329件中 11 - 20件表示
  • 表彰

    表彰から見た勲章勲章

    表彰(ひょうしょう、commendation)とは、善行・功労・成果などを表に彰にする(公に明らかにする)とともに、被表彰者の功績及び実績に対して褒め称えることをいう。広義の意味では国家が功労者に対して位階、勲等、爵位、勲章、褒章などを授与する栄典も含めるが、社会的には栄典と表彰とは明確に区別されている。主な表彰を授与する主体としては、国及び地方公共団体、企業、公益法人、学会などである。類似語として顕彰、褒彰などがある。また、賞は表彰の1種である。表彰 フレッシュアイペディアより)

  • 大統領自由勲章

    大統領自由勲章から見た勲章勲章

    大統領自由勲章(だいとうりょうじゆうくんしょう:Presidential Medal of Freedom)はアメリカ合衆国の勲章で、議会名誉黄金勲章と並んで文民に送られる最高位の勲章である。大統領自由勲章 フレッシュアイペディアより)

  • 小松原英太郎

    小松原英太郎から見た勲章勲章

    明治41年(1908年)第2次桂内閣で文部大臣および農商務大臣臨時代理に就任。韓国皇帝より勲一等太極章を受章。明治43年(1910年)、「図書館設立ニ関スル訓令」を公布。明治44年(1911年)、「高等中学校令」(勅令第217号)を公布。大正元年(1912年)、「図書館管理法」を公布。明治45年(1912年)から大正8年(1919年)まで東洋協会専門学校(後の拓殖大学)第2代学長を務める。小松原英太郎 フレッシュアイペディアより)

  • プール・ル・メリット勲章

    プール・ル・メリット勲章から見た勲章勲章

    プール・ル・メリット勲章 (Pour le Mérite) は1740年にプロイセン王国で制定されたの勲章の一つであり、戦功章 (Militärklasse) と平和章 (Friedensklasse) がある。プール・ル・メリット勲章 フレッシュアイペディアより)

  • 日本赤十字社

    日本赤十字社から見た勲章勲章

    個人は500万円以上 法人・団体で1000万円以上(累計はできないが、何回でも申請できる) 紺綬褒章上申(勲章型で、回数毎に飾版1が追加される)と章記(褒状と記す支部もある)日本赤十字社 フレッシュアイペディアより)

  • 勲一等旭日桐花大綬章

    勲一等旭日桐花大綬章から見た勲章勲章

    制定経緯はともかく、勲一等旭日大綬章を上回る勲功がありながら、最高勲章に属する大勲位菊花大綬章に及ばない場合に授与される、最上位の普通勲章であった。類例として、(日本に倣った面もあるが)大韓帝国の「大勲位梨花大綬章」、満州国の「龍光大綬章」がある。また生存者叙勲停止中、新たな勲章制度を制定すべく1952年の第15回国会に提出された栄典法案の審議では、位階を併用することで「表彰の方途に潤いを持たせたく考える」(緒方竹虎内閣官房長官1)とし、その運用例として「旭日大綬勲章」(勲一等旭日大綬章相当)に加えて正三位あるいは従二位に叙することで、菊花勲章と旭日勲章の中間(勲一等旭日桐花大綬章相当)の位置づけを想定した政府答弁もあった。勲一等旭日桐花大綬章 フレッシュアイペディアより)

  • レジオンドヌール勲章

    レジオンドヌール勲章から見た勲章勲章

    これを市民の平等という原則への攻撃と見た者もいたが、第一執政ナポレオン・ボナパルトは国務院でこの制度をこう正当化していた――「古代・現代を問わず、勲章なしでやっていけた共和国があるというなら教えてもらいたい。諸君はこれを玩具だと言うかもしれないが、さて人間を動かすのはそうした玩具なのだ」。レジオンドヌール勲章 フレッシュアイペディアより)

  • 防衛記念章

    防衛記念章から見た勲章勲章

    防衛記念章(ぼうえいきねんしょう)とは、自衛官がその経歴を記念して制服に着用することができる徽章をいう。防衛記念章そのものは略綬ではないが、徽章の形態としては略綬式を採用している。狭義の勲章とは異なるもので、記念章・従軍記章・表彰歴章等に相当する、自衛官特有の栄誉である。常備自衛官以外の自衛隊員が同じ条件を満たしても防衛記念章を身につける事はできない(予備自衛官等は不可)。また、防衛記念章を着用した自衛官が退官し、予備自衛官等に任用した場合も着用する事はできない。防衛記念章 フレッシュアイペディアより)

  • 略綬

    略綬から見た勲章勲章

    略綬(りゃくじゅ)は、勲章・記章の受章者がそれらを佩用しないときに受章歴を示すために着用する綬(リボン)である。日本の政令で定められている”略綬”は円形で、欧米ではローゼット (Rosette) と呼ばれるものに相当する。しかし、日常多く見られるのは軍人等が制服に着けている長方形のものであり、一般的にも”略綬”と呼ばれているものはこのタイプを指すことが多い。これは、欧米では”Ribbon bar”、”Breast Ribbon”、”service ribbons”(英)、Service ruban(仏)、”Bandschnalle”(独)等と呼ばれているものであり、日本では内閣告示によって個人での作成と制服への着用が可とされているものである。略綬 フレッシュアイペディアより)

  • ニコラーイ・ブリャーク

    ニコラーイ・ブリャークから見た勲章勲章

    「赤旗勲章」を3度受け、また「アレクサンドル・ネフスキー勲章」と「2等祖国戦勲章」も受けた。「赤い星」とメダルも授与された。ニコラーイ・ブリャーク フレッシュアイペディアより)

329件中 11 - 20件表示

「叙勲」のニューストピックワード