117件中 51 - 60件表示
  • 新郷重夫

    新郷重夫から見た古河電工古河電気工業

    終戦後の1945年(昭和20年)に日本能率協会へ入り、製造業へのコンサルタント業務に関わるようになり、東洋製鋼、日立製作所、古河電工などの企業の品質改善に携わるようになった。この間に、シングル段取りの要素である内段取り、外段取りの基本コンセプトを東洋製鋼との協業の中でアイデアを得ている。新郷重夫 フレッシュアイペディアより)

  • 木之本興三

    木之本興三から見た古河電気工業古河電気工業

    千葉市立葛城中学校、千葉県立千葉高校から東京教育大学(現在の筑波大学)に進学、同大学卒業後古河電気工業に入社。木之本興三 フレッシュアイペディアより)

  • 光ファイバー

    光ファイバーから見た古河電気工業古河電気工業

    古河電気工業 - 光ファイバ世界2位。 世界シェア14%。光ファイバー フレッシュアイペディアより)

  • 栃木県立日光霧降アイスアリーナ

    栃木県立日光霧降アイスアリーナから見た古河電気工業古河電気工業

    1992年開業。同所は栃木県立のスポーツ施設のひとつで、アジアリーグアイスホッケー加盟する日光アイスバックス(旧・古河電工アイスホッケー部)のホームリンクならびに高校アイスホッケーの大会、1996年の第51回国民体育大会アイスホッケー競技大会などに使用しているほか、フィギュアスケートの大会にも使われる。通年一般滑走可能。2000年に古河電光リンクが閉鎖されて以来、日光地区では貴重な通年使用可能リンクとなっている。栃木県立日光霧降アイスアリーナ フレッシュアイペディアより)

  • 古河電工アイスリンク

    古河電工アイスリンクから見た古河電気工業古河電気工業

    日光市清滝の古河電気工業日光事業所内に所在しており、古河電工アイスホッケー部の本拠地として同クラブ主管の日本アイスホッケーリーグ公式戦に使用されていた。古河電工アイスリンク フレッシュアイペディアより)

  • 帯広シティーケーブル

    帯広シティーケーブルから見た古河電工古河電気工業

    2011年11月7日に十勝管内の一部で開局したテレビ北海道(TVh)の番組を再送信しているが、アナログ放送は1989年10月の開局から2007年9月まで、札幌送信所からの電波を高性能アンテナで直接受信して再送信していた。 地上デジタル放送は古河電工や北海道総合通信網(Hotnet)、釧路ケーブルテレビ(KCTV)などの協力を得て専用回線を使用することになり、2007年10月の地デジ開始からはアナログ放送もこちらに切り替えた。帯広シティーケーブル フレッシュアイペディアより)

  • 木村利右衛門

    木村利右衛門から見た古河電工古河電気工業

    1880年(明治13年)横浜正金銀行(東京銀行)の設立に参画し取締役、1891年(明治24)年には生糸売込業も兼ねた。1892年(明治25年)横浜共同電燈会社(東京電力)、1896年(明治29年)横浜電線製造会社(古河電工)の社長となる。1902年(明治35年)7月29日、貴族院多額納税者議員に任じられ、翌年6月18日まで在任。木村利右衛門 フレッシュアイペディアより)

  • 東武100形電車 (軌道)

    東武100形電車 (軌道)から見た古河電気工業古河電気工業

    元来、沿線の清滝に所在した古河電気工業日光電気精銅所からの銅製品を国鉄日光線経由で出荷することを主な目的として建設された日光軌道線であったが、第二次世界大戦後はそうした銅製品輸送にも増して、東武鉄道による日光・中禅寺湖周辺の観光開発事業と、1951年以降の日光線系統への5700系特急車投入などによる輸送需要の増大に伴い、観光客を主体とした旅客輸送の強化が求められるようになっていた。東武100形電車 (軌道) フレッシュアイペディアより)

  • 菅野将晃

    菅野将晃から見た古河電気工業古河電気工業

    神奈川県立旭高等学校卒業後、古河電気工業入社。菅野将晃 フレッシュアイペディアより)

  • 京葉市原駅

    京葉市原駅から見た古河電気工業古河電気工業

    かつては、周辺のDIC千葉工場や三井造船千葉事業所、古河電気工業千葉事業所、王子コーンスターチ千葉工場、日本配合飼料千葉工場(1988年閉鎖)、不二サッシ千葉工場への専用線も存在した。京葉市原駅 フレッシュアイペディアより)

117件中 51 - 60件表示

「古河電気工業」のニューストピックワード