329件中 21 - 30件表示
  • 消防庁長官表彰国際協力功労章

    消防庁長官表彰国際協力功労章から見た勲章勲章

    国際協力功労章(しょうぼうちようちようかんひようしょうこくさいきょうりょくこうろうしよう)は、日本の消防庁長官が功労ある消防吏員または総務省消防庁職員を表彰するために授与する表彰記章のこと。消防に関する表彰としては勲章・褒章などの栄典に準じ、最も栄誉あるもののひとつである。消防庁長官表彰国際協力功労章 フレッシュアイペディアより)

  • 消防庁長官表彰顕功章

    消防庁長官表彰顕功章から見た勲章勲章

    消防庁長官表彰顕功章(しょうぼうちようちようかんひようしようけんこうしよう)は、日本の消防庁長官が功労ある消防吏員または消防団員、消防庁職員を表彰するために授与する表彰記章のこと。消防に関する表彰としては勲章・褒章などの栄典に準じ、最も栄誉あるもののひとつである。消防庁長官表彰顕功章 フレッシュアイペディアより)

  • 消防庁長官表彰功績章

    消防庁長官表彰功績章から見た勲章勲章

    消防庁長官表彰功績章(しょうぼうちようちようかんひようしようこうせきしよう)は、日本の消防庁長官が功労ある消防吏員または消防団員、消防庁職員を表彰するために授与する表彰記章のこと。消防に関する表彰としては勲章・褒章などの栄典に準じ、最も栄誉あるもののひとつである。消防庁長官表彰功績章 フレッシュアイペディアより)

  • 法規

    法規から見た勲章勲章

    また、勲章や褒章などの栄典について法律で定めることを要するかも問題とされる。この点に関する政府による見解は、立憲君主制における法規概念を前提に、日本国憲法第7条7号による栄典の授与については、国民の権利を制限し又は国民に義務を課すものではないから法律で定める必要はないとし、太政官布告たる褒章条例などを政令で改正する措置を採っている。これに対し憲法学者の間では、日本国憲法の下では栄典制度は法律事項であり、政令で定めることはできないという見解が支配的である。法規 フレッシュアイペディアより)

  • 受勲

    受勲から見た勲章勲章

    受勲 フレッシュアイペディアより)

  • てんこもりシューティング

    てんこもりシューティングから見た勲章勲章

    敵機を撃ち、放り出される勲章を制限時間以内に取っていく。レベルが上がると、勲章の数が増えていく。てんこもりシューティング フレッシュアイペディアより)

  • 胸章

    胸章から見た勲章勲章

    勲章の多くが胸章であるが、普段から着用することは機能性を損なう。そこで軍服の所定の位置に簡略化された略綬を付ける事がよく行われる。胸章 フレッシュアイペディアより)

  • 陸軍下士官勤功章

    陸軍下士官勤功章から見た勲章勲章

    各部隊によって対象者は選抜されていたが、授与者は特に厳選され人数も少なくその栄誉は狭き門とされ、全下士官兵(下士卒)の模範となるべき優秀な者に限られた。それ故に勤功章は勲章と並び、もしくはそれ以上の大変な名誉とされていた。陸軍下士官勤功章 フレッシュアイペディアより)

  • ウェスリー・オートリー

    ウェスリー・オートリーから見た勲章勲章

    さらに2007年1月4日、ニューヨーク市長マイケル・ブルームバーグは、同市民へ最高の勲章、 Bronze Medallion を贈呈した。ウェスリー・オートリー フレッシュアイペディアより)

  • アンナ

    アンナから見た勲章勲章

    聖アンナ勲章()は、帝政ロシア時代の勲章。この勲章にまつわり、アントン・チェーホフは『首の上のアンナ』という小説を書いている。また、この小説をもとにしたバレエも存在する。アンナ フレッシュアイペディアより)

329件中 21 - 30件表示

「叙勲」のニューストピックワード