136件中 61 - 70件表示
  • 岡野 (横浜市)

    岡野 (横浜市)から見た古河電気工業古河電気工業

    西区の西部に位置し、北東は県道横浜生田線(新横浜通り)を挟み南幸、南東は帷子川を挟み西平沼町に接する。新田間川を挟んで南西は南浅間町、西から北西にかけて浅間町に接する。帷子川には上流側から沼野橋、平岡橋、元平沼橋および平沼橋、新田間川には烏帽子田橋、藤江橋、霜下橋、浅岡橋、岡野橋、新田間橋が架かる。平岡橋と岡野橋を結ぶ通りの東が一丁目、西が二丁目となる。一丁目には神奈川県立横浜平沼高等学校と、その北東に横浜市西公会堂がある。新横浜通り沿いは横浜駅西口の繁華街に近く、商店や飲食店が多い。二丁目中央部には区内で唯一の野球場やプールなどを備えた岡野公園があり、その北側に岡野福祉会館、横浜市立岡野中学校、西側には横浜川崎治水事務所などが入る横浜西合同庁舎がある。古河電気工業横浜事業所があり、研究所や、グループ企業である古河電工パワーシステムズの事業所がある。研究所の敷地の一部には2011年11月30日にサミットストアが開店。古河電工パワーシステムズの事業所は、2016年11月に海老名市に移転した。岡野 (横浜市) フレッシュアイペディアより)

  • 井上製作所 (ケーブル)

    井上製作所 (ケーブル)から見た古河電気工業古河電気工業

    1957年 古河電気工業株式会社の経営参加により株式保有比率55%となる。井上製作所 (ケーブル) フレッシュアイペディアより)

  • 由田浩

    由田浩から見た古河電工古河電気工業

    富山県礪波郡長源寺に生まれる。法政大学法文学部法律学科を卒業し、古河電気工業に入社する。そのかたわら1940年4月に昭和塾に入り、1941年3月に卒業する(同期に浅石晴世、板井庄作、黒木利克、武田満作、武田豊、学生組には永末英一ら総勢59名)。同年11月に昭和塾が解散したのを機に、12月に高木健次郎、浅石晴世、板井庄作らの昭和塾関係者とともに研究会の再編成を考え、細川嘉六にその研究会プログラムを相談する。由田浩 フレッシュアイペディアより)

  • 梅屋 (神奈川県)

    梅屋 (神奈川県)から見た古河電気工業古河電気工業

    1960年代、平塚市は戦災復興土地区画整理事業を実施。軍需工場跡には日産車体、横浜ゴム、古河電工などの工場が進出し、「湘南工業地域」と呼ばれるようになった。駅北口は、工場城下町の商店街として賑わった。梅屋 (神奈川県) フレッシュアイペディアより)

  • 宇部マテリアルズ

    宇部マテリアルズから見た古河電気工業古河電気工業

    源流企業は、南満州鉄道の主導の下、理化学研究所、沖の山炭鉱、古河電気工業、三菱重工業、住友金属工業の出資により設立された日満マグネシウム株式会社。当時、軍需物資として需要が急増していたマグネシウムを供給することが目的であった。宇部マテリアルズ フレッシュアイペディアより)

  • 木村利右衛門

    木村利右衛門から見た古河電工古河電気工業

    1880年(明治13年)横浜正金銀行(東京銀行)の設立に参画し取締役、1891年(明治24年)には生糸売込業も兼ねた。1892年(明治25年)横浜共同電燈会社(東京電力)、1896年(明治29年)横浜電線製造会社(古河電工)の社長となる。1902年(明治35年)7月29日、貴族院多額納税者議員に任じられ、翌年6月18日まで在任。木村利右衛門 フレッシュアイペディアより)

  • 循環取引

    循環取引から見た古河電気工業古河電気工業

    古河エレコム(古河電気工業の子会社)、ザ・トーカイ1循環取引 フレッシュアイペディアより)

  • 若林修

    若林修から見た古河電気工業古河電気工業

    2001年、古河電工休部によって発足された日光アイスバックス初代監督に就任。若林修 フレッシュアイペディアより)

  • 電線

    電線から見た古河電気工業古河電気工業

    古河電気工業 - 電線世界5位・国内2位。電線 フレッシュアイペディアより)

  • 京葉市原駅

    京葉市原駅から見た古河電気工業古河電気工業

    かつては、周辺のDIC千葉工場や三井造船千葉事業所、古河電気工業千葉事業所、王子コーンスターチ千葉工場、日本配合飼料千葉工場(1988年閉鎖)、不二サッシ千葉工場への専用線も存在した。京葉市原駅 フレッシュアイペディアより)

136件中 61 - 70件表示

「古河電気工業」のニューストピックワード