418件中 91 - 100件表示
  • ドロシー・ギャロッド

    ドロシー・ギャロッドから見た古生物学者古生物学

    ギャロッドは、イギリス古生物学者のドロシア・ベイトと緊密に協力して、カルメル山のタブーン、エル=ワド、エス=スフール、シュクバ、ケバラの各洞窟で発掘を試み、前期旧石器、中期旧石器および亜旧石器の時代系列を実証し、地域の有史以前の時代の理解に大きく貢献した。エス=スフールとエル=ワドでの発掘の後、シュクバ洞窟が位置するワディ=エ=ナトゥフの河谷にちなんで、亜旧石器時代末期の文化について「ナトゥフ文化」と命名した。ギャロッドによるレバント地方での発掘で確立された年代順の枠組みは、有史以前の時代を理解するのに現在においても重要なものとなっている。レバント地方の洞窟の発掘調査は、地元の村から積極的に女性労働者を募集し、ケバラン文化の遺跡であるケバラ洞窟では仲間の考古学者のフランシス・タービルピーターと共に働いた。ドロシー・ギャロッド フレッシュアイペディアより)

  • 仮晶

    仮晶から見た古生物学古生物学

    古生物学の分野で知られる化石の珪化木やアンモライト (アンモナイト の化石が霰石に置き換わった化石) なども仮晶である。仮晶 フレッシュアイペディアより)

  • Xクラブ

    Xクラブから見た古生物学者古生物学

    クラブのメンバーは医者・古生物学者ジョージ・バスク、化学者エドワード・フランクランド、数学者トマス・ハースト、植物学者ジョセフ・ダルトン・フッカー、トマス・ハクスリー、考古学者ジョン・ラボック、哲学者ハーバート・スペンサー、数学者・物理学者ウィリアム・スポティスウッド、物理学者ジョン・ティンダルである。Xクラブ フレッシュアイペディアより)

  • ポーランド地質調査所地質博物館

    ポーランド地質調査所地質博物館から見た古生物学古生物学

    ポーランド地質調査所 地質博物館(ぽーらんどちしつちょうさじょ ちしつはくぶつかん)はワルシャワにある地学や古生物学をテーマとした博物館。ポーランド地質調査所の敷地内にあり、同調査所が運営する。ポーランド地質調査所地質博物館 フレッシュアイペディアより)

  • ユージン・クーマン

    ユージン・クーマンから見た古生物学古生物学

    植物学の分野では、主に菌類と古生物学の分野で研究し、菌類の分野ではカビの属であるキックセラの記載を行い、Kickxに献名した。その他にキツネノマゴ科の属、の記載も行った。ユージン・クーマン フレッシュアイペディアより)

  • ミグアシャ国立公園

    ミグアシャ国立公園から見た古生物学古生物学

    科学調査のために、二つのコレクションの部屋が新設された。一つは模型や図像にあてられた部屋で、もう一つはケベックの脊椎動物・無脊椎動物の化石の地層学的なコレクションのための部屋である。後者の土台になったのはサン=ジュレ・コレクション(la Collection Saint-Gelais)である。フィリップ・サン=ジュレ(Philippe Saint-Gelais)は自然科学全般に情熱を持っていた独学者だったが、1966年に最初の化石として三葉虫の仲間の化石を発見して以来、古生物学にかける情熱が冷めることはなかった。ミグアシャ国立公園 フレッシュアイペディアより)

  • フレデリック・マッコイ

    フレデリック・マッコイから見た古生物学古生物学

    フレデリック・マッコイ(Sir Frederick McCoy KCMG FRS、1817年 ? 1899年5月16日)は、アイルランド生まれの古生物学者、動物学者である。オーストラリアで働き、メルボルン大学の教授を務め、メルボルン博物館の館長を務めた。フレデリック・マッコイ フレッシュアイペディアより)

  • 分子時計

    分子時計から見た古生物学古生物学

    化石による推定は行われたが、発掘された化石がどの程度古いかの判断は、その化石の地層から判断される。地層による年代判定は誤差が大きく、炭素14を用いた年代測定(放射性炭素年代測定)も6万年前程度が理論的限界である。このため、発見された場所が遠く離れたところにある化石同士がどちらが古いかを判断することは、常に古生物学上の論争の種となっていた。また、そもそも化石からのみで生物の進化系譜を構築することは、非常に困難であった。分子時計 フレッシュアイペディアより)

  • アルノルト・フェルスター

    アルノルト・フェルスターから見た古生物学古生物学

    アーヘンの農家に生まれた。子供時代から昆虫に興味を持ち、近隣の昆虫学者、マイゲン(Johann Wilhelm Meigen)の元を訪れていた。11歳で父親を亡くすが、ボン大学に進学した。始め医学を学ぶが、自然科学に転じ、古生物学、動物学の教授、ゴルトフス(Georg August Goldfuss)のもとで学んだ。ゴルトフスに気に入られ、貧しいフェスターを家に住まわせ、子供の家庭教師の仕事を与え、研究室の助手として採用した。ボン大学ではエーゼンベックやトレフィラヌス、ネーゲラートらからも教えを受けた。アルノルト・フェルスター フレッシュアイペディアより)

  • 直良信夫

    直良信夫から見た古生物学古生物学

    1932年(昭和7年)には再び上京し、早稲田大学の徳永重康に師事し古生物学の研究を行う。無報酬の私設助手であったが、1938年(昭和13年)に早稲田大学付属高等工学校の夜学会計事務係に採用されたのをきっかけに、同大学冶金学教室図書係、助手を経て1945年(昭和20年)には同大学講師に就任。1957年(昭和32年)、「日本古代農業発達史」で文学博士号を取得し、1960年(昭和35年)には同大学教授に就任(助教授は経由せず)し、後進の指導に当たった。直良信夫 フレッシュアイペディアより)

418件中 91 - 100件表示

「古生物学」のニューストピックワード