車中隊指揮官として活躍。武装親衛隊に所属したスウェーデン人義勇兵の中で最も多くの勲章を獲得し、最も高い階級に昇進し、そしてベルリン市街戦で最後まで生き残ったスウェーデン人義勇兵となった。最終階級はSS大尉(SS-Hauptsturmführer)。ハンス=イェスタ・ペーアソン フレッシュアイペディアより)

  • 略綬

    略綬から見た勲章勲章

    略綬(りゃくじゅ)は、勲章・記章の受章者がそれらを佩用しないときに受章歴を示すために着用する綬(リボン)である。日本の政令で定められている“略綬”は円形で、欧米ではローゼット (Rosette) と呼ばれるものに相当する。しかし、日常多く見られるのは軍人等が制服に着けている長方形のものであり、一般的にも“略綬”と呼ばれているものはこのタイプを指すことが多い。これは、欧米では“Ribbon bar”、“Breast Ribbon”、“service ribbons”(英)、Service ruban(仏)、“Bandschnalle”(独)等と呼ばれているものであり、日本では内閣告示によって個人での作成と制服への着用が可とされているものである。略綬 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
489件中 1 - 10件表示

「叙勲」のニューストピックワード