100件中 41 - 50件表示
  • 古木克明

    古木克明から見た埼玉西武ライオンズ

    2010年6月にゴールドジムベースボールクラブの一員として茨城ゴールデンゴールズとの練習試合に参加、同チームの都市対抗野球大会東京都予選メンバーにも背番号33で登録されている(同チームにはコーチ兼任で元西武の上田浩明も選手登録)。また、6月26日に西調布アリーナで行われたアマチュアDEEPの第1回大会において、総合格闘家として長南亮と2分2ラウンドのエキシビションマッチを行った。古木克明 フレッシュアイペディアより)

  • 古木克明

    古木克明から見たオリックス・バファローズ

    は前年の手術の影響でキャンプは二軍スタート。開幕第2戦で門倉健からチーム第1号となる決勝本塁打を放つなど、前半戦はそれなりの活躍を見せていたが、夏には再び二軍落ちを経験するなどシーズン通しての活躍はできなかった。同年オフに大西宏明との交換トレードでオリックス・バファローズに移籍。古木克明 フレッシュアイペディアより)

  • 古木克明

    古木克明から見た松阪市

    三重県松阪市出身。豊田大谷高校2年時の第79回全国高等学校野球選手権大会、1回戦の長崎南山高校戦で2打席連続本塁打を打ったが、2回戦の甲府工戦では、二塁打で出塁直後に隠し球で刺されるなどでチームも敗れた。高知商業藤川球児と共に2年生では2人だけ高校日本代表選出。古木克明 フレッシュアイペディアより)

  • 古木克明

    古木克明から見た茨城ゴールデンゴールズ

    2010年6月にゴールドジムベースボールクラブの一員として茨城ゴールデンゴールズとの練習試合に参加、同チームの都市対抗野球大会東京都予選メンバーにも背番号33で登録されている(同チームにはコーチ兼任で元西武の上田浩明も選手登録)。また、6月26日に西調布アリーナで行われたアマチュアDEEPの第1回大会において、総合格闘家として長南亮と2分2ラウンドのエキシビションマッチを行った。古木克明 フレッシュアイペディアより)

  • 古木克明

    古木克明から見たSMASH (格闘技団体)

    2009年12月8日、格闘技の新団体「スマッシュ」に入団することが発表された。「野球に未練はない、世界を代表する格闘家を目指したい」と意気込みを語った。12月20日に行われたプロ野球55年会が企画したチャリティーマッチに参加、9回に代打で出場し、レフトフライに終わった。試合後、古木にとっては最後の試合ということで両チームの選手による胴上げが行われた。なお、格闘家転身については2009年12月30日に放送されたTBSのドキュメント番組、『壮絶人生ドキュメント 俺たちはプロ野球選手だった』でも紹介された。古木克明 フレッシュアイペディアより)

  • 古木克明

    古木克明から見た阪神タイガース

    初出場:1999年7月15日、対阪神タイガース16回戦(阪神甲子園球場)、9回表に斎藤隆の代打で出場古木克明 フレッシュアイペディアより)

  • 古木克明

    古木克明から見た中日ドラゴンズ

    初安打:2002年9月4日、対中日ドラゴンズ22回戦(横浜スタジアム)、10回裏に落合英二から中前安打古木克明 フレッシュアイペディアより)

  • 古木克明

    古木克明から見た読売ジャイアンツ

    初盗塁:2002年9月16日、対読売ジャイアンツ25回戦(東京ドーム)、4回表に二盗(投手:真田裕貴、捕手:阿部慎之助)古木克明 フレッシュアイペディアより)

  • 古木克明

    古木克明から見た広島東洋カープ

    初打点:2001年9月29日、対広島東洋カープ26回戦(横浜スタジアム)、5回裏に黒田博樹から左犠飛古木克明 フレッシュアイペディアより)

  • 古木克明

    古木克明から見た戦力外通告

    も二軍で打率が3割を超えるなど好調な打撃を見せ、5月に一軍昇格。対右投手時のスタメン及び左の代打要員として起用されたが結果を残せず、1か月ほどで二軍降格。その後二軍では打率は.310と好成績を残していたが、同時に三振王(74個)にもなり、一軍に昇格することなくシーズン終了。10月3日に戦力外通告を受けた。その後、12球団合同トライアウトに2度参加したが獲得球団はなく、現役を引退。古木克明 フレッシュアイペディアより)

100件中 41 - 50件表示

「古木克明」のニューストピックワード