136件中 31 - 40件表示
  • 京葉工業地域

    京葉工業地域から見た古河電工古河電気工業

    五井・市原地区 - 旭硝子(昭和34年)、昭和電工、古河電工(昭和36年)、丸善石油、三井造船京葉工業地域 フレッシュアイペディアより)

  • 古河電線駅

    古河電線駅から見た古河電気工業古河電気工業

    現在の平沼橋駅 - 西横浜駅間に存在した。当時沿線にあった古河電気工業(古河電工)の電線製造工場で働く勤務者のための駅であった。古河電線駅 フレッシュアイペディアより)

  • 淀川隆博

    淀川隆博から見た古河電気工業古河電気工業

    引退後は古河電工の営業職を経て、2004年4月から2008年4月までジェフユナイテッド市原の代表取締役社長を務める。淀川隆博 フレッシュアイペディアより)

  • 日立電線

    日立電線から見た古河電気工業古河電気工業

    電線業界では電線御三家(住友電工(売上2兆338億 2011年3月期)・古河電工(売上9257億 同)・フジクラ(売上5218億 同))に次いで4位(売上4192億 同)であった。日立電線 フレッシュアイペディアより)

  • 工藤正

    工藤正から見た古河電気工業古河電気工業

    現在は、中央不動産特別顧問、古河電工監査役を務める。工藤正 フレッシュアイペディアより)

  • 大東京緑地協会

    大東京緑地協会から見た古河電気工業古河電気工業

    1941年7月の発足時の会長は元東京市長の阪谷芳郎、副会長は元古河電気工業社長の中島久万吉、内務次官萱場軍蔵、常務理事は元東京市電気局長平山泰であった。大東京緑地協会 フレッシュアイペディアより)

  • 大塚一朗

    大塚一朗から見た古河電気工業古河電気工業

    9歳からサッカーを始め、富山第一高校、法政大学と進み、古河電工に入社した。チームメイトに岡田武史や奥寺康彦がいた。大塚一朗 フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木耕郎

    佐々木耕郎から見た古河電気工業古河電気工業

    岩手県盛岡市に生まれる。1917年(大正6年)、高千穂高等商業学校を卒業。同年、古河電気工業株式会社に就職。その後の人生の大半を日光で過ごす。1945年(昭和20年)、同社を退職。同年11月に株式会社別倉製作所他2社を立ち上げ社長に就任した。佐々木は終戦時に古河電気工業が多数の従業員を解雇したことの責を負って同社を退職しており自ら会社を起こしたのは古河電気工業を解雇された従業員たちを雇用するためであった。佐々木耕郎 フレッシュアイペディアより)

  • 向山一人

    向山一人から見た古河電工古河電気工業

    長野県上伊那郡中箕輪村(現箕輪町)生まれ。旧制伊那中学(現長野県伊那北高等学校)を経て、早稲田大学附属高等工学校(廃校)卒業。古河電工無線研究所研究課長を退職して、1940年東京市荏原区(現品川区)に「興亜工業社」(現コーア) を設立した。1955年伊那毎日新聞設立。1963年には建設省の専門委員、1967年には日本経済団体連合会常任理事を歴任した。1977年コーア会長に就任。向山一人 フレッシュアイペディアより)

  • 細谷英二

    細谷英二から見た古河電気工業古河電気工業

    岡田武史と20年来のつきあいがあり、1991年に当時古河電工サッカー部のコーチだった岡田とJR東日本の経営管理部長だった細谷などにより、東日本ジェイアール古河サッカークラブ(チーム名はジェフユナイテッド市原)が誕生した。細谷英二 フレッシュアイペディアより)

136件中 31 - 40件表示

「古河電気工業」のニューストピックワード