329件中 51 - 60件表示
  • 特別社員

    特別社員から見た勲章勲章

    日本赤十字社をはじめ世界各国の赤十字社では、社員を募り、一定の要件を満たした者に表彰として特別社員の称号を贈呈している。日本赤十字社では、明治20年1887年に日本赤十字社と改称し、特別社員及び名誉社員制度を新設した。これに伴い、日本赤十字社特別社員の称号受称者は、特別社員章(勲章式)を贈呈され、当人に限り佩用することができた(遺族は保管のみ)。特別社員 フレッシュアイペディアより)

  • 三木俊治

    三木俊治から見た勲章勲章

    2005年 ポルトガル政府より功労勲章を賜る。三木俊治 フレッシュアイペディアより)

  • アイダ・ルイス

    アイダ・ルイスから見た勲章勲章

    1869年、合衆国第18代大統領ユリシーズ・S・グラント、副大統領スカイラー・コルファクスは ライムロック灯台を訪れアイダと面会、ゴールド・ライフセービング勲章を授与する(同年、彼らを含め約9,000人が人気者になったアイダに会いにライムロック灯台を訪れる)。アイダ・ルイス フレッシュアイペディアより)

  • 名誉章

    名誉章から見た勲章勲章

    ドイツ連邦やロシア連邦などの勲章等の一部に訳語として充てられる。「ドイツ母親名誉章」「赤十字第一等名誉章」「ドイツ民主婦人同盟名誉章」など。名誉章 フレッシュアイペディアより)

  • ゴットロープ・ハインリヒ・フォン・トートレーベン

    ゴットロープ・ハインリヒ・フォン・トートレーベンから見た勲章勲章

    戦争中、トートレーベンは軽騎兵、コサック騎兵およびフザール部隊の有能な指揮官として認められた。早くも1758年、彼は通例のように旅団長に就任する代わりに少将として、ロシア軍に取り立てられる。トートレーベンは戦争中に二度負傷したが、その最初はツォルンドルフの戦いの時であった。彼は二つの勲章(聖アンナ勲章および聖アレクサンドル・ネフスキー勲章)を授与され、三つ目の勲章の候補にもなった。そしてゲリラ戦における小競り合いの中で、「ロシア軍に仕える大胆なザクセン人」として名声を勝ち得る。ゴットロープ・ハインリヒ・フォン・トートレーベン フレッシュアイペディアより)

  • ヴァシーリイ・チャパーエフ (大型対潜艦)

    ヴァシーリイ・チャパーエフ (大型対潜艦)から見た勲章勲章

    中越戦争が発生すると、ソ連は友邦ベトナムを支援するため、速やかに艦隊を派遣した。戦争の行われた1979年2月から3月にかけて、「ヴァシーリイ・チャパーエフ」は指揮巡洋艦「」、ミサイル巡洋艦「フォーキン提督」、大型対潜艦「スポソーブヌイ」と「ストローギイ」、艦隊水雷艇「」、警備艦「ラズャーシチイ」とともに、ベトナム支援のために派遣された。この作戦によって、 36 名の乗員が勇気とヒロイズムのために政府から受勲された。また、戦闘準備と水中盗聴の優秀さから、「ヴァシーリイ・チャパーエフ」は艦隊で最良の艦のひとつに選ばれた。ヴァシーリイ・チャパーエフ (大型対潜艦) フレッシュアイペディアより)

  • 谷口明

    谷口明から見た勲章勲章

    2001年スポーツ分野に貢献したとしてブラジル政府よりジョアン・サルダニア勲章を授与される。谷口明 フレッシュアイペディアより)

  • ヴァレンティン・ベイカー

    ヴァレンティン・ベイカーから見た勲章勲章

    ベイカーは1918年4月1日にRFCとRNASが合併して新しく編成されたイギリス空軍(RAF)に転籍となり、1918年の国王誕生記念叙勲(King's Birthday Honours)で空軍十字章を授与された。この勲章は授与当日に制定されたものであり、ベイカーは名前順で受勲者名簿の最初にあげられていて、幾つかの資料ではベイカーがこの勲章の最初の受勲者とされている。第18飛行隊に配属された後の1919年9月に飛行場の閉鎖を監督するためにビヴァリーへ送られ、その後グランサムの飛行場に配属された。ベイカーは10月24日に短期現役仕官の大尉に任命された。ベイカーの軍隊での最後の任務は空軍省の(Secret Codes Department)でのものであり、1920年5月から1921年10月1日の現役解除までこれを勤め、その後も大尉の階級を保持することを許された。ヴァレンティン・ベイカー フレッシュアイペディアより)

  • ポサードニク (コルベット)

    ポサードニク (コルベット)から見た勲章勲章

    完成したポサードニクは、極東方面の探索に派遣された。1859年には、ポサードニクはN・A・ビリュリョーフ中尉の指揮の下、クリッパー・ラズボーイニクとナエーズニクからなる艦隊を率いて、N・M・チハチョーフ指揮下のフリゲート・スヴェトラーナとともに太平洋に到着した。ビリュリョーフはクリミア戦争におけるセヴァストーポリ防衛の英雄であり、4等聖ゲオールギイ勲章はじめ数々の勲章を保有する指揮官であった。ポサードニク (コルベット) フレッシュアイペディアより)

  • マンネルハイム十字章

    マンネルハイム十字章から見た勲章勲章

    この勲章は自由十字勲章の中に導入された。この章を授与された者はマンネルハイム十字騎士と呼ばれた。フィンランドの勲章の席次では一級が第5位であり、二級が第9位である。マンネルハイム十字章二級はフィンランドの最も良く知られた軍事勲章である。マンネルハイム十字章 フレッシュアイペディアより)

329件中 51 - 60件表示

「叙勲」のニューストピックワード