136件中 91 - 100件表示
  • ユナイテッドパーク

    ユナイテッドパークから見た古河電気工業古河電気工業

    ジェフは1993年のJリーグ発足当初は、習志野市に本拠地を置くことを前提(結局断念)に習志野市に近接した浦安市にある古河電気工業舞浜グラウンドを練習場として使用していた。しかし、本来の本拠である市原市から距離があり、不便だったのと、地域密着という観点から2000年以後は市原市の姉崎公園サッカー場に練習所を移転した。ユナイテッドパーク フレッシュアイペディアより)

  • 発泡プラスチック

    発泡プラスチックから見た古河電工古河電気工業

    PSフォームと比較し、吸水性が低く低温での脆性破壊が起きにくく、切削など二次加工が容易であり、また可撓性を持ちながら圧縮強度に優れるポリエチレンフォーム(PEフォーム)は、1958年にアメリカのダウ・ケミカルが高発泡の無架橋押出製造技術を確立、窒素含浸発泡は1960年にイギリスのExpanded Rubberが、発泡剤を用いる製法は1962年に日本の古河電工が開発した。以後、数多いメーカーによってPEフォームの製造方法やプロセス開発が進められた。発泡プラスチック フレッシュアイペディアより)

  • 松本正雄

    松本正雄から見た古河電気工業古河電気工業

    愛媛県出身。旧制東京商科大学(一橋大学の前身)卒業後、古河電気工業に入社するも、「自由を志し」同社を退社し、1930年に弁護士登録。弁護士としては、保全経済会事件で破産管財人を務めるなど、主に民商事事件を手がけた。法曹一元制論者としても知られる。松本正雄 フレッシュアイペディアより)

  • 東武伊香保軌道線

    東武伊香保軌道線から見た古河電気工業古河電気工業

    東武鉄道は1929年(昭和4年)日光線を東武日光まで全通させ、同年にはのちに同社の鬼怒川線になる下野電気鉄道と接続しており日光・鬼怒川方面に資本を集中投入していた。結果として伊勢崎線・東上線の延長計画は棚上げになり、渋川・高崎・伊香保地区は取り残された。同地域の交通の権益を手中にしていた東武鉄道ではあったが、当面は東京方面からの自社路線と接続できる見込みの無くなった伊香保軌道線を改良する意志はなく、買収時から営業廃止まで一貫して開業時からの運行形態ほぼそのままの時代離れした軌道線の姿が残った所以である。同じ東武鉄道の軌道線でも日光軌道線が明治期の開業以来、基幹産業である日光精銅所の貨物輸送を担い、戦後は観光ブームも相まって設備更新を積極的に実施したのと対照的に、伊香保軌道線は東武鉄道による買収後純然たる新車の投入は一切無く、創業期からの木造車の更新改造で当座をしのいだ。高崎線のレールの交換も戦後にレールの摩耗で脱線事故が頻発する様になってようやく実施する始末で、設備投資は輸送力を維持できる最小限のレベルに終始し、実質的にはほぼ放置に近い状態であった。東武伊香保軌道線 フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄ED40形電気機関車

    国鉄ED40形電気機関車から見た古河電気工業古河電気工業

    古河電気工業日光電気精銅所への軍需輸送のために1944年(昭和19年)から同社の日光軌道線に貸出されていたもので、譲渡後は、ED4000形4001・4002に改番されたが、1955年(昭和30年)に電気機関車の一斉改番の際にED4000の形式は本線系統のED10形に譲り、本形式はED600形601・602に再改番された。国鉄ED40形電気機関車 フレッシュアイペディアより)

  • 西平沼町

    西平沼町から見た古河電気工業古河電気工業

    帷子川の水運を利用して、平沼・岡野周辺には多くの工場が進出した。現在の西平沼町に相当する地区には、1896年(明治29年)6月29日、横浜電線製造(1908年に古河電線製造に改称。現在の古河電気工業)のケーブル工場、1906年(明治39年)11月15日に横浜製油肥料、1909年(明治42年)には横浜市瓦斯局平沼製造所ができ、工業化が進んだ。他に富士ブレード、横浜可鍛鉄製作所、三巴鉄工、東西製作所などの町工場や、「谷戸亀」の通称で呼ばれた船大工も工場を構えた。西平沼町 フレッシュアイペディアより)

  • 横浜ゴム

    横浜ゴムから見た古河電気工業古河電気工業

    1917年10月13日 - ?濱電線製造(現在の古河電工)とアメリカ合衆国のBFグッドリッチの合弁で、横浜市に?濱護謨製造株式會社として設立。横浜ゴム フレッシュアイペディアより)

  • 財閥解体

    財閥解体から見た古河電気工業古河電気工業

    古河電気工業株式会社 → 日本ゼオン・富士電機製造(現:富士電機)・古河電池等を分社化。財閥解体 フレッシュアイペディアより)

  • VONDS市原

    VONDS市原から見た古河電気工業古河電気工業

    1967年、古河電気工業千葉事業所サッカー部として創立。1972年、関東社会人サッカー大会で優勝し、入れ替え戦を経て翌年の関東サッカーリーグに昇格すると、早くもその年のリーグを制覇した。VONDS市原 フレッシュアイペディアより)

  • 木之本興三

    木之本興三から見た古河電気工業古河電気工業

    千葉市立葛城中学校、千葉県立千葉高校から東京教育大学(現在の筑波大学)に進学、同大学卒業後古河電気工業に入社。木之本興三 フレッシュアイペディアより)

136件中 91 - 100件表示

「古河電気工業」のニューストピックワード