136件中 21 - 30件表示
  • 古河電工

    古河電工から見た古河電気工業古河電気工業

    古河電工 フレッシュアイペディアより)

  • ハーベイ・ベネット

    ハーベイ・ベネットから見た古河電工古河電気工業

    ハーベイ・ベネット・ジュニア ? シニアの息子でアメリカ合衆国のアイスホッケー選手。ポジションはセンター。日本の古河電工アイスホッケー部(現H.C. TOCHIGI 日光アイスバックス)でもプレーした。ハーベイ・ベネット フレッシュアイペディアより)

  • 清水比庵

    清水比庵から見た古河電気工業古河電気工業

    岡山県上房郡高梁町(現・高梁市弓之町)に生まれる。高梁中学校(現・岡山県立高梁高等学校)、第六高等学校(現・岡山大学)を経て、1908年(明治41年)京都帝国大学(現・京都大学)法学部を卒業。司法官として神戸地方裁判所へ勤務。翌1909年に退官し、安田銀行に入行。1927年(昭和2年)に古河電気工業会社に勤務。翌1928年に日光精錬所に勤める。処女歌集『夕暮』を「清水匕舟」の名で刊行する。1929年に歌誌『二荒』を創刊、主宰となる。清水比庵 フレッシュアイペディアより)

  • Photonic Internet Lab.

    Photonic Internet Lab.から見た古河電工古河電気工業

    メンバーは、NTT、NEC、富士通、沖電気、三菱電機、古河電工、日立製作所、慶應義塾大学、IPインフュージョン。Photonic Internet Lab. フレッシュアイペディアより)

  • 古河電工パワーシステムズ

    古河電工パワーシステムズから見た古河電気工業古河電気工業

    2010年 - 古河電気工業の100%子会社となる。古河電工パワーシステムズ フレッシュアイペディアより)

  • 新郷重夫

    新郷重夫から見た古河電工古河電気工業

    終戦後の1945年(昭和20年)に日本能率協会へ入り、製造業へのコンサルタント業務に関わるようになり、東洋製鋼、日立製作所、古河電工などの企業の品質改善に携わるようになった。この間に、シングル段取りの要素である内段取り、外段取りの基本コンセプトを東洋製鋼との協業の中でアイデアを得ている。新郷重夫 フレッシュアイペディアより)

  • 近藤克彦

    近藤克彦から見た古河電気工業古河電気工業

    2001年6月 古河電気工業株式会社取締役、富士電機株式会社取締役近藤克彦 フレッシュアイペディアより)

  • 高島隆平

    高島隆平から見た古河電気工業古河電気工業

    その他、大昭和製紙・佐々木硝子各取締役、横浜ゴム・アキレス・日本ピストンリング・富士電機・日本通運・日本ゼオン・古河電気工業・富士通・旭電化工業各監査役、関東テニス協会会長、日本テニス協会副会長、日本経済団体連合会常任理事などを歴任した。高島隆平 フレッシュアイペディアより)

  • 荒城啓介

    荒城啓介から見た古河電工古河電気工業

    苫小牧市立和光中学校、名門駒大苫小牧から明治大学に進学、大学4年次にはインカレで決勝に進出したが延長の末、ペナルティショットをポストに当てて失敗、チームは準優勝に終わった。1997年に古河電工アイスホッケー部に加入、2シーズン目の第33回日本アイスホッケーリーグ(1998/99シーズン)で初ゴールをあげた。2001/02シーズンにはレギュラーとなったが左ヒザ靭帯を損傷し5試合の出場に終わった。荒城啓介 フレッシュアイペディアより)

  • 大里 (北九州市)

    大里 (北九州市)から見た古河電工古河電気工業

    1903年(明治36年)に鈴木商店の基幹工場の一つ、大里製糖所(現・関門製糖) が設立されたことを皮切りに、1911年(明治44年)に鈴木商店の大里製粉所(現・日本製粉) や九州電線(現・古河電工)、1912年(明治45年)に帝国ビール(現・サッポロビール)、1914年(大正3年)に大里酒精製造所(現・ニッカウヰスキー株式会社門司工場)、1917年(大正6年)に株式会社神戸製鋼所門司工場(現・神鋼メタルプロダクツ)などが設立され、大里は明治・大正期以降、鈴木商店系企業を核に、日本を代表する工場集積地の一つとして繁栄した。大里 (北九州市) フレッシュアイペディアより)

136件中 21 - 30件表示

「古河電気工業」のニューストピックワード