344件中 101 - 110件表示
  • 勲章

    勲章から見た日本人

    1802年にナポレオン・ボナパルトにより制定され、今日もなおフランスの権威ある国家勲章となっている。世界的にも非常に有名で価値あるものとされる。最高位のグラン・クロワは、日本人では山本権兵衛らが受章している。勲章 フレッシュアイペディアより)

  • 勲章

    勲章から見たオスカル1世

    1847年にオスカル1世によって制定された。5階級から成り、そのうち騎士章はさらに2階級に分かれている。大十字章の上には頸飾がある。皇族、王族、元首に贈られるほかは、ノルウェー人にのみ授与される。勲章 フレッシュアイペディアより)

  • 勲章

    勲章から見たヴィットーリオ・アメデーオ3世

    1793年5月21日、サルデーニャ王ヴィットーリオ・アメデーオ3世がサルデーニャ王国の軍人の功績を顕彰する為に創設した名誉勲章(デコレーション)。1種類の十字記章(クロス)と3種類の記章(メダル、銅記章、銀記章、黄金記章)の計4等級に分かれている。この内、十字記章を除く等級はサヴォイア家の十字章がメダルの中心部に描かれていたが、イタリア王国を経て共和制に移行後はイタリア共和国の紋章が描かれている。この中でも武功黄金記章(medaglia d'oro al valor militare)はM.O.V.M.と略称される。勲章 フレッシュアイペディアより)

  • 勲章

    勲章から見たヴィットーリオ・アメデーオ2世

    1362年、サヴォイア伯国の君主アメデーオ6世サヴォイアによって創設された修道騎士団を源流とする騎士団勲章。アメデーオ6世の末裔であるサヴォイア公ヴィットーリオ・アメデーオ2世がサルデーニャ王国を建国するとその最高勲章となった。次いでサルデーニャ王ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世がイタリア王に即位するとイタリア王国における最高勲章ともなった。1946年の共和制移行によって国家勲章としての役割は失われ、サヴォイア家による私的な騎士勲章となった。勲章 フレッシュアイペディアより)

  • 勲章

    勲章から見たスヴェン・ヘディン

    1937年5月1日、政権初期にアドルフ・ヒトラー総統自らが創設した騎士団勲章。外交上の功績を顕彰する勲章として、主に友好国の政治家に対して授与された。また例外的に自国の外交政策関係者に授与された場合もある。当初は6等級だったがやがて10等級にまで増やされた。ドイツ金鷲勲章、ドイツ鷲勲章、ドイツ鷲記章(メダル)に大別され、ドイツ鷲記章は銅鷲記章・銀鷲記章の2種類があった。ドイツ鷲勲章は5級から1級にまで等級の他、星章付勲章と星章付大十字勲章があったが、後に星章付勲章は廃止された。これらの等級はヘンリー・フォード、チャールズ・リンドバーグ、カール・ワルデン、スヴェン・ヘディンなどが受勲した。勲章 フレッシュアイペディアより)

  • 勲章

    勲章から見た李成桂

    名称は、太祖高皇帝(李成桂)の故事による。単一等級で、大勲位金尺大綬章からなる。勲章の最上位に位置し、皇室が佩用するほか、皇親及び文武官で瑞星大勲章を佩用する者が特別の勲労があるとき、特旨をもって授与される。勲章 フレッシュアイペディアより)

  • 勲章

    勲章から見た中国

    東アジアでは、中国は魏晋南北朝時代に発達した官吏の品階制度に伴い、爵や実際に就いている官職の称号(職事官)や官品の等級を示す称号(散官)とは別に、国家に対する勲功を顕彰する「勲官」という称号が与えられるようになった。周辺諸国でもその影響を受け、律令制期の日本では勲位という十二等の数字で示される勲功称号が生じている。しかしこれらはいずれも称号であって、近代西欧の勲章のような標章が伴うものではなかった。勲章 フレッシュアイペディアより)

  • 勲章

    勲章から見たフリードリヒ・ヴィルヘルム3世 (プロイセン王)

    大鉄十字章及び一級鉄十字章、二級鉄十字章はナポレオン支配からの独立戦争時、1813年にフリードリヒ・ヴィルヘルム3世が制定した武功勲章であり、以後、普仏戦争時(1870年)、第一次世界大戦時(1914年)に再制定され、多数の将兵に授与された。また、星章がナポレオン戦争と第一次世界大戦時に、特に功績のあった大鉄十字勲章受章者に授与された。勲章名は各受章者名を冠して呼ばれており、ゲプハルト・レベレヒト・フォン・ブリュッヘル元帥のBlüchersternとパウル・フォン・ヒンデンブルク元帥のHindenburgsternがある。勲章 フレッシュアイペディアより)

  • 勲章

    勲章から見たエルンスト・ユンガー

    フリードリヒ大王が1740年に制定した由緒ある勲章で、大鉄十字勲章と1級鉄十字勲章の間に位置付けられる武功勲章である。第一次世界大戦においても“プロイセン国王”ヴィルヘルム2世よりマンフレート・フォン・リヒトホーフェン(エース・パイロット・受勲時中尉)など多大な軍事的功績を挙げた将校のみに贈られた。青色の七宝焼き製であることと第一次世界大戦初期のエース・パイロット、マックス・インメルマンが受章したことから「ブルーマックス」とも俗称される。プール・ル・メリット勲章受章者として有名な軍人は、ヘルマン・ゲーリング帝国元帥(受勲時・少尉)やエルヴィン・ロンメル元帥(受勲時・中尉)、ドイツの文豪の一人でもあるエルンスト・ユンガー大尉(受勲時・少尉)の名前が挙げられる。なお、「プール・ル・メリット」とはフランス語で「功績に対して」の意である。勲章 フレッシュアイペディアより)

  • 勲章

    勲章から見た日本サッカー協会

    岡野俊一郎(日本サッカー協会最高顧問) : 体育勲章青竜章(2003年)勲章 フレッシュアイペディアより)

344件中 101 - 110件表示

「叙勲」のニューストピックワード