43件中 11 - 20件表示
  • 池端忍

    池端忍から見た古木克明古木克明

    2005年7月1日にプロ野球横浜ベイスターズ(当時)の古木克明と結婚。2006年1月16日に第一子となる女児を出産。その後神戸市へ転居したが2012年7月に離婚。女児の親権は池端本人が持った。後に『踊る!さんま御殿!!』に出演した際、結婚式風の仕事をした時の写真を古木に見せたら「ウエディングドレスを着れて良かったね」と言い返されたことを明かしている。池端忍 フレッシュアイペディアより)

  • アンディ・オロゴン

    アンディ・オロゴンから見た古木克明古木克明

    2010年12月31日、Dynamite!! 〜勇気のチカラ2010〜で古木克明と対戦し、3-0の判定勝ちを収めた。アンディ・オロゴン フレッシュアイペディアより)

  • 種田仁

    種田仁から見た古木克明古木克明

    は前年同様守備に不安があり打撃でも安定感を欠く内川聖一、古木克明、この年から入団した村田修一らに代わり、二塁手や三塁手、時には外野手として数多くの試合にも出た。この年は92試合の出場に終わったが、打率.287と打撃は好調だった。種田仁 フレッシュアイペディアより)

  • 有隅昭二

    有隅昭二から見た古木克明古木克明

    2006年8月10日に行われた横浜ベイスターズ対阪神タイガース戦(横浜スタジアム)の5回裏二死二・三塁、打者が石井琢朗の場面で3ボール2ストライクから阪神の投手・安藤優也が投じた低めのワンバウンド投球が逸れ、捕手の横のファウル地域に転がった。この投球が捕手に触れるより前に打者のバットに触れていたのならばファウルボールであり、その時点でボールデッド(プレイ停止)となるが、この試合で球審を務めていた有隅はこれに対してファウルボールの宣告をせず、ボールが逸れたのを見て本塁に走り出していた三塁走者の古木克明が生還した。捕手の矢野輝弘は「投球がバットに当たっており、ファウルボールだ」という旨の猛抗議を行うが、この際に矢野が有隅を小突いたとして、有隅は矢野に退場を宣告した(この抗議の間に、二塁走者の吉見祐治にも得点を許した。三塁走者・古木の得点とともに、記録上は安藤の暴投とされている)。責任審判の渡田均(一塁塁審)は、「4氏審判協議の結果、確認できない」として、有隅の判定を維持した。また、セントラル・リーグも阪神からの抗議文書を受けて、回答では誤審の存在を否定しなかった。有隅昭二 フレッシュアイペディアより)

  • 和田毅

    和田毅から見た古木克明古木克明

    1991年(平成3年)、島根県出雲市へ転居。高校は父の実家に近い浜田高校に進学する。なお父は日本体育大学時代、首都大学野球連盟リーグで首位打者1回・ベストナインに2度選出されている。実弟も立教大学で活躍後、2016年には浜田高校硬式野球部監督に就任している。浜田高校では度の第79回全国高等学校野球選手権大会に2年生エースとして出場。初戦でエース・石川雅規を擁する秋田商業高校と対戦。3対1と2点リードで迎えた9回裏、連打を許し無死1、2塁から、3塁線への送りバントを和田が1塁へ悪送球、カバーに入った右翼手も悪送球する間にランナー2人が生還、同点に追い付かれると同時にバントしたバッターも3塁に達し、続く2人を敬遠し満塁策をとるも、続く打者石川にストレートの四球を与えてしまいサヨナラ押し出しで敗れる。翌(平成10年)度の第80回全国高等学校野球選手権大会ではベスト8に進出。初戦は富樫和大-加藤健のバッテリーを擁する新発田農業高校に勝利。続く3回戦で森本稀哲を擁する東東京代表帝京高校と対戦、森本に本塁打を打たれるが、試合は3-2で勝利。次の準々決勝では古木克明を擁する豊田大谷高校と対戦、延長10回3-4で敗れた。前年の秋に上腕三頭筋を断裂していたこともあり、直球はこの当時120km/h程度であったが、帝京高校の選手は「150km/hに見えた」と証言している。和田毅 フレッシュアイペディアより)

