117件中 41 - 50件表示
  • 自動車検査 (法人)

    自動車検査 (法人)から見た古河電気工業古河電気工業

    2001年1月6日、運輸省は他の中央省庁と統合され、国土交通省となった。翌年7月1日、自動車検査や立入検査での保安基準適合性審査を担う独立行政法人として、自動車検査が発足した。初代理事長には、川崎重工業常務を務めていた橋口寛信が就任した。2008年7月1日、古河電気工業顧問を務めていた竹内浄が、第2代理事長に就任した。自動車検査 (法人) フレッシュアイペディアより)

  • ブロードワイヤレス

    ブロードワイヤレスから見た古河電気工業古河電気工業

    ブロードワイヤレス株式会社は、古河電工、住友電工、両社のアンテナ関連事業の共同出資会社。主に放送用アンテナ等の給電部品の開発・設計を行なっていた企業である。ブロードワイヤレス フレッシュアイペディアより)

  • ビスキャス

    ビスキャスから見た古河電気工業古河電気工業

    2001年9月26日(平成13年) - 古河電気工業株式会社・株式会社フジクラの電力事業部門(電力送配電システム)を統合した合弁会社として発足。ビスキャス フレッシュアイペディアより)

  • 古河潤之助

    古河潤之助から見た古河電気工業古河電気工業

    東京府生まれ。学習院幼稚園、学習院初等科、学習院中・高等科を経て、1959年3月、慶応義塾大学経済学部卒業。1959年4月、古河電気工業入社。取締役、常務取締役、専務取締役を経て、古河電気工業株式会社代表取締役社長、会長。現在は、取締役相談役。古河潤之助 フレッシュアイペディアより)

  • 島村武久

    島村武久から見た古河電気工業古河電気工業

    その後、古河電気工業副社長、原子燃料工業代表取締役社長となる。元原子力委員会委員。島村武久 フレッシュアイペディアより)

  • 嶋谷征四郎

    嶋谷征四郎から見た古河電気工業古河電気工業

    京都の友禅の染色職人の家に生まれ、京都府立山城高等学校を卒業後関西大学へ入学。学生時代からフルバック(今のセンターバック)の名手として活躍し日本代表にも選出された後に、古河電気工業に入社。当時の同僚としては川淵三郎(日本サッカー協会元会長)や宮本征勝(元本田技研、鹿島、清水監督)などがおり、長く親交があった。これらの親交が後に京都紫光サッカークラブが京都パープルサンガ(現:京都サンガF.C.)へと進化していく中でも生かされていたことは嶋谷を知る人の中では有名な話である。嶋谷征四郎 フレッシュアイペディアより)

  • 清水比庵

    清水比庵から見た古河電気工業古河電気工業

    岡山県上房郡高梁町(現・高梁市弓之町)に生まれる。高梁中学校(現・岡山県立高梁高等学校)、第六高等学校(現・岡山大学)を経て、1908年(明治41年)京都帝国大学(現・京都大学)法学部を卒業。司法官として神戸地方裁判所へ勤務。翌1909年に退官し、安田銀行に入行。1927年(昭和2年)に古河電気工業会社に勤務。翌1928年に日光精錬所に勤める。処女歌集『夕暮』を「清水匕舟」の名で刊行する。1929年に歌誌『二荒』を創刊、主宰となる。清水比庵 フレッシュアイペディアより)

  • 古河市兵衛

    古河市兵衛から見た古河電気工業古河電気工業

    鉱山経営を進める一方で、銅山を中心とした経営の多角化にも着手。明治17年(1884年)には、精銅品質向上による輸出拡大と、銅加工品の生産による国内市場開拓を目指して本所溶銅所を開設した。この事業は後の古河電気工業へと発展していくことになる。古河市兵衛 フレッシュアイペディアより)

  • フュージョン・コミュニケーションズ

    フュージョン・コミュニケーションズから見た古河電気工業古河電気工業

    元々は日商エレクトロニクスと古河電気工業が中心になって設立。その後2003年にパワードコムからの出資を受け同社傘下となったが、2005年12月31日付でパワードコムとKDDIの合併に伴い、東京電力に親会社が移行した。フュージョン・コミュニケーションズ フレッシュアイペディアより)

  • 栃木県立栃木高等学校

    栃木県立栃木高等学校から見た古河電気工業古河電気工業

    野口昌吾(57回) - 元通商産業省大臣官房審議官、元古河電気工業専務、元ユニファスアルミニウム社長栃木県立栃木高等学校 フレッシュアイペディアより)

117件中 41 - 50件表示

「古河電気工業」のニューストピックワード