278件中 21 - 30件表示
  • 勲章

    勲章から見たエドワード7世 (イギリス王)

    1902年にエドワード7世がプロイセンのプール・ル・メリット勲章に倣って制定した。単一等級で、プール・ル・メリット勲章と同様に文民部門と軍人部門があり、文民部門は日本の文化勲章に相当する。一方、文民部門は政治家にも授与され、首相経験者がガーター勲章を受ける前に授与される勲章という位置付けでもあることがそれらの勲章と異なる点である。騎士団の定員は軍民合わせて24人であるが、軍人に授与されることは少なく、現在の団員は全員文民である。ガーター勲章やシッスル勲章は身分、バス勲章は地位や役職が授与基準になっているのに対し、この勲章は功績が基準とされている。そのため、王族の受章者は他のオーダーと比べて少ない。日本人では山縣有朋、大山巌、東郷平八郎が受章している。序列がバス勲章ナイト・グランドクロスと聖マイケル・聖ジョージ勲章ナイト・グランドクロスの間に位置するほど高いにもかかわらず、受章者がナイト爵に叙されないため、英連邦王国において爵位を認めていない国の中には最高勲章としている国もある。勲章 フレッシュアイペディアより)

  • 勲章

    勲章から見たナチスドイツ

    第二次世界大戦時にはナチスドイツの勲章として再制定された。勲章 フレッシュアイペディアより)

  • 勲章

    勲章から見たヘルマン・ゲーリング

    フリードリヒ大王が1740年に制定した由緒ある勲章で、大鉄十字勲章と1級鉄十字勲章の間に位置付けられる武功勲章である。第一次世界大戦においても“プロイセン国王”ヴィルヘルム2世よりマンフレート・フォン・リヒトホーフェン(エース・パイロット・受勲時中尉)など多大な軍事的功績を挙げた将校のみに贈られた。青色の七宝焼き製であることと第一次世界大戦初期のエース・パイロット、マックス・インメルマンが受章したことから「ブルーマックス」とも俗称される。プール・ル・メリット勲章受章者として有名な軍人は、ヘルマン・ゲーリング帝国元帥(受勲時・少尉)やエルヴィン・ロンメル元帥(受勲時・中尉)、ドイツの文豪の一人でもあるエルンスト・ユンガー大尉(受勲時・少尉)の名前が挙げられる。なお、「プール・ル・メリット」とはフランス語で「功績に対して」の意である。勲章 フレッシュアイペディアより)

  • 勲章

    勲章から見た明仁

    イングランドの勲章であるとともに、連合王国で最高位の勲章である。大綬の色からブルーリボンとも呼ばれる。ガーター騎士団の創設時期には諸説あり、1344年或は1348年ともいわれている。騎士団の記章にガーターが取り入れられているのが特徴で、章はガーターの他に頸飾とその記章、星章及び大綬章から構成されており、星章と大綬章の記章にも青いガーターがかたどられている。騎士団の正装としてマントと帽子及びフードが定められている。外国人では原則としてキリスト教徒の君主のみが対象となっており、例外としてイギリスと特別な関係にある非キリスト教君主制国家の君主に対して贈られる。日本では明治天皇以降歴代天皇が受章しており、現在存命中の叙勲者で非キリスト教徒は今上天皇のみである。勲章 フレッシュアイペディアより)

  • 勲章

    勲章から見たハンナ・ライチュ

    第二次世界大戦中期以降には士気高揚のため相当数の1級及び2級鉄十字章が乱発されたと伝えられている。武功勲章とは言うものの、「武功」の判断基準はかなり恣意的或はプロパガンダ的な要素が強かったとも考えられる。著名な女性パイロットであるハンナ・ライチュ(テストパイロットとして戦闘機に搭乗したことはあるが、実戦経験はなし)や東部戦線やアフリカ戦線に従軍したドイツ赤十字社の従軍看護婦が(後述の戦功十字章ではなく)鉄十字章を授与されているという実例が存在しているのがその証左と言えよう。勲章 フレッシュアイペディアより)

  • 勲章

    勲章から見た山本権兵衛

    1802年にナポレオン・ボナパルトにより制定され、今日もなおフランスの権威ある国家勲章となっている。世界的にも非常に有名で価値あるものとされる。最高位のグラン・クロワは、日本人では山本権兵衛らが受章している。勲章 フレッシュアイペディアより)

  • 勲章

    勲章から見たワシレフスキー

    勝利勲章はソビエト連邦で一番豪華な材料を使用した勲章でダイヤモンドやルビーをふんだんに使用している。これは軍の最高司令官にのみ授与される、完全なる軍将官のみの勲章である。授与された軍人はスターリン、ジューコフ、ワシレフスキーなどの著名人ばかりで、外国人ではアイゼンハワーやチトーが授与されている。ブレジネフも授与されたが理由がなかったためゴルバチョフ政権下で剥奪された。勲章 フレッシュアイペディアより)

  • 勲章

    勲章から見たカール・グスタフ・エミール・マンネルヘイム

    1919年に当時フィンランドの摂政であったカール・グスタフ・エミール・マンネルヘイムによって制定された。6階級とからなり、フィンランド人、外国人問わず授与される。勲章 フレッシュアイペディアより)

  • 勲章

    勲章から見た岸昌

    岸昌(第4代大阪府知事) : 修交勲章崇禮章勲章 フレッシュアイペディアより)

  • 勲章

    勲章から見た山縣有朋

    1902年にエドワード7世がプロイセンのプール・ル・メリット勲章に倣って制定した。単一等級で、プール・ル・メリット勲章と同様に文民部門と軍人部門があり、文民部門は日本の文化勲章に相当する。一方、文民部門は政治家にも授与され、首相経験者がガーター勲章を受ける前に授与される勲章という位置付けでもあることがそれらの勲章と異なる点である。騎士団の定員は軍民合わせて24人であるが、軍人に授与されることは少なく、現在の団員は全員文民である。ガーター勲章やシッスル勲章は身分、バス勲章は地位や役職が授与基準になっているのに対し、この勲章は功績が基準とされている。そのため、王族の受章者は他のオーダーと比べて少ない。日本人では山縣有朋、大山巌、東郷平八郎が受章している。序列がバス勲章ナイト・グランドクロスと聖マイケル・聖ジョージ勲章ナイト・グランドクロスの間に位置するほど高いにもかかわらず、受章者がナイト爵に叙されないため、英連邦王国において爵位を認めていない国の中には最高勲章としている国もある。勲章 フレッシュアイペディアより)

278件中 21 - 30件表示

「叙勲」のニューストピックワード