81件中 51 - 60件表示
  • 林義勝

    林義勝から見た伝統芸能日本伝統芸能

    昭和を代表する写真家:林忠彦の四男。 人物写真撮影でのデビューを機に、エディトリアルの分野で活躍。 歌舞伎・能楽などの 「 伝統芸能 」 の写真や、文学・風土などの 「 歴史 」 を背景に織り込んだ、テーマ写真を得意とし、写真集・雑誌執筆などで活躍中。 現在、日本の原風景および 「 龍 」「 能 」 などの撮影に取り組む。 国内では写真展を多数開催し、海外での写真展においても成功を収める。林義勝 フレッシュアイペディアより)

  • JANGA69

    JANGA69から見た郷土芸能日本伝統芸能

    バンド名の由来はいわき市の郷土芸能「じゃんがら念仏踊り」と「69(ロック)」を足したもの(Rooftop 2008年4月号より)。JANGA69 フレッシュアイペディアより)

  • 民俗文化財

    民俗文化財から見た伝統芸能日本伝統芸能

    と規定されており、具体的には能楽や歌舞伎、浄瑠璃などの伝統芸能や陶磁器、漆器製作などの伝統工芸である。ここで文化財と考えられるのは無形の「わざ(技術)」そのものであり、その「わざ」をもつ人や団体を「保持者」として認定している。民俗文化財 フレッシュアイペディアより)

  • 尾張萬歳

    尾張萬歳から見た伝統芸能日本伝統芸能

    尾張万歳(おわりまんざい)とは、愛知県知多市に伝わる伝統芸能である。1996年12月20日に国の重要無形民俗文化財に指定された。継承地名より知多万歳とも呼ばれる。尾張萬歳 フレッシュアイペディアより)

  • 聖霊会の舞楽

    聖霊会の舞楽から見た伝統芸能日本伝統芸能

    聖霊会の舞楽(しょうりょうえのぶがく)は、大阪府大阪市天王寺区の四天王寺に伝わる伝統芸能、重要無形民俗文化財、四天王寺聖霊会の舞楽。聖霊会の舞楽 フレッシュアイペディアより)

  • 上鴨川住吉神社神事舞

    上鴨川住吉神社神事舞から見た伝統芸能日本伝統芸能

    上鴨川住吉神社神事舞(かみかもがわすみよしじんじゃしんじまい)は、兵庫県加東市上鴨川の住吉神社で行われる神事芸能。10月4日・5日の秋祭りで行われる。王の舞・獅子舞・田楽・能、宮座など中世の祭礼芸能の形態を留めていると言われている。1977年5月17日に重要無形民俗文化財に指定された。上鴨川住吉神社神事舞 フレッシュアイペディアより)

  • 三河萬歳

    三河萬歳から見た伝統芸能日本伝統芸能

    三河萬歳(みかわまんざい)とは、愛知県の旧三河国地域であった安城市・西尾市・額田郡幸田町に伝わる伝統芸能である。もとは正月の祝福芸だが、現在は季節を問わず慶事の際などにも披露される。1995年(平成7年)12月26日に国の重要無形民俗文化財に指定された。三河萬歳 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の鬼の交流博物館

    日本の鬼の交流博物館から見た伝統芸能日本伝統芸能

    全国あるいは世界中の伝統芸能やそこで用いられる面、人形あるいは屏風画などを展示。「祀られる鬼」「仏と鬼」「神楽の鬼」「暮らしの中の鬼」「追われる鬼」「民俗芸能の鬼」など鬼の多面性について紹介する。日本の鬼の交流博物館 フレッシュアイペディアより)

  • スーパー歌舞伎

    スーパー歌舞伎から見た伝統芸能日本伝統芸能

    スーパー歌舞伎(?かぶき)は、3代目市川猿之助が1986年に始めた、古典芸能化した歌舞伎とは異なる演出による現代風歌舞伎。新橋演舞場などで上演されることが多い。第一作は梅原猛の脚本による「ヤマトタケル」であった。スーパー歌舞伎 フレッシュアイペディアより)

  • 隠岐国分寺

    隠岐国分寺から見た古典芸能日本伝統芸能

    平安時代から続く古典芸能の隠岐国分寺蓮華会舞が伝承され重要無形民俗文化財に指定されている。なお、奈良時代に中国から伝わったとされる「蓮華会舞の面9面」は島根県の有形民俗文化財に指定されていたが、2007年2月25日の本堂の火災で道具一式とともに焼失し指定を解除された。隠岐国分寺 フレッシュアイペディアより)

81件中 51 - 60件表示

「古典芸能」のニューストピックワード