136件中 81 - 90件表示
  • 亀山市

    亀山市から見た古河電気工業古河電気工業

    亀山市の誕生当初は生糸やローソク(亀山ローソク)に代表される地場産業があったにすぎなかった。しかし1963年に低開発地域工業開発促進法の地域指定を受けて以降、高速道路の開通などの好条件にも恵まれ、三重県下有数の内陸工業都市となった。1975年以降長らく、隣接する鈴鹿市に本田技研工業の鈴鹿工場があるために自動車関連産業が、また、古河電気工業の銅線工場に代表される非鉄金属産業が市内の製造品出荷額のそれぞれ4分の1以上を占めてきた。2002年にシャープの液晶工場(シャープ亀山工場)が立地して以降は、液晶関連産業の集積も進んでいる。亀山市 フレッシュアイペディアより)

  • 海底ケーブル

    海底ケーブルから見た古河電気工業古河電気工業

    2014年4月2日、欧州経済領域内(実行行為としては全世界)の高圧地下・海底ケーブル、および関連製品販売においてカルテルの摘発が公となった。参加者の筆頭であるABBグループは、内部告発を評価されて制裁金を免除された。他の参加者はことごとく制裁金を課されている。フランスの Nexans が7,067万ユーロ、イタリアの Prysmian Group が1億ユーロ超である。後者は違反行為時にゴールドマン・サックスが親会社であったため、約3,700万ユーロの連帯責任を負担している。日本企業ではビスキャスが3,500万ユーロに迫った。他に古河電気工業、フジクラ、ジェイ・パワーシステムズ、住友電気工業、日立電線、エクシム、昭和電線ホールディングス、三菱電線工業が制裁を受けた。カルテルは一般に消費者保護の観点から問題とされるが、通謀自体も社会に対する脅威となる。本件はスマートグリッド事業の特に大規模な部分を焦点としている。総務省はスマートグリッドサービスにおけるプライバシーと個人情報を保護できる程度をサービスの便利さと「トレードオフの関係に」あるとした上で、事業撤退は「機会損失が大」としていた。しかしカルテルの発覚は、事業者が通謀している状態で一般消費者の個人情報を共有せずにおけるのかという疑問を投げかけている。海底ケーブル フレッシュアイペディアより)

  • 東武日光軌道線

    東武日光軌道線から見た古河電気工業古河電気工業

    当時の日光町が古河合名(現在の古河電気工業、以下古河電工と略す)と合弁で1908年(明治41年)に日光電気軌道を設立して1910年(明治43年)に開業した。日光東照宮、輪王寺、二荒山神社等の観光地への旅客輸送や古河精銅所からの貨物輸送を目的に建設された。開業時、電動客車3両、電動貨車2両、客車と貨車が併せて9両の計14両を所有していた。山道を行く珍しい路面電車で、沿線の標高は停車場前(のちの国鉄駅前)が533m、馬返が838mで、日本国内の路面電車では一番高かった。軌道は至る所が急勾配で、最急勾配は60‰(パーミル)、50‰以上も多数存在した。1932年(昭和7年)に傍系の日光登山鉄道によるケーブルカー(のちの東武日光鋼索鉄道線)が終点馬返から明智平まで延び、翌年から明智平では同社のロープウェイ(のちの明智平ロープウェイ)に接続して華厳滝、中禅寺湖への観光輸送も行った。東武日光軌道線 フレッシュアイペディアより)

  • ビスキャス

    ビスキャスから見た古河電気工業古河電気工業

    2001年9月26日(平成13年) - 古河電気工業株式会社・株式会社フジクラの電力事業部門(電力送配電システム)を統合した合弁会社として発足。ビスキャス フレッシュアイペディアより)

  • 市原緑地運動公園臨海競技場

    市原緑地運動公園臨海競技場から見た古河電気工業古河電気工業

    困惑するJR古河に手を差し伸べたのは古河電気工業の千葉事業所がある市原市であった。ただし市原市がホームタウンに決定したのは1992年の5月であり、この時点でJリーグ開幕まで1年を切っていた(加えてJリーグ初年度への参加意思を確認するための応募締切直前でもあった)。従ってホームスタジアムとして使用する事になった市原臨海の改修は急ピッチで行われる事になった。市原緑地運動公園臨海競技場 フレッシュアイペディアより)

  • 楽天コミュニケーションズ

    楽天コミュニケーションズから見た古河電気工業古河電気工業

    元々は日商エレクトロニクスと古河電気工業が中心になってフュージョン・コミュニケーションズ株式会社として設立。2003年にパワードコムからの出資を受け同社傘下となったが、2005年12月31日付でパワードコムとKDDIの合併に伴い、親会社が東京電力へ移行した。楽天コミュニケーションズ フレッシュアイペディアより)

  • IEEEマイルストーン

    IEEEマイルストーンから見た古河電気工業古河電気工業

    高品質光ファイバー量産製法として用いられるVAD法(1977年-1983年) - NTT・古河電工・住友電工・フジクラIEEEマイルストーン フレッシュアイペディアより)

  • 渋谷洋樹

    渋谷洋樹から見た古河電気工業古河電気工業

    高校卒業後は古河電気工業に入社し、同社のサッカー部に入部。当時の同部は監督に清雲栄純、コーチに同郷の川本治、チームメイトには岡田武史らがいた。Jリーグへの移行時に古河(後のジェフユナイテッド市原)に残れず、PJMフューチャーズへ移籍。その後は中途採用の社員選手という形でNTT関東サッカー部に加入。3年間プレイし現役を引退する。渋谷洋樹 フレッシュアイペディアより)

  • 昭和電線ホールディングス

    昭和電線ホールディングスから見た古河電気工業古河電気工業

    電線業界大手6社(住友電工・古河電工・フジクラ・日立金属・三菱電線)の一角であり、電線・ケーブル事業の他、免震部材や事務機器用部品などの事業も展開している。昭和電線ホールディングス フレッシュアイペディアより)

  • 中部電材

    中部電材から見た古河電工古河電気工業

    古河電工?の巻線正規販売代理店であり1PEWや2UEW、1AIWなどエナメル線をはじめとするマグネットワイヤーを小口販売に対応している中部電材 フレッシュアイペディアより)

136件中 81 - 90件表示

「古河電気工業」のニューストピックワード