489件中 71 - 80件表示
  • 王立タイ造幣局

    王立タイ造幣局から見た勲章勲章

    王立タイ造幣局(おうりつタイぞうへいきょく、、)は、1860年に開業したタイのバーツ硬貨製造、勲章・褒章及び金属工芸品等の製造、地金・鉱物の分析及び試験、貴金属地金の精製、貴金属製品の品位証明(ホールマーク)などの事業を行うタイの機関。本部はタイ王国のパトゥムターニーに置かれている。王立タイ造幣局 フレッシュアイペディアより)

  • 末永直行

    末永直行から見た勲章勲章

    2000年11月8日 - フランス共和国国家功労勲章コマンドゥール末永直行 フレッシュアイペディアより)

  • ベルリン襲撃 (1757年)

    ベルリン襲撃 (1757年)から見た勲章勲章

    その功績により、ハディク伯はマリア・テレジア軍事勲章の大十字章を授かった。それは全体で、20回しか授章の例がない 。彼はこの最高勲章に与った、二人目のフザール指揮官となった。先例としてはナーダシュディ伯フランツ・レオポルトが、1757年6月のコリンの戦いにおける功によって受章している。この勲章は、1758年3月7日の第1回授与式に際して授与された。また皇后は、ハディクに3000枚のドゥカート金貨を下賜した。ベルリン襲撃 (1757年) フレッシュアイペディアより)

  • 薩摩琉球国勲章

    薩摩琉球国勲章から見た勲章勲章

    薩摩琉球国勲章(さつまりゅうきゅうこく くんしょう)は、1867年に開催されたパリ万国博覧会において、薩摩藩が発行した勲章である。通称は薩琉勲章(さつりゅう くんしょう)。これが日本初の勲章とみなされている。薩摩琉球国勲章 フレッシュアイペディアより)

  • 賞

    から見た勲章勲章

    主な贈呈品(賞品)としては月桂冠やトロフィー、メダル、バッジ、リボン、勲章、賞状、銘板(記念板)、証明書、あるいは物ではなく称号などの場合もある。またノーベル賞やピューリッツァー賞のように、メダルや賞状とともに賞金が贈られる場合も多い。一方で有形のものを授与・贈呈されるのではなく、社会に対し受賞者の優秀さを広報するだけの賞もある。 フレッシュアイペディアより)

  • 金炳魯

    金炳魯から見た建国勲章勲章

    1887年、全羅北道淳昌郡にて出生。 1910年渡日し、1913年明治大学法学部(夜間)卒業。帰国後、1919年に弁護士開業。その後、韓民党創設に参与し中央監察委員長となり、1948年に初代大法院長に就任。1957年の大法院長退任後は、自由法曹団代表、民正党代表最高委員、国民の党最高委員などを務めた。大韓民国政府から、1962年に文化勲章、1963年に建国勲章独立章が授与された。金炳魯 フレッシュアイペディアより)

  • 徳安実蔵

    徳安実蔵から見た勲章勲章

    建設政務次官、衆院建設委員長を経て、1962年第2次池田内閣第2次改造内閣にて総理府総務長官となる。在任中は生存者叙勲を復活させた。1964年には第3次池田内閣改造内閣で郵政大臣に就任。1976年、1979年の総選挙で落選し政界を引退する。1988年2月7日死去。。徳安実蔵 フレッシュアイペディアより)

  • 位、勲章等ノ返上ノ請願ニ関スル件

    位、勲章等ノ返上ノ請願ニ関スル件から見た勲章勲章

    位、勲章等ノ返上ノ請願ニ関スル件(い、くんしょうとうのへんじょうのせいがんにかんするけん、昭和20年12月7日勅令第699号)は、日本の勅令の一つ。主に位階、勲章、記章又は褒章の返上を定めたものである。本令は、日本国憲法施行の際現に効力を有する勅令の規定の効力等に関する政令(昭和22年政令第14号)第1項により日本国憲法施行後もなお政令としての効力を有している。位、勲章等ノ返上ノ請願ニ関スル件 フレッシュアイペディアより)

  • ボグダン・フメリニツキー勲章

    ボグダン・フメリニツキー勲章から見た勲章勲章

    ボグダン・フメリニツキー勲章()は、コサック国家の首領ボグダン・フメリニツキーの名を冠したソビエト連邦の勲章。第二次世界大戦中の1943年10月10日、ソビエト連邦最高会議幹部会の決定により制定された。この勲章は、ソ連の崩壊後に廃止されたが、1995年5月3日、ウクライナにおいて、大祖国戦争勝利50周年を記念し、レオニード・クチマ大統領により復活された。ボグダン・フメリニツキー勲章 フレッシュアイペディアより)

  • スタニスラウ・ソサボフスキー

    スタニスラウ・ソサボフスキーから見た勲章勲章

    1913年、ソサボフスキーはオーストリア=ハンガリー帝国軍に採用され、訓練後には伍長に昇進、第58歩兵連隊に所属した。第1次世界大戦勃発後、ソサボフスキーはゴルリツェ、デュクラ、ジェシュフでロシア軍と戦い、その勇敢さを称えられ、勲章を授与し、中尉に昇進した。1915年、重傷を負い、後方へ異動となった。スタニスラウ・ソサボフスキー フレッシュアイペディアより)

489件中 71 - 80件表示

「叙勲」のニューストピックワード