81件中 11 - 20件表示
  • 民俗資料

    民俗資料から見た伝統芸能日本伝統芸能

    民俗資料の活用が物をいうのは、特に芸能史や村落史の分野である。中世や近世における芸能を理解するために、いま伝承される民俗芸能が役立つことは論をまたないが、中世村落における宮座や農事組織が、現代に伝わるそれと深い連関をもつことがあり、荘園を踏査しようとする際には、こうした民俗資料にも目配りを忘れてはいけない。地名や農業用水・鎮守社などに関する口承も重要な歴史資料となる。民俗資料 フレッシュアイペディアより)

  • 音曲

    音曲から見た伝統芸能日本伝統芸能

    現代では古語に近いが、近世邦楽を主として、その他の関連する音楽を中心とした伝統芸能を意味している。そのため古代の音楽や宗教音楽である雅楽や声明などを含めないことが多い(雅楽は「音楽」、「楽」と呼ばれることが多かった)。音曲 フレッシュアイペディアより)

  • 筑紫舞

    筑紫舞から見た伝統芸能日本伝統芸能

    筑紫舞(つくしまい)は、筑紫傀儡子(つくしくぐつ)と呼ばれる人々によって伝承されてきたとされる伝統芸能。跳躍や回転を取り入れた、独特の足づかいを大きな特徴とした舞である。筑紫舞 フレッシュアイペディアより)

  • 花笠踊

    花笠踊から見た伝統芸能日本伝統芸能

    花笠踊(はながさおどり)は、花笠を被って踊る踊り、または、花笠を踊りの道具の1つとして踊る踊りのこと。「花踊り」と呼ばれる場合もある。日本各地に奉納舞踊・伝統芸能・祭礼・祭りとして数多く見られる。花笠踊 フレッシュアイペディアより)

  • 備中神楽

    備中神楽から見た郷土芸能日本伝統芸能

    岡山県の備中地方を中心に郷土芸能として行われている。旧来の荒神神楽に高梁市出身の神官で国学者の西林国橋が文化・文政年間、神代神楽を加えて完成された神楽である。1979年2月24日に国の重要無形民俗文化財に指定された。備中神楽 フレッシュアイペディアより)

  • 碧祥寺博物館

    碧祥寺博物館から見た伝統芸能日本伝統芸能

    庫裏をそのまま活用した資料館である。農具・農機・馬具・漁具・台所用品・化石や珍石・タバコ・花巻人形のほか、伝統芸能や医療に関する民俗資料を展示している。碧祥寺博物館 フレッシュアイペディアより)

  • 炎の祭典

    炎の祭典から見た伝統芸能日本伝統芸能

    昼間は、模擬店などの店舗が並び、市民参加の長縄跳び大会などが催される。そして夜は、メインイベントの「炎の舞」にて、地元発祥の手筒花火約250本のほか、スターマイン、綱火など、様々な伝統芸能が披露される。炎の祭典 フレッシュアイペディアより)

  • 化粧坂念仏剣舞

    化粧坂念仏剣舞から見た伝統芸能日本伝統芸能

    化粧坂念仏剣舞(けしょうざかねんぶつけんばい)は、岩手県奥州市胆沢区南都田に伝わる伝統芸能である。化粧坂念仏剣舞 フレッシュアイペディアより)

  • どんちっち三魚

    どんちっち三魚から見た伝統芸能日本伝統芸能

    「どんちっち」とは、地元の伝統芸能「石見神楽」の囃子(はやし)を表現する幼児言葉のことである。どんちっち三魚 フレッシュアイペディアより)

  • 壺月遠州流

    壺月遠州流から見た伝統芸能日本伝統芸能

    京都知恩院の僧であった青柳貫孝(かんこう)が、茶道遠州流顧問小宮山宗正に師事。1916年(大正5年)に師範免許を取得。師である渡邊海旭(かいぎょく)の指導に基づいて当世乱れがちになっていた茶の湯の道の改革を計り、原点に帰った茶風を打ち立てた。簡素を旨とする武家の茶道である。茶の湯における禪を徹底し余計なものを排して仏道に合致せしめた。合理性に基づいた身体美を追求する。修業性、伝統芸能の色合いが強い流派である。壺月遠州流 フレッシュアイペディアより)

81件中 11 - 20件表示

「古典芸能」のニューストピックワード