古木克明 ニュース&Wiki etc.

古木 克明(ふるき かつあき、1980年11月10日 - )は、三重県松阪市出身の元プロ野球選手(外野手・内野手、右投左打)、元総合格闘家、一般社団法人スポーツFプロジェクト代表理事。事業構想大学院大学修了。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「古木克明」のつながり調べ

  • 和田毅

    和田毅から見た古木克明

    1991年(平成3年)、島根県出雲市へ転居。高校は父の実家に近い浜田高校に進学する。なお父は日本体育大学時代、首都大学野球連盟リーグで首位打者1回・ベストナインに2度選出されている。実弟も立教大学で活躍後、2016年には浜田高校硬式野球部監督に就任している。浜田高校では度の第79回全国高等学校野球選手権大会に2年生エースとして出場。初戦でエース・石川雅規を擁する秋田商業高校と対戦。3対1と2点リードで迎えた9回裏、連打を許し無死1、2塁から、3塁線への送りバントを和田が1塁へ悪送球、カバーに入った右翼手も悪送球する間にランナー2人が生還、同点に追い付かれると同時にバントしたバッターも3塁に達し、続く2人を敬遠し満塁策をとるも、続く打者石川にストレートの四球を与えてしまいサヨナラ押し出しで敗れる。翌(平成10年)度の第80回全国高等学校野球選手権大会ではベスト8に進出。初戦は富樫和大-加藤健のバッテリーを擁する新発田農業高校に勝利。続く3回戦で森本稀哲を擁する東東京代表帝京高校と対戦、森本に本塁打を打たれるが、試合は3-2で勝利。次の準々決勝では古木克明を擁する豊田大谷高校と対戦、延長10回3-4で敗れた。前年の秋に上腕三頭筋を断裂していたこともあり、直球はこの当時120km/h程度であったが、帝京高校の選手は「150km/hに見えた」と証言している。(和田毅 フレッシュアイペディアより)

  • 小池正晃

    小池正晃から見た古木克明

    は、村田修一、古木克明などの活躍に弾き出され、出場機会が9試合に激減。も一軍には上がるものの、試合には出られずにすぐに逆戻りという状態が続いていたが、シーズン終了間際の対ヤクルト27回戦では、2打席連続本塁打を放った。(小池正晃 フレッシュアイペディアより)

「古木克明」のニューストピックワード