344件中 91 - 100件表示
  • 勲章

    勲章から見た松方正義

    1818年にジョージ4世によって制定された。3等級があり、自国とイギリスに駐在する他国の外交官及びイギリス連邦諸国の行政官が主な対象となっている。日本人では松方正義が最初に受章している。勲章 フレッシュアイペディアより)

  • 勲章

    勲章から見た東郷平八郎

    1902年にエドワード7世がプロイセンのプール・ル・メリット勲章に倣って制定した。単一等級で、プール・ル・メリット勲章と同様に文民部門と軍人部門があり、文民部門は日本の文化勲章に相当する。一方、文民部門は政治家にも授与され、首相経験者がガーター勲章を受ける前に授与される勲章という位置付けでもあることがそれらの勲章と異なる点である。騎士団の定員は軍民合わせて24人であるが、軍人に授与されることは少なく、現在の団員は全員文民である。ガーター勲章やシッスル勲章は身分、バス勲章は地位や役職が授与基準になっているのに対し、この勲章は功績が基準とされている。そのため、王族の受章者は他のオーダーと比べて少ない。日本人では山縣有朋、大山巌、東郷平八郎が受章している。序列がバス勲章ナイト・グランドクロスと聖マイケル・聖ジョージ勲章ナイト・グランドクロスの間に位置するほど高いにもかかわらず、受章者がナイト爵に叙されないため、英連邦王国において爵位を認めていない国の中には最高勲章としている国もある。勲章 フレッシュアイペディアより)

  • 勲章

    勲章から見た上田正昭

    上田正昭(歴史学者):修交勲章崇禮章(2009年)勲章 フレッシュアイペディアより)

  • 勲章

    勲章から見たヘンリー・フォード

    1937年5月1日、政権初期にアドルフ・ヒトラー総統自らが創設した騎士団勲章。外交上の功績を顕彰する勲章として、主に友好国の政治家に対して授与された。また例外的に自国の外交政策関係者に授与された場合もある。当初は6等級だったがやがて10等級にまで増やされた。ドイツ金鷲勲章、ドイツ鷲勲章、ドイツ鷲記章(メダル)に大別され、ドイツ鷲記章は銅鷲記章・銀鷲記章の2種類があった。ドイツ鷲勲章は5級から1級にまで等級の他、星章付勲章と星章付大十字勲章があったが、後に星章付勲章は廃止された。これらの等級はヘンリー・フォード、チャールズ・リンドバーグ、カール・ワルデン、スヴェン・ヘディンなどが受勲した。勲章 フレッシュアイペディアより)

  • 勲章

    勲章から見たチャールズ・リンドバーグ

    1937年5月1日、政権初期にアドルフ・ヒトラー総統自らが創設した騎士団勲章。外交上の功績を顕彰する勲章として、主に友好国の政治家に対して授与された。また例外的に自国の外交政策関係者に授与された場合もある。当初は6等級だったがやがて10等級にまで増やされた。ドイツ金鷲勲章、ドイツ鷲勲章、ドイツ鷲記章(メダル)に大別され、ドイツ鷲記章は銅鷲記章・銀鷲記章の2種類があった。ドイツ鷲勲章は5級から1級にまで等級の他、星章付勲章と星章付大十字勲章があったが、後に星章付勲章は廃止された。これらの等級はヘンリー・フォード、チャールズ・リンドバーグ、カール・ワルデン、スヴェン・ヘディンなどが受勲した。勲章 フレッシュアイペディアより)

  • 勲章

    勲章から見た竹下登

    竹下登(政治家):修交勲章光化大章(1995年)勲章 フレッシュアイペディアより)

  • 勲章

    勲章から見た岡野俊一郎

    岡野俊一郎(日本サッカー協会最高顧問) : 体育勲章青竜章(2003年)勲章 フレッシュアイペディアより)

  • 勲章

    勲章から見た曻地三郎

    曻地三郎(教育者):国民勲章(2010年)勲章 フレッシュアイペディアより)

  • 勲章

    勲章から見たノロドム・シハヌーク

    フランス植民地時代に、フランスなどの欧州の栄典に基づいて創設された。カンボジアの独立後に改革され、1975年4月17日のクメール共和国が崩壊とともに一時停止したが、1995年10月5日にノロドム・シハヌーク国王の勅令により再施行される。勲章 フレッシュアイペディアより)

  • 勲章

    勲章から見たエイノ・アンテロ・ルーッカネン

    カール・グスタフ・エミール・マンネルヘイムによって制定された。軍人に対する武功勲章。冬戦争後の1940年12月に制定され、冬戦争及び継続戦争で戦功を上げた軍人に対して授与された。代表的な受章者はエイノ・アンテロ・ルーッカネン、エイノ・イルマリ・ユーティライネン、ニルス・カタヤイネンなど。勲章 フレッシュアイペディアより)

344件中 91 - 100件表示

「叙勲」のニューストピックワード