  • 第79回全国高等学校野球選手権大会

    第79回全国高等学校野球選手権大会から見た古木克明古木克明

    第11号:古木克明(豊田大谷)第79回全国高等学校野球選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • マシンガン打線

    マシンガン打線から見た古木克明古木克明

    それでもしばらくの間は、横浜打線が大量得点をすると実況アナウンサーや新聞記者等が決まったように「かつてのマシンガン打線を髣髴とさせるような攻撃」とコメントするなど、マシンガン打線は横浜ベイスターズの強力な球団イメージとして残った。2008年には内川聖一が打率.378を記録して1999年のローズの右打者最高打率の記録を塗り替えるなど、優秀な中距離打者を輩出するチームの伝統を垣間見せるが、2003年以降の横浜打線は、多村仁、T・ウッズ、村田修一、吉村裕基、古木克明といった長距離打者が多く活躍する代わりに巧打者タイプが減るなど、その攻撃スタイルは大きく変貌を遂げた。また、その間に石井と鈴木が2008年オフに、佐伯も2010年オフに退団をするなど、マシンガン打線全盛期であった1997年?1999年当時の一軍メンバーは全員が現役を去り、その存在は過去のものとなっていった。マシンガン打線 フレッシュアイペディアより)

  • 豊田大谷高等学校

    豊田大谷高等学校から見た古木克明古木克明

    古木克明(元横浜・オリックス、後総合格闘家に転身)豊田大谷高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 山下 大輔

    山下大輔から見た古木克明古木克明

    、生え抜きOBとして満を持して横浜監督に就任する。シーズン前、友人のセルジオ越後の発案で、かつての「マシンガン打線」に代わる愛称としてチームの打線に「大ちゃんス打線」という名前が付けられる。コーチ陣はヘッドコーチに江藤省三、投手コーチに小谷正勝、バッテリーコーチに福田功を招き、打撃コーチは2軍から高木由一を昇格させ、前任の森祇晶時代投手コーチの森繁和、内野守備走塁コーチの辻発彦は留任した。現役メジャーリーガーのスティーブ・コックスを移籍金100万ドル、年俸275万ドルの3年契約で獲得し、さらにFAで若田部健一、トレードで中嶋聡を獲得するなど、球団からは手厚い支援を受けたが、新加入選手は故障や不調などでことごとく戦力にならず、石井琢朗をはじめ主力選手も不振にあえいだ。森時代に4番を任されて打撃を狂わされた鈴木尚典が打率.311と完全復活、同じく森時代不振だった金城龍彦も.302打ち、多村仁、古木克明、村田修一も本塁打20本以上打ったが、投手陣が早々に崩壊し、チーム防御率4・80はリーグ最下位、失策114個はリーグ最低の守備率、三振数1110もリーグワーストだった。チームは開幕早々に最下位に沈み、同年のセントラル・リーグを制した阪神タイガースには16連敗も喫するなど、閉幕まで最下位を独走した。成績は45勝94敗で勝率.324と、ドラフト制度導入後の横浜球団史上最低勝率を記録した。監督2年目のも4月に単独首位に立つなど健闘したものの、徐々に調子を落とす。シーズン最終戦まで広島東洋カープと5位を争ったが、最終戦で最下位が決定した。同年オフ、任期満了で監督を退任した。山下大輔 フレッシュアイペディアより)

  • 門倉健

    門倉健から見た古木克明古木克明

    、本人の「来季開幕カードの横浜3連戦で投げたい」との希望通り開幕第2戦に先発し、横浜ファンからブーイングを浴びながらも好投するが、援護に恵まれず最終的に古木克明に決勝本塁打を打たれ敗戦。その後先発するも勝利できず、二軍落ちとなった。8月にようやく初勝利しヒーローインタビューで涙を流すも、次の登板で7失点するなど先発では結果を残せなかった。リリーフ登板でも、9月18日の阪神タイガースとの天王山といえる試合で敗戦投手となった。クライマックスシリーズでは中継ぎ投手として2試合に登板。門倉健 フレッシュアイペディアより)

43件中 11 - 20件表示

「古木克明」のニューストピックワード