136件中 71 - 80件表示
  • 村上裕幸

    村上裕幸から見た古河電工古河電気工業

    帰国後の1994年から1999年までは、古河電工(日本リーグ)アイスホッケー部に所属し、エースとして大活躍。その実績が認められ、1995年のモンブランカップを皮切りに日本代表へ選出され、1999年、2001年のアイスホッケー世界選手権(トップディヴィジョン)に出場している。1999年韓国で開催された冬季アジア大会にも日本代表の主力選手として出場し、銀メダルを獲得した。また、2001年の世界選手権アジア予選では、日本代表選手として得点王とMVPを獲得した。村上裕幸 フレッシュアイペディアより)

  • 菅野将晃

    菅野将晃から見た古河電気工業古河電気工業

    神奈川県立旭高等学校卒業後、古河電気工業入社。菅野将晃 フレッシュアイペディアより)

  • FCM (企業)

    FCM (企業)から見た古河電気工業古河電気工業

    FCM株式会社(エフシーエム、英文社名:FCM CO.,Ltd.)は、古河電気工業を擁する古河グループの金属メッキ加工の企業である。FCM (企業) フレッシュアイペディアより)

  • カリツー

    カリツーから見た古河電気工業古河電気工業

    トヨタ自動車株式会社、株式会社デンソー、株式会社デンソーロジテム、アイシン精機株式会社、トヨタ車体株式会社、アスモ株式会社、カリモク家具販売株式会社、古河電気工業株式会社、日本精工株式会社、トヨタ紡織株式会社、豊田通商株式会社、トヨタ輸送株式会社、マツダ株式会社、中央可鍛工業株式会社、日野自動車株式会社 他多数カリツー フレッシュアイペディアより)

  • パベル・ジェハーク

    パベル・ジェハークから見た古河電気工業古河電気工業

    日本移籍の直前にはスペイン2部ヘレスへの移籍話があり、すでに現地に出向いてテストも行っていたが、移籍金の交渉でスラヴィアと折り合わず破談した。1991年、日本サッカーリーグ(JSL)の最終シーズンに東日本JR古河(翌年からはジェフユナイテッド市原に改称)。古河電気工業は当時アイスホッケー部を有しており、その監督がチェコ人のボフミル・プロシェクだったことから、彼のつてを頼って同国人のパベルの獲得が進んだ。Jリーグ元年の1993年シーズンは31試合に出場して得点ランキング5位の16ゴールを記録。第5節横浜マリノス戦では相手選手の野田知を肘打ちし、Jリーグ史上初めてレッドカードを掲示された選手になった。パベル・ジェハーク フレッシュアイペディアより)

  • 瀬戸内クラフト

    瀬戸内クラフトから見た古河電工古河電気工業

    1980年7月に瀬戸内クラフト株式会社を設立、造船部門の全事業を継承した。1989年6月には、スカイアルミニウムの傘下となったが、2003年3月の古河電工の軽金属事業再編によるスカイアルミニウムの古河スカイへの移行に合わせて、造船部門の全事業を継承した。その後、2012年から2015年にかけて旧桑田桟橋の一部、隣接地の敷地および工場2棟を取得、スリップウェイ増設、工場の建て替え、事務所新設など本社工場への設備投資を行っている。瀬戸内クラフト フレッシュアイペディアより)

  • 丸の内御三家

    丸の内御三家から見た古河電気工業古河電気工業

    第二次世界大戦後から1960年代頃のJFAは、東京大学OBで会長を務める野津謙と理事長を務める竹腰重丸を中心に据え、中央大学OBで常務理事を務める小野卓爾が実務を取り仕切り、大学サッカー界のOBが協会内の主要役員を務めていた。小野は実務能力に優れる反面、協会内の業務を一手に担っていたことから独断専行の側面もあった。その様な情勢の中、古河電工、三菱重工、日立製作所といった企業チーム出身者が主導的な役割を果たし、1965年に国内のアマチュアスポーツ界として初の全国リーグであるJSLが創設された。同リーグはJFAの組織下に置かれたが、実質的に独立組織として運営され、協会内および日本サッカー界の新興勢力となった。一方、企業チーム出身者の多くは前述の大学OB達とは先輩後輩の間柄にあったものの、企業を代表する立場を採っていたことから両者の利害は一致することはなく、JSL初代総務主事の西村章一(古河電工)や2代総務主事の重松良典(東洋工業)は協会首脳陣に対して批判的立場を採っていた。丸の内御三家 フレッシュアイペディアより)

  • 森コンツェルン

    森コンツェルンから見た古河電気工業古河電気工業

    スカイアルミニウム - かつて存在した国内大手のアルミニウム関連(※圧延等含む)メーカー。のちに新日鉄や芙蓉グループ・旧興銀などの同業部門譲渡・資本人事介入を受けスカイアルミニウム(販売部門はユニファスアルミニウムに分社)となり、古河電工のアルミ部門を会社分割で同社と統合し、古河スカイとなった。UACJの前身の一つ。森コンツェルン フレッシュアイペディアより)

  • 古河市兵衛

    古河市兵衛から見た古河電気工業古河電気工業

    鉱山経営を進める一方で、銅山を中心とした経営の多角化にも着手。明治17年(1884年)には、精銅品質向上による輸出拡大と、銅加工品の生産による国内市場開拓を目指して本所溶銅所を開設した。この事業は後の古河電気工業へと発展していくことになる。古河市兵衛 フレッシュアイペディアより)

  • 古河AS

    古河ASから見た古河電気工業古河電気工業

    古河AS株式会社(ふるかわエーエス、Furukawa Automotive Systems Inc. )は滋賀県犬上郡甲良町にある古河グループ(古河電気工業系)のワイヤーハーネス(自動車用組電線)、関連電装部品、及び車載用機能製品群の設計開発を行うメーカーである。古河AS フレッシュアイペディアより)

136件中 71 - 80件表示

「古河電気工業」のニューストピックワード