117件中 71 - 80件表示
  • 姉崎公園サッカー場

    姉崎公園サッカー場から見た古河電気工業古河電気工業

    ジェフユナイテッド市原(現:ジェフユナイテッド市原・千葉)は、1999年まで浦安市の古河電気工業所有の舞浜グラウンドを練習場として使用していたが、2000年にジェフのメイン練習場として使用できるように全面的に改修・整備することになった。姉崎公園サッカー場 フレッシュアイペディアより)

  • 細谷英二

    細谷英二から見た古河電気工業古河電気工業

    岡田武史と20年来のつきあいがあり1991年に当時古河電工サッカー部のコーチだった岡田とJR東日本の経営管理部長だった細谷などにより、東日本ジェイアール古河サッカークラブ(チーム名はジェフユナイテッド市原、現在のジェフユナイテッド市原・千葉)が誕生した。細谷英二 フレッシュアイペディアより)

  • 旭電機

    旭電機から見た古河電気工業古河電気工業

    2010年 - 古河電気工業の100%子会社となる。旭電機 フレッシュアイペディアより)

  • 第八高等学校 (旧制)

    第八高等学校 (旧制)から見た古河電気工業古河電気工業

    友松健吾 - 古河電気工業社長第八高等学校 (旧制) フレッシュアイペディアより)

  • 淀川隆博

    淀川隆博から見た古河電気工業古河電気工業

    引退後は古河電工の営業職を経て、2004年4月から2008年4月までジェフユナイテッド市原の代表取締役社長を務める。淀川隆博 フレッシュアイペディアより)

  • ユナイテッドパーク

    ユナイテッドパークから見た古河電気工業古河電気工業

    ジェフは1993年のJリーグ発足当初は、習志野市に本拠地を置くことを前提(結局断念)に習志野市に近接した浦安市にある古河電気工業舞浜グラウンドを練習場として使用していた。しかし、本来の本拠である市原市から距離があり、不便だったのと、地域密着という観点から2000年以後は市原市の姉崎公園サッカー場に練習所を移転した。ユナイテッドパーク フレッシュアイペディアより)

  • VONDS市原

    VONDS市原から見た古河電気工業古河電気工業

    1967年、古河電気工業千葉事業所サッカー部として創立。1972年、関東社会人サッカー大会で優勝し、入れ替え戦を経て翌年の関東社会人リーグに昇格すると、早くもその年のリーグを制覇した。VONDS市原 フレッシュアイペディアより)

  • 古河電工アイスホッケー部

    古河電工アイスホッケー部から見た古河電気工業古河電気工業

    1911年、古河電気工業日光事業所の前身である日光精銅所のアイスホッケー部として創設され、企業チームとして正式に認められたのが1925年。日本アイスホッケーリーグには1966年の第1回大会から参加し、企業チームの枠を超えて、日光市民に愛される市民チームとして長年にわたり親しまれた。また古河電工においては古河電工サッカー部(1991年にクラブチーム「東日本JR古河FC」に移行。現在の「ジェフユナイテッド市原・千葉」)とともに企業のシンボルスポーツという位置づけをなしていた。古河電工アイスホッケー部 フレッシュアイペディアより)

  • 安原顯

    安原顯から見た古河電工古河電気工業

    早稲田高等学院時代の学友には、露木茂、渡辺武(のち日本郵船)、昆田文彦(のち古河電工)らがいた。安原顯 フレッシュアイペディアより)

  • パベル・ジェハーク

    パベル・ジェハークから見た古河電気工業古河電気工業

    日本移籍の直前にはスペイン2部ヘレスへの移籍話があり、すでに現地に出向いてテストも行っていたが、移籍金の交渉でスラヴィアと折り合わず破談した。1991年、日本サッカーリーグ(JSL)の最終シーズンに東日本JR古河(翌年からはジェフユナイテッド市原に改称)。古河電気工業は当時アイスホッケー部を有しており、その監督がチェコ人のボフミル・プロシェクだったことから、彼のつてを頼って同国人のパベルの獲得が進んだ。Jリーグ元年の1993年シーズンは31試合に出場して得点ランキング5位の16ゴールを記録。第5節横浜マリノス戦では相手選手の野田知を肘打ちし、Jリーグ史上初めてレッドカードを掲示された選手になった。パベル・ジェハーク フレッシュアイペディアより)

117件中 71 - 80件表示

「古河電気工業」のニューストピックワード