489件中 11 - 20件表示
  • 名誉隊長

    名誉隊長から見た勲章勲章

    シャンパーニュ騎士団等が授与する勲章に伴う称号の一つ。名誉隊長 フレッシュアイペディアより)

  • シッスル勲章

    シッスル勲章から見た勲章勲章

    シッスル勲章 (Order of the Thistle)はスコットランドの最高勲章。正式のタイトルは”The Most Ancient and Noble Order of the Thistle”。グレートブリテン及び北アイルランド連合王国に於いては、イングランドのガーター勲章に次ぐ2番目に高位の騎士団勲章 (order) である。ヨーロッパの騎士団勲章は中世の騎士団に由来、あるいはその制度に倣った栄典で、騎士団(勲爵士団)へ入団することが栄誉であり、記章はその団員証として授与されるものである。すなわち、この勲章に叙勲されるということは、シッスル騎士団への入団を意味する。シッスル勲章 フレッシュアイペディアより)

  • アンティーク・ジュエリー

    アンティーク・ジュエリーから見た勲章勲章

    ジュエリーはまた特定のグループへの帰属を象徴し、キリスト教の十字架やユダヤ教のダビデの星などがこれに当たる。身分を表す頸飾、人間関係のしるしとして欧米の夫婦が着ける結婚指輪が相当する。 (勲章も参照。)アンティーク・ジュエリー フレッシュアイペディアより)

  • 防衛記念章

    防衛記念章から見た勲章勲章

    防衛記念章(ぼうえいきねんしょう)とは、自衛官がその経歴を記念して制服に着用することができる徽章をいう。防衛記念章そのものは略綬ではないが、徽章の形態としては略綬式を採用している。狭義の勲章とは異なるもので、記念章・従軍記章・表彰歴章等に相当する、自衛官特有の栄誉である。従来、常備自衛官以外の自衛隊員が同じ条件を満たしても防衛記念章を身につける事はできないものとされ、防衛記念章を着用した自衛官が退官し、予備自衛官等に任用した場合は人事書類にて記録されてきた。しかし、2014年8月より予備自衛官及び即応予備自衛官についても訓練招集期間中における防衛記念章の着用が認められるようになった。防衛記念章 フレッシュアイペディアより)

  • 飾緒

    飾緒から見た勲章勲章

    飾緒が示す意味は国や時代によって異なる。正装や礼装のアイテムとして着用される場合は、地位や役職、資格、所属する部隊や兵科(兵種)を示すこともあり、表彰の一種として勲章的な意味を持つこともある。役職を示すものとしては副官用と駐在武官用の飾緒が多くの国の軍隊に共通しており、これらは常装に着用されることも多い。式典時の服装に単なる装飾として着けられる場合もあり、儀仗兵や軍楽隊の式典服に多く見られる。飾緒 フレッシュアイペディアより)

  • サヴォイア軍事勲章

    サヴォイア軍事勲章から見た勲章勲章

    サヴォイア軍事勲章 (伊語:Ordine militare di Savoia)はサルデーニャ・ピエモンテ王国、イタリア王国及びイタリア共和国の勲章であり、イタリア陸軍・海軍・空軍における最高位の勲章。サヴォイア家が軍人に限定した勲章として制定し、聖アヌンツィアータ騎士団勲章、聖マウリッツィオ・ラザロ騎士団勲章に次ぐ第三の勲章として用いられた。サヴォイア軍事勲章 フレッシュアイペディアより)

  • プール・ル・メリット勲章

    プール・ル・メリット勲章から見た勲章勲章

    プール・ル・メリット勲章 (Pour le Mérite) は、1740年にプロイセン王国で制定されたの勲章の一つであり、戦功章 (Militärklasse) と平和章 (Friedensklasse) がある。プール・ル・メリット勲章 フレッシュアイペディアより)

  • 大統領自由勲章

    大統領自由勲章から見た勲章勲章

    大統領自由勲章(だいとうりょうじゆうくんしょう、)は、アメリカ合衆国の勲章で、議会名誉黄金勲章と並んで文民に贈られる最高位の勲章である。大統領自由勲章 フレッシュアイペディアより)

  • 小松原英太郎

    小松原英太郎から見た勲章勲章

    明治41年(1908年)第2次桂内閣で文部大臣および農商務大臣臨時代理に就任。韓国皇帝より勲一等太極章を受章。明治43年(1910年)、「図書館設立ニ関スル訓令」を公布。明治44年(1911年)、「高等中学校令」(勅令第217号)を公布。大正元年(1912年)、「図書館管理法」を公布。明治45年(1912年)から大正8年(1919年)まで東洋協会専門学校(後の拓殖大学)第2代学長を務める。小松原英太郎 フレッシュアイペディアより)

  • ウィリアム・ゴーランド

    ウィリアム・ゴーランドから見た勲章勲章

    以上のように、日本の近代産業の育成に大きな貢献をしたことから、明治新政府は、1879年、1882年とたびたび賞与金を支給してこれに報い、1883年11月3日には勲四等旭日小綬章が贈られた。公務の合間には、日本各地の古墳の調査、登山をはじめ、ボート漕法の指導、日本絵画の収集など精力的に活動した。ウィリアム・ゴーランド フレッシュアイペディアより)

489件中 11 - 20件表示

「叙勲」のニューストピックワード