81件中 41 - 50件表示
  • 黒川能

    黒川能から見た伝統芸能日本伝統芸能

    黒川能(くろかわのう)とは、山形県の庄内地方に伝わる伝統芸能である。国の重要無形民俗文化財(1976年指定)。黒川能 フレッシュアイペディアより)

  • 連声

    連声から見た古典芸能日本伝統芸能

    などであるが、これらは現在の日常会話には継承されておらず、能・狂言などの古典芸能や、ごく一部地域の方言にしか残されていない。連声 フレッシュアイペディアより)

  • 豊橋まつり

    豊橋まつりから見た伝統芸能日本伝統芸能

    「パレカ」とはパレード&カーニバルという意味。これまでの「カーニバル大行進」に代わるイベントとして、2006年から市制施行100周年を機に、新たに導入された。鼓笛隊、伝統芸能、装飾車両などが街中を行進する。豊橋まつり フレッシュアイペディアより)

  • 桂吉坊

    桂吉坊から見た古典芸能日本伝統芸能

    米朝一門らしく太鼓・笛はもとより、三味線や長唄も習得している。歌舞伎や能・文楽などの古典芸能に詳しく、落語においても歌舞伎を題材とした芝居噺を得意とする。現在は能楽(謡や小鼓)を個人的に習っているほか、能楽の催しに司会として呼ばれることも多い。歌舞伎役者をはじめ、他の伝統芸能の役者に知人が多い。桂吉坊 フレッシュアイペディアより)

  • 大井囃子保存会

    大井囃子保存会から見た郷土芸能日本伝統芸能

    大井囃子は典型的な、にぎやかな五人囃子で文政3年(1820年)目黒囃子の流れを組む、荏原郡大井村字原の豪農、倉本彦五郎氏が発起人となり初代師匠倉本三五郎氏が目黒系の囃子を受けて次第に工夫した結果明治3年(1870年)頃に格調を備えて更嶋神社はもちろん、各地域の神社で披露され戦後は正調を伝える人もほとんどいなくなった。そこで品川区最古の郷土芸能を復興させるべく主に西大井1丁目が中心となり西大井1、2丁目の有志の方々による存続を呼びかけられ、翌年昭和35年11月、大井囃子を熟知していた大井鈴ヶ森の野口政吉氏(当時61才)を師匠に迎え保存会を結成し復活させた。大井囃子保存会 フレッシュアイペディアより)

  • 東京文化財研究所

    東京文化財研究所から見た伝統芸能日本伝統芸能

    東京文化財研究所(とうきょうぶんかざいけんきゅうしょ)は独立行政法人国立文化財機構の下部組織。東京都台東区上野公園に所在する。日本及び東洋の美術、伝統芸能、文化財の保存科学と修復技術について基礎研究を行い、博物館や美術館などからの要請に応じて技術指導や調査を行う。また中華人民共和国、大韓民国、タイ王国、ドイツ、米国などの文化財研究機関と広く学術交流も展開している。現所長は亀井伸雄(元文化庁文化財鑑査官)。東京文化財研究所 フレッシュアイペディアより)

  • 口伝

    口伝から見た伝統芸能日本伝統芸能

    1から転じて、伝統芸能や古武道などの芸道において、師匠が弟子に流派の奥義や秘伝を口伝えに教授すること。また、そうして授受される奥義や秘伝のこと。流派の重要事項や秘匿事項が必要以上に外部に知られるのを避けるために行われる。同義語に口訣(こうけつ)、口授(くじゅ、こうじゅ)があるが、現代ではあまり使われない。口伝 フレッシュアイペディアより)

  • 芸能界ドラッグ汚染

    芸能界ドラッグ汚染から見た伝統芸能日本伝統芸能

    また、薬物事犯による検挙はタレントイメージには大きな瑕疵として長期間付いて回る。この為、復帰が叶ったとしても芸能人としての「商品価値」が暴落する上、薬物事犯は再犯率の高さもあってことさらに警戒されるため、薬物にまつわる不祥事が直接の理由となって芸能界での居場所・仕事・収入を失い事実上の「芸能人廃業」へと追い込まれるケースは少なくない。また、被告として法廷に立たされた芸能人が情状酌量による刑の軽減などを期待して、自ら「芸能界引退」を明言して自主廃業したケースや、特に未成年の場合には親が強制的に廃業させることを明言するケースも見られる。なお、伝統芸能のように昔ながらの徒弟制度によって人材育成を行っている分野では、芸能生命を師匠に当たる人物が握っていることも多く、薬物で逮捕された若手の弟子に対して師匠が破門を宣告し、弟子は芸能人としての拠り所や稽古場所を失い廃業となることが見られる。芸能界ドラッグ汚染 フレッシュアイペディアより)

  • 細井幾太郎

    細井幾太郎から見た伝統芸能日本伝統芸能

    復興後も長らく大阪の文楽座で若手の指導にあたっており、歌舞伎の市川家とも縁があり日本の伝統芸能立役者の一人である。細井幾太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 中日新聞東京本社

    中日新聞東京本社から見た伝統芸能日本伝統芸能

    中日新聞東京本社は『東京新聞出版局』の名称で名古屋本社とは別の出版事業も行っている。出版者記号は8083。東京新聞、東京中日スポーツに連載された小説やエッセイなどの単行本や登山専門の月刊誌『岳人』の編集・発行を行っている。かつては前身紙『都新聞』の流れを汲む伝統芸能の情報誌『名流』も発行されていた。中日新聞東京本社 フレッシュアイペディアより)

81件中 41 - 50件表示

「古典芸能」のニューストピックワード