117件中 61 - 70件表示
  • 新日本製鐵グループ

    新日本製鐵グループから見た古河電気工業古河電気工業

    古河スカイ株式会社 - 古河電工系のアルミニウム製品メーカー。約8%出資。新日本製鐵グループ フレッシュアイペディアより)

  • 福島幹線

    福島幹線から見た古河電気工業古河電気工業

    関電工、岳南組、愛工社、大高建設、東光電気工事、山加電業、共和建設、住友電気工業、大興電気、千代田工事、佐藤建設工業、古河電気工業、山陽電気工事、姫野組、弘電社、日本工営福島幹線 フレッシュアイペディアより)

  • 発泡プラスチック

    発泡プラスチックから見た古河電工古河電気工業

    PSフォームと比較し、吸水性が低く低温での脆性破壊が起きにくく、切削など二次加工が容易であり、また可撓性を持ちながら圧縮強度に優れるポリエチレンフォーム(PEフォーム)は、1958年にアメリカのダウ・ケミカルが高発泡の無架橋押出製造技術を確立、窒素含浸発泡は1960年にイギリスのExpanded Rubberが、発泡剤を用いる製法は1962年に日本の古河電工が開発した。以後、数多いメーカーによってPEフォームの製造方法やプロセス開発が進められた。発泡プラスチック フレッシュアイペディアより)

  • ハーベイ・ベネット

    ハーベイ・ベネットから見た古河電工古河電気工業

    ハーベイ・ベネット・ジュニア ? シニアの息子でアメリカ合衆国のアイスホッケー選手。ポジションはセンター。日本の古河電工アイスホッケー部(現H.C. TOCHIGI 日光アイスバックス)でもプレーした。ハーベイ・ベネット フレッシュアイペディアより)

  • 松本正雄

    松本正雄から見た古河電気工業古河電気工業

    愛媛県出身。旧制東京商科大学(一橋大学の前身)卒業後、古河電気工業に入社するも、「自由を志し」同社を退社し、1930年に弁護士登録。弁護士としては、保全経済会事件で破産管財人を務めるなど、主に民商事事件を手がけた。法曹一元制論者としても知られる。松本正雄 フレッシュアイペディアより)

  • 早稲田大学ア式蹴球部

    早稲田大学ア式蹴球部から見た古河電工古河電気工業

    なお、日本サッカー協会会長の小倉純二は早稲田大学政治経済学部の卒業生(1961年度卒)だが、ア式蹴球部には所属していなかった(就職した古河電工で興味を持ったのがサッカーとの最初の関連)。早稲田大学ア式蹴球部 フレッシュアイペディアより)

  • FCM (企業)

    FCM (企業)から見た古河電気工業古河電気工業

    FCM株式会社(エフシーエム、英文社名:FCM CO.,Ltd.)は、古河電気工業を擁する古河グループの金属メッキ加工の企業である。FCM (企業) フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄ED40形電気機関車

    国鉄ED40形電気機関車から見た古河電気工業古河電気工業

    東武鉄道に譲渡された2両は、譲渡以前の1944年(昭和19年)から同社の日光軌道線に貸出されていたもので、譲渡後は、ED4000形4001・4002に改番されたが、昭和30年(1955年)に電気機関車の一斉改番の際にED4000の形式は本線系統のED10形に譲り、本形式はED600形601・602に再改番された。同年、新型機ED610形ED611が投入されたことに伴い、ED601は翌年4月に廃車されたが、ED602は1968年(昭和43年)1月、日光軌道線の廃止に先駆け貨物輸送廃止まで予備車として使用され、同年2月24日の路線廃止と共に廃車となり廃車後は復元保存のため国鉄に寄贈された。日光軌道線では、古河電気工業日光電気精銅所への軍需輸送のために使用され、パンタグラフのほかにポールを併用しており、また、急勾配が介在するため、電気機関車は常に坂上側に運転台を向けた形で坂下側に連結され、登坂列車については推進運転となった。一方降坂列車については、運転台のない側が先頭ととなることから、第2エンド側にステップを設けて、前方警戒のための車掌がそこに乗務した。国鉄ED40形電気機関車 フレッシュアイペディアより)

  • 京谷和幸

    京谷和幸から見た古河電気工業古河電気工業

    小学校2年の時にサッカーを始め、室蘭大谷高校サッカー部時代には3年連続で全国高校サッカー選手権大会に出場。2年時からユース代表、3年時からバルセロナオリンピック代表候補にも選ばれた。3試合連続でハットトリックを達成したこともあり、「北海道に京谷あり」と言われた。高校卒業後の1990年4月に古河電工に入社し、1991年5月に東日本JR古河サッカークラブ(現ジェフユナイテッド市原・千葉)とプロ契約。京谷和幸 フレッシュアイペディアより)

  • 東武ED610形電気機関車

    東武ED610形電気機関車から見た古河電気工業古河電気工業

    元来、日光電気軌道(後の東武鉄道日光軌道線)は沿線の清滝に開設された古河電気工業日光電気精銅所からの電気銅製品を国鉄日光線経由で出荷することを主な目的として建設された路線であった。だが、その貨物輸送は軌道条例準拠の路面併用軌道として建設されたこともあり、同条例→軌道法で列車長や編成両数が規制されたことから、開業以来電動貨車あるいは電車が牽引する貨車によって実施される時期が長く続いた。そのため、国鉄貨車への貨物積み替えが実施される国鉄日光駅荷扱所と出荷元である清滝の精銅所の間では、一方の車端にのみ運転台を設置した独特のL形無蓋電動貨車であるテト30・40形と、それに連結された無蓋貨車のペアが長らく銅製品輸送に供された。その輸送体制は、1928年の日光電気軌道への東武鉄道による資本参加と続く1929年の東武日光線開業で日光軌道線の観光路線としての性格が強まった後も変化することはなかった。むしろ日光電気精銅所でジュラルミンなどの戦略物資の精錬事業が開始されたことでその重要度は急増し、戦時中には無認可での電動貨車の大量増備が当局による黙認の下で実施されるなど、貨物輸送路線としての日光軌道線は輸送力不足が深刻な状況に陥っていたのである。東武ED610形電気機関車 フレッシュアイペディアより)

117件中 61 - 70件表示

「古河電気工業」のニューストピックワード