329件中 71 - 80件表示
  • パーミャチ・アゾーヴァ (装甲巡洋艦)

    パーミャチ・アゾーヴァ (装甲巡洋艦)から見た勲章勲章

    5 隻に増えた艦隊は2月23日にバタヴィア、3月7日にバンコク、3月15日にサイゴンに立ち寄った。シャムでは、将校らに勲章の雨が降り注いでいる。その後、3月23日に香港、3月29日に上海に入港した。皇太子は蒸気船「ウラジオストク」に移乗し、中国敢行に赴いた。 2 隻の砲艦がこれを護衛し、「パーミャチ・アゾーヴァ」はほかの 2 隻の巡洋艦とともに長崎を目指した。パーミャチ・アゾーヴァ (装甲巡洋艦) フレッシュアイペディアより)

  • スティーヴ・グランド

    スティーヴ・グランドから見た勲章勲章

    thumb|Steve Grand小学校教師の仕事の後、コンピュータ・ゲームの開発の世界に転じ、Creaturesという人工生命ゲームを製作。大ヒットシリーズとなり、ゲーム業界に多大な貢献をしたとして1999年にイギリス政府から大英帝国四等勲章を授与された。このゲームの開発の経緯は著書Creation:Life and how to make itに詳しい。スティーヴ・グランド フレッシュアイペディアより)

  • 金羊毛騎士団

    金羊毛騎士団から見た勲章勲章

    スペインでは現在でも王家の与える勲章として存在している。一方オーストリアでは、第一次世界大戦後にハプスブルク家のカール1世が帝位を失ったものの、騎士団長をベルギー王アルベール1世が受け継ぐという提案がスペインの反対でつぶれたため、元皇太子オットーを経て、その長男カールへと騎士団長が受け継がれた。金羊毛騎士団 フレッシュアイペディアより)

  • ルータン ボイジャー

    ルータン ボイジャーから見た勲章勲章

    ディック・ルータンは元アメリカ空軍の士官であり、ベトナム戦争にも参加して数々の勲章を授与されたベテランパイロットであった。一方、その弟のバート・ルータンは1970年代当時バリ・イージーやクイッキー(:en:Rutan Quickie)といった特徴的なホームビルト機 (:en:homebuilt aircraft) を製作していた新進気鋭の航空技術者であった。二人は共同で航空機製造会社(スケールド・コンポジッツの前身)を営み、ディックはバートの製作した航空機のテストパイロットを務めていた。ルータン ボイジャー フレッシュアイペディアより)

  • 第二次世界大戦記念碑

    第二次世界大戦記念碑から見た勲章勲章

    1994年9月30日、クリントン大統領はアメリカ戦闘記念碑委員会に建設場所の選定やデザイン、そして記念碑建設を金銭的に援助する基金の募集を促すため、12名の委員による記念碑顧問委員会(Memorial Advisory Board、略称MAB)を任命した。委員会は勲章を授与された第二次世界大戦退役軍人の一人で、1996年に大統領候補にもなった共和党員ボブ・ドールと、運送会社フェデックスの代表取締役兼CEOで、アメリカ海軍仕官も歴任したフレデリック・W・スミスの2人の委員長が指揮した。アメリカ連邦政府は1億9千7百万ドルもの資金収集を誓約し、およそ1600万ドルの資金を調達した。資金の差分は個人投資や他の機関によって供給された。第二次世界大戦記念碑 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田玉男

    吉田玉男から見た勲章勲章

    大阪府大阪市に生まれる。1933年(昭和8年)吉田玉次郎に入門し、玉男と名乗る。立役(男役)。戦中二度出征。戦後『曽根崎心中』の徳兵衛役が当たり役となり、生涯で1136回務めた。抑制の効いた、理知的な動きの中に、秘めた情感や品良き色香を表現し、その技は最高峰と謳われた。1977年(昭和52年)重要無形文化財保持者(人間国宝)認定、1989年(平成元年)勲四等旭日小綬章受章、1997年(平成9年)朝日賞受賞、2000年(平成12年)文化功労者、2003年(平成15年)京都賞(思想・芸術部門)受賞。吉田玉男 フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・アタナソフ

    ジョン・アタナソフから見た勲章勲章

    父イワンは1889年、13歳のときにブルガリアから移住した。1970年、アタナソフはブルガリアの科学アカデミーから招待され、ブルガリア人民共和国政府から勲章を授与された。特許裁判が終結する前であり、ブルガリアが彼の業績を認めた初めての国であることに感謝し、ブルガリアの家系であることをいつも強調するようになった。ジョン・アタナソフ フレッシュアイペディアより)

  • コンスピキュアス・ギャラントリー・クロス

    コンスピキュアス・ギャラントリー・クロスから見た勲章勲章

    コンスピキュアス・ギャラントリー・クロス(Conspicuous Gallantry Cross, CGC)は、1993年に戦功章として設けられたイギリスのクロス章。従軍章や記念章を除けば、グレートブリテン及び北アイルランド連合王国で最も新しい勲章等である。コンスピキュアス・ギャラントリー・クロス フレッシュアイペディアより)

  • ソルジャーズメダル

    ソルジャーズメダルから見た勲章勲章

    ソルジャーズメダル(英:Soldier's Medal)は、アメリカ陸軍の勲章。陸軍軍人章や軍人褒章と訳されることもある。ソルジャーズメダル フレッシュアイペディアより)

  • ラーチャミトラーポーン勲章

    ラーチャミトラーポーン勲章から見た勲章勲章

    ラーチャミトラポーン勲章(ラーチャミトラーポーンくんしょう)あるいはラジャミトラボーン勲章(ラジャミトラボーンくんしょう)は、ラーマ9世(プーミポンアドゥンラヤデート)によって創始されたタイ王国の勲章。正式名称は, 英語ではThe Most Auspicious Order of the Rajamitrabhor, なお略称はである。1962年にラーマ9世によって諸外国との友好関係が大いに発展し、外国の君主に対して贈ることがふさわしい勲章として創設され、タイ国内で最高位の勲章である。「ラーチャミトラーポーン」とは「王の友好の証」という意味である。ラーチャミトラーポーン勲章 フレッシュアイペディアより)

329件中 71 - 80件表示

「叙勲」のニューストピックワード