81件中 31 - 40件表示
  • 南下幅念仏剣舞

    南下幅念仏剣舞から見た伝統芸能日本伝統芸能

    南下幅念仏剣舞(みなみしたはばねんぶつけんばい)は、岩手県奥州市胆沢区南都田に伝わる伝統芸能である。南下幅念仏剣舞 フレッシュアイペディアより)

  • 江戸袋

    江戸袋から見た伝統芸能日本伝統芸能

    この地域には江戸時代からの伝統芸能の「三頭立獅子舞」が悪魔払いや五穀豊穣、氏子繁栄の祈念の意味を込めて、氷川神社で毎年4月15日と10月5日に行われる。川口市の無形民俗文化財に指定されており、通称として「バッタバッタ獅子」とも呼ばれる。江戸袋 フレッシュアイペディアより)

  • キグレNewサーカス

    キグレNewサーカスから見た伝統芸能日本伝統芸能

    1942年(昭和17年)設立。木下大サーカス、ポップサーカスと共に、日本三大サーカスの一つに数えられていた。日本の伝統芸能を織りまぜるなど斬新な企画で知られ、近年ではナインティナインの岡村隆史が番組の企画で参加したり、遠藤久美子が空中ブランコに挑戦したりしたことでも知られる。キグレNewサーカス フレッシュアイペディアより)

  • 青森県立田子高等学校

    青森県立田子高等学校から見た郷土芸能日本伝統芸能

    郷土芸能-第34回全国高等学校総合文化祭宮崎大会にて最優秀賞を受賞。青森県立田子高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 春日神社 (関市)

    春日神社 (関市)から見た古典芸能日本伝統芸能

    例祭には、古典芸能「童子夜行(どうじやこう)」が能舞台で奉納される。また、この例祭に使用される能装束類(63点)は昭和31年(1956年)に国の重要文化財に指定されており、毎年10月第2日曜日の刃物まつりなどで特別公開されている。春日神社 (関市) フレッシュアイペディアより)

  • オフブロードウェイジャパン

    オフブロードウェイジャパンから見た伝統芸能日本伝統芸能

    「日本のオフブロードウェイを創る」をコンセプトとし、公共・民間ホールや企業・団体が自主公演として開催するエンターテインメント企画を提案する専門プロデューサーグループ。メンバーは音楽・演劇・パフォーマンス・ダンス・伝統芸能など、様々な分野に精通したプランナーで構成されており、プロダクションやジャンルを超えたフリーランスの人材で構成されている。オフブロードウェイジャパン フレッシュアイペディアより)

  • 富山県立南砺平高等学校

    富山県立南砺平高等学校から見た郷土芸能日本伝統芸能

    小規模校でありながら部活動はさかんであり、中でも郷土芸能部、スキー部、バレーボール部の活躍が目立つ。富山県立南砺平高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 森田茂

    森田茂から見た郷土芸能日本伝統芸能

    原色を多用し、色を塗ったというより絵具を擦り付けたという様な、力強い筆致の重厚な画風が特徴である。初期の作品は、人形や人物の絵が多いが、1965年(昭和40年)の東南アジア巡遊後は風景画も多く描くようになる。1966年(昭和41年)に偶然目にした山形県羽黒山地方の郷土芸能である黒川能に強く惹かれ、この黒川能を描き続けることをライフワークにしており、このシリーズの中の一作で1970年(昭和45年)の日本芸術院賞を受賞している。その他、舞妓を描いたシリーズなどもある。森田茂 フレッシュアイペディアより)

  • 翁舞

    翁舞から見た伝統芸能日本伝統芸能

    翁舞(おきなまい)は、日本の伝統芸能の舞。能楽の原典といわれ、能楽成立以前の古い形態を伝えているとして、奈良豆比古神社の翁舞と車大歳神社の翁舞は重要無形民俗文化財に指定されている。能楽では「翁」と省略され広義の翁は式三番を指す。明確な筋書きがある物語であるものが殆どの能や狂言に対し、翁にはこれといった筋書きは無く、物語というよりは五穀豊穣や天下泰平の祈祷と位置づけられる。翁舞 フレッシュアイペディアより)

  • 黒川能

    黒川能から見た郷土芸能日本伝統芸能

    黒川能は世阿弥が大成した後の猿楽能の流れを汲むが、いずれの能楽流派にも属さずに独自の伝承を続け、約500年以上前から受け継がれて来た庄内地方固有の郷土芸能である。奉納神事でもあるため、最初にまず能を演じるにあたり、春日神や氏神などの大神の許しを受けるために神主が祈祷してから能を行う。そのため能役者は玄人の能楽師によるものではなく、囃子方も含めて春日神社の氏子が務めるのが習わしである。黒川能 フレッシュアイペディアより)

81件中 31 - 40件表示

「古典芸能」のニューストピックワード