前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
418件中 1 - 10件表示
  • 鳥類

    鳥類から見た古生物学古生物学

    する鳥類は約1万種であり(これまでの各分類に基づき、8,600種や、9,000種などとしているものもある)、四肢動物のなかでは最も種類の豊富な綱(分類目)となっている。現存している鳥類の大きさはマメハチドリの5cmからダチョウの2.75mにおよび、体重はマメハチドリが2g、ダチョウは100kgである。化石記録によれば、鳥類は年から年前ごろのジュラ紀の間に、獣脚類恐竜から進化したことが示されている。そして最も初期の鳥類として知られているのが、中生代ジュラ紀後期の始祖鳥 (Archaeopteryx) で、およそ年前である。現在では大部分の古生物学者が、鳥類を約年前のK-T境界絶滅イベントを生き延びた、恐竜の唯一の系統群であると見なしている。鳥類 フレッシュアイペディアより)

  • 洞穴学

    洞穴学から見た古生物学古生物学

    洞穴学は、化学、生物学、地質学、地形学、気象学、地図学、水文学、古生物学、考古学といった知識を統合して、洞穴などを複雑な系として特性を明らかにする学際領域である。洞穴学の発展は、スポーツや探検としてのケイビングの発展と密接に関連している。実際、ケイビングと洞穴学の実地調査の手法は基本的には同じである。洞穴学 フレッシュアイペディアより)

  • 人類の夜明け

    人類の夜明けから見た古生物学古生物学

    マリーナ・エリオット (古生物学者)人類の夜明け フレッシュアイペディアより)

  • 畑井小虎

    畑井小虎から見た古生物学古生物学

    畑井 小虎(はたい ことら、1909年7月22日 - 1977年9月12日)は、日本の古生物学者である。東北大学名誉教授。貝類や腕足類の生物学および古生物学に関する研究で知られる。畑井小虎 フレッシュアイペディアより)

  • イワン・エフレーモフ

    イワン・エフレーモフから見た古生物学古生物学

    イワン・アントーノヴィチ・エフレーモフ(露:'';ラテン翻字例:Ivan Antonovich Efremov、1907年4月22日 - 1972年10月5日)は、ロシア(ソ連)のSF作家である。古生物学者から転身した作家で、代表作としては共産主義社会の未来を肯定的に扱った長編『』などがある。イワン・エフレーモフ フレッシュアイペディアより)

  • エルンスト・シュトローマー

    エルンスト・シュトローマーから見た古生物学古生物学

    エルンスト・フライヘア(男爵)・シュトローマー・フォン・ライヘンバッハ (Ernst Freiherr Stromer von Reichenbach, 1870年6月12日 – 1952年12月18日)はドイツの古生物学者である。エルンスト・シュトローマー フレッシュアイペディアより)

  • ジョルジュ・キュヴィエ

    ジョルジュ・キュヴィエから見た古生物学古生物学

    ジョルジュ・キュヴィエ(バロン・ジョルジュ・レオポルド・クレティアン・フレデリック・ダゴベール・キュヴィエ、Baron Georges Léopold Chrétien Frédéric Dagobert Cuvier, 1769年8月23日 - 1832年5月13日)は、フランスの博物学者である。比較解剖学の大立て者であり、古生物学にも大きな足跡を残した。ジョルジュ・キュヴィエ フレッシュアイペディアより)

  • ロンドン自然史博物館

    ロンドン自然史博物館から見た古生物学古生物学

    コレクションの分野としては動物学・昆虫学・古生物学・植物学・鉱物学の五つに大別される。ロンドン自然史博物館 フレッシュアイペディアより)

  • 国立科学博物館

    国立科学博物館から見た古生物学古生物学

    ソビエトの恐竜展?ソ連科学アカデミー古生物学の成果ー(1973/4/29 - 5/31)国立科学博物館 フレッシュアイペディアより)

  • アノマロカリス

    アノマロカリスから見た古生物学者古生物学

    現在ではバージェス動物群に属する代表的な動物として知られているが、触手の化石についてはそれ以外でも発見されていた。その部分化石は、エビの仲間の腹部と考えられたことから、1892年にカナダの古生物学者であるによって「anomalo- (奇妙な) + caris (エビ)」、すなわち「奇妙なエビ」との意味で Anomalocaris という学名を与えられている。中国語でも「奇蝦(きか)」である。本体の化石もバージェス頁岩塁層から間も無く発見されるのではあるが、その確認に先立って、古生物学者チャールズ・ウォルコットは口と胴体を発見し、それぞれ個別の動物として記載を行った。口の部分はクラゲの化石と判断してペユトイア (Peytoia)、胴体部分はナマコの一種と考え、ラガニアとしてである。特にペユトイアは古生代カンブリア紀の復元図には必ず描かれるほど有名になった。アノマロカリス フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
418件中 1 - 10件表示

「古生物学」のニューストピックワード