344件中 111 - 120件表示
  • 勲章

    勲章から見た溥儀

    満州国の勲位と勲章は、1934年(康徳元年)4月19日勅令第27号「勲位及勲章に関する件」で定められた。勲位は、大勲位及び勲一位から勲八位までの9位とされ、勲章は大勲位蘭花章頸飾、大勲位蘭花大綬章、龍光大綬章、景雲章とされた。1936年(康徳3年)9月14日勅令142号により勲章に柱国章が加わった。製作は日本の造幣局が行い、皇帝溥儀の意見もデザインに採り入れられた。勲章 フレッシュアイペディアより)

  • 勲章

    勲章から見たカルロ・アルベルト・ディ・サヴォイア

    1831年10月29日にサルデーニャ王カルロ・アルベルト・ディ・サヴォイアによって制定された騎士団勲章。同時期に制定されたサヴォイア軍務勲章が軍人に対する勲章であるのに対し、市民騎士団勲章は民間人の功績を評価する為に制定された。イタリア王国ではサヴォイア軍務勲章の下位勲章として機能した。共和制移行によって国家勲章としての役割は失われた。勲章 フレッシュアイペディアより)

  • 勲章

    勲章から見た大島浩

    ドイツ金鷲勲章は星章付大十字勲章とダイヤモンド付大十字勲章の2種類があった。最高等級であるダイヤモンド付ドイツ金鷲大十字勲章はベニート・ムッソリーニ国家統領のみが受勲した。星章ドイツ金鷲勲章大十字勲章は国外ではブルガリア王ボリス3世、フランシスコ・フランコ総統、イオン・アントネスク首相、ホルティ・ミクローシュ執政、カール・グスタフ・エミール・マンネルヘイム大統領、リスト・リュティ大統領、大島浩特命全権大使、ガレアッツォ・チャーノ外務大臣、クレモナ市市長ロベルト・ファリナッチ、国内でハインリヒ・ヒムラー親衛隊全国指導者、ヴィルヘルム・フリック外務大臣、ヨアヒム・フォン・リッベントロップ外務大臣、コンスタンティン・フォン・ノイラート外務大臣の計13名が受勲した。勲章 フレッシュアイペディアより)

  • 勲章

    勲章から見たマックス・インメルマン

    フリードリヒ大王が1740年に制定した由緒ある勲章で、大鉄十字勲章と1級鉄十字勲章の間に位置付けられる武功勲章である。第一次世界大戦においても“プロイセン国王”ヴィルヘルム2世よりマンフレート・フォン・リヒトホーフェン(エース・パイロット・受勲時中尉)など多大な軍事的功績を挙げた将校のみに贈られた。青色の七宝焼き製であることと第一次世界大戦初期のエース・パイロット、マックス・インメルマンが受章したことから「ブルーマックス」とも俗称される。プール・ル・メリット勲章受章者として有名な軍人は、ヘルマン・ゲーリング帝国元帥(受勲時・少尉)やエルヴィン・ロンメル元帥(受勲時・中尉)、ドイツの文豪の一人でもあるエルンスト・ユンガー大尉(受勲時・少尉)の名前が挙げられる。なお、「プール・ル・メリット」とはフランス語で「功績に対して」の意である。勲章 フレッシュアイペディアより)

  • 勲章

    勲章から見たボリス3世 (ブルガリア王)

    ドイツ金鷲勲章は星章付大十字勲章とダイヤモンド付大十字勲章の2種類があった。最高等級であるダイヤモンド付ドイツ金鷲大十字勲章はベニート・ムッソリーニ国家統領のみが受勲した。星章ドイツ金鷲勲章大十字勲章は国外ではブルガリア王ボリス3世、フランシスコ・フランコ総統、イオン・アントネスク首相、ホルティ・ミクローシュ執政、カール・グスタフ・エミール・マンネルヘイム大統領、リスト・リュティ大統領、大島浩特命全権大使、ガレアッツォ・チャーノ外務大臣、クレモナ市市長ロベルト・ファリナッチ、国内でハインリヒ・ヒムラー親衛隊全国指導者、ヴィルヘルム・フリック外務大臣、ヨアヒム・フォン・リッベントロップ外務大臣、コンスタンティン・フォン・ノイラート外務大臣の計13名が受勲した。勲章 フレッシュアイペディアより)

  • 勲章

    勲章から見たヨアヒム・フォン・リッベントロップ

    ドイツ金鷲勲章は星章付大十字勲章とダイヤモンド付大十字勲章の2種類があった。最高等級であるダイヤモンド付ドイツ金鷲大十字勲章はベニート・ムッソリーニ国家統領のみが受勲した。星章ドイツ金鷲勲章大十字勲章は国外ではブルガリア王ボリス3世、フランシスコ・フランコ総統、イオン・アントネスク首相、ホルティ・ミクローシュ執政、カール・グスタフ・エミール・マンネルヘイム大統領、リスト・リュティ大統領、大島浩特命全権大使、ガレアッツォ・チャーノ外務大臣、クレモナ市市長ロベルト・ファリナッチ、国内でハインリヒ・ヒムラー親衛隊全国指導者、ヴィルヘルム・フリック外務大臣、ヨアヒム・フォン・リッベントロップ外務大臣、コンスタンティン・フォン・ノイラート外務大臣の計13名が受勲した。勲章 フレッシュアイペディアより)

  • 勲章

    勲章から見た中国共産党

    かつて清朝では双竜宝星(zh)などを制定していたが、中華民国を経て中華人民共和国の成立以後は2016年まで国家として勲章を制定することはなく、そのほとんどが中国共産党や人民解放軍、あるいはその下部組織や委員会、あるいは省級単位で制定し授与しており、このため中国はスイスと並び国家級の勲章制度を施行していない時代を有していた。勲章 フレッシュアイペディアより)

  • 勲章

    勲章から見たハンス・フォン・ゼークト

    バイエルン王国の軍事功労章。大十字 (Großkreuz)、司令官十字 (Kommandeurkreuz)、騎士十字 (Ritterkreuz) の3等級があった。第一次世界大戦では他の領邦の将校(例 : ハンス・フォン・ゼークト〈プロイセン〉)へも授与された。自国民の受章者の場合、一代貴族の権利と年金が付く。勲章 フレッシュアイペディアより)

  • 勲章

    勲章から見たジョージ4世 (イギリス王)

    1818年にジョージ4世によって制定された。3等級があり、自国とイギリスに駐在する他国の外交官及びイギリス連邦諸国の行政官が主な対象となっている。日本人では松方正義が最初に受章している。勲章 フレッシュアイペディアより)

  • 勲章

    勲章から見た黄克誠

    1955年には中華人民共和国最初の国家単位発行の勲章・奨章制度が制定された。三等級とそれに伴う奨章で構成された八一、独立自由、解放の3種類が制定された。これらの勲章は人民解放軍の将兵にのみ授与されたもので、それぞれ南昌蜂起から始まる中国共産党初期の戦い、抗日戦争、国共内戦の従軍者に授与された。等級は当時及び1955年までの解放軍内での役職・階級によって、奨章は尉官級、兵下士官級に主に授与された。これらの勲章は後の中ソ対立を経て文化大革命によって完全廃止となり、文革当時は授与された者が紅衛兵などにより階級の敵として打倒され、勲章を破壊されるなどの事件が数多く起きた。例えば黄克誠大将の三大勲章は文革中に強盗され、55式大将服も破壊されて、いずれも行方不明となっている。以降、国家単位の勲章はほとんど制定されなくなった。勲章 フレッシュアイペディアより)

344件中 111 - 120件表示

「叙勲」のニューストピックワード