117件中 91 - 100件表示
  • 鬼怒川

    鬼怒川から見た古河電工古河電気工業

    鬼怒川の支流のひとつ大谷川の上流にある日光市清滝地区では、足尾銅山の銅鉱石と周辺の豊富な水力発電の電力を利用した古河電工日光電気精銅所が1906年(明治39年)に開設され、旺盛な送電など電線需要に対応した。鬼怒川 フレッシュアイペディアより)

  • 市原緑地運動公園臨海競技場

    市原緑地運動公園臨海競技場から見た古河電気工業古河電気工業

    困惑するJR古河に手を差し伸べたのは古河電気工業の千葉事業所がある市原市であった。ただし市原市がホームタウンに決定したのは1992年の5月であり、この時点でJリーグ開幕まで1年を切っていた(加えてJリーグ初年度への参加意思を確認するための応募締切直前でもあった)。従ってホームスタジアムとして使用する事になった市原臨海競技場の改修は急ピッチで行われる事になった。市原緑地運動公園臨海競技場 フレッシュアイペディアより)

  • 大和市

    大和市から見た古河電気工業古河電気工業

    大和駅周辺には、極東開発工業、岡野電線(古河電工系)、日本モレックス(外資系)、SMK、ガスター(東京ガス、リンナイ系)、日本飛行機、ファーストフーズ(日本製粉系、撤退済)のほか、かつては稲葉製作所()も立地していた。大和市 フレッシュアイペディアより)

  • 電線

    電線から見た古河電気工業古河電気工業

    古河電気工業 - 電線世界5位・国内2位。電線 フレッシュアイペディアより)

  • 阪神工業地帯

    阪神工業地帯から見た古河電気工業古河電気工業

    化学:旭硝子関西工場、古河電気工業大阪事業所、関西ペイント尼崎事業所、ダイセル大阪製造所、塩野義製薬杭瀬事業所、積水化学尼崎工場、バイエル尼崎ラボなど阪神工業地帯 フレッシュアイペディアより)

  • 同族経営

    同族経営から見た古河電気工業古河電気工業

    古河電気工業 - 古河系の電線メーカー。財閥解体後に古河財閥の創業家・古河家から社長が輩出されたことがある(社長を務めた古河潤之助は古河財閥の4代目総帥・古河従純の長男)。同族経営 フレッシュアイペディアより)

  • 東京タワー

    東京タワーから見た古河電気工業古河電気工業

    ファイル:2010東京タワー300m付近01.jpg|スーパーターンスタイル(ST)アンテナ6段(古河電気工業納入)と、下部に2ダイポール(2D)アンテナ東京タワー フレッシュアイペディアより)

  • 岡田武史

    岡田武史から見た古河電気工業古河電気工業

    岡田はマスコミ業界への就職を志望していたが叶わず、1980年、早稲田大学政治経済学部卒業と同時に古河電工に入社。社員として働く傍ら、古河電気工業サッカー部(ジェフユナイテッド千葉の前身)に入団。大学時代と変わらず頭脳派のディフェンダーとして日本リーグで活躍し、1986年のアジアクラブ選手権優勝にも貢献した。岡田武史 フレッシュアイペディアより)

  • 日立電線

    日立電線から見た古河電気工業古河電気工業

    電線業界では電線御三家(住友電工(売上2兆338億 2011年3月期)・古河電工(売上9257億 同)・フジクラ(売上5218億 同))に次いで4位(売上4192億 同)。日立電線 フレッシュアイペディアより)

  • 亀山市

    亀山市から見た古河電気工業古河電気工業

    亀山市の誕生当初は生糸やローソク(亀山ローソク)に代表される地場産業があったにすぎなかった。しかし1963年に低開発地域工業開発促進法の地域指定を受けて以降、高速道路の開通などの好条件にも恵まれ、三重県下有数の内陸工業都市となった。1975年以降長らく、隣接する鈴鹿市に本田技研工業の鈴鹿工場があるために自動車関連産業が、また、古河電気工業の銅線工場に代表される非鉄金属産業が市内の製造品出荷額のそれぞれ4分の1以上を占めてきた。2002年にシャープの液晶工場(シャープ亀山工場)が立地して以降は、液晶関連産業の集積も進んでいる。亀山市 フレッシュアイペディアより)

117件中 91 - 100件表示

「古河電気工業」のニューストピックワード