326件中 91 - 100件表示
  • ロバート・T・バッカー

    ロバート・T・バッカーから見た古生物学者古生物学

    ロバート・T・バッカー(、1945年3月24日 - )は、アメリカ合衆国の古生物学者。長く、ジョンズ・ホプキンス大学で解剖学や地球科学などの教授を務めた。ニュージャージー州バーゲン郡出身。ロバート・T・バッカー フレッシュアイペディアより)

  • ロイヤル・ティレル古生物学博物館

    ロイヤル・ティレル古生物学博物館から見た古生物学古生物学

    王立ティレル博物館は、アルバータ州の広範囲にわたって発見される世界的にも貴重な化石などの試料を収集・保存・研究・展示することによって、古生物学的な見地から、それらの生態学的な関係や歴史などを解釈していく、研究教育機関としての役割も担っている。ここには、世界の恐竜研究の権威で同館の恐竜研究部長でもあるフィリップ・J・カリー博士の他にも、世界中から多くの古生物研究者が集まっている。ロイヤル・ティレル古生物学博物館 フレッシュアイペディアより)

  • 同定

    同定から見た古生物学古生物学

    地質の分野で同定とは、地層が堆積した時代区分を決定する行為を指す(地層同定の法則)。ただし、古生物学の分野では、地質学のそれとは別に、1.と同意で用いられることもある。同定 フレッシュアイペディアより)

  • 社会文化的進化

    社会文化的進化から見た古生物学古生物学

    ネオ進化論は近代の多系進化のシリーズの最初の理論である。それは1930年代に出現し、第二次世界大戦の後に広範囲に発展し、1960年代に人類学と社会学両方に取り入れられた。それは考古学、古生物学と歴史学方法論の分野からの経験的な証拠の上に理論の基礎を置き、そして道義的であるか、あるいは文化で、その代わりに客観的で、そしてただ記述的なままでいようとして値のシステムに対するどんな言及でも排除して、それ自身であろうとする。社会文化的進化 フレッシュアイペディアより)

  • 科学におけるロマン主義

    科学におけるロマン主義から見た古生物学古生物学

    ロマン主義により培われた自然研究の分野には次のようなものがある――フリードリヒ・シェリングの「」(自然哲学)、宇宙論と、地球とその生物の生成史(地質学と古生物学)、新しい学問である生物学、意識と無意識、正常と異常の心理状態の探求、自然の隠された力を見出す実験的分野すなわち電気、磁気、その他の生体の力、、骨相学、気象学、「哲学的」解剖学、ほか。科学におけるロマン主義 フレッシュアイペディアより)

  • ピーター・ドッドソン

    ピーター・ドッドソンから見た古生物学者古生物学

    ピーター・ドッドソン(Peter Dodson)はアメリカ合衆国の古生物学者。恐竜に関する多くの論文、著書、共著書がある。1986年にアヴァケラトプスを記載。角竜類の権威である。ハドロサウルス科や竜脚下目についての論文や教科書も数冊執筆している。ドッドソンはペンシルベニア大学で古生物学および比較解剖学の教授を務めている。ピーター・ドッドソン フレッシュアイペディアより)

  • ミグアシャ国立公園

    ミグアシャ国立公園から見た古生物学古生物学

    科学調査のために、二つのコレクションの部屋が新設された。一つは模型や図像にあてられた部屋で、もう一つはケベックの脊椎動物・無脊椎動物の化石の地層学的なコレクションのための部屋である。後者の土台になったのはサン=ジュレ・コレクション(la Collection Saint-Gelais)である。フィリップ・サン=ジュレ(Philippe Saint-Gelais)は自然科学全般に情熱を持っていた独学者だったが、1966年に最初の化石として三葉虫の仲間の化石を発見して以来、古生物学にかける情熱が冷めることはなかった。ミグアシャ国立公園 フレッシュアイペディアより)

  • メッセル採掘場

    メッセル採掘場から見た古生物学古生物学

    メッセル採掘場は、ドイツ・ヘッセン州の村メッセル(Messel)近くにある油母頁岩の採掘場跡地である。フランクフルト・アム・マインの南東約35km のところにある。ここからは大量の化石が出土しており、その地質学的・古生物学的な重要性から、1995年12月9日にユネスコの世界遺産(世界自然遺産)に登録された。メッセル採掘場 フレッシュアイペディアより)

  • 古植物学

    古植物学から見た古生物学古生物学

    古植物学(こしょくぶつがく 英:Paleobotany , Paleophytology ,Palaeo- とも)は、古生物学の一分野であり、地質記録(化石など)からの植物の復元と同定を行う学問。古植物学の意義は、一つには生物学的な面から過去の環境の復元することによって古地理学に貢献することである。また、植物の進化史を明らかにする。植物の進化は生物一般の進化にも関係してくる。古植物学には、古代の陸上植物だけではなく、海棲光合成独立栄養生物(つまり藻類や海藻類)の研究も含まれる。胞子や花粉の化石の研究である花粉学と関係が深い。古植物学 フレッシュアイペディアより)

  • 分布 (生物)

    分布 (生物)から見た古生物学古生物学

    離れた地域では、当然気候や環境に違いも大きいこと、距離が離れるほどその間での遺伝子の交流が難しくなること、そしてそれらの相乗によってこの傾向は生まれると考えられる。一般的に生物は分布を拡大しながら種分化して行き、次第に各地でバラバラに分かれる、というのが古生物学からの一つの見方である。たとえばラクダの類はアジアにフタコブラクダ、アフリカにヒトコブラクダ、南米にリャマなどと言う風に極めて明確な隔離分布を示すが、これはアジアを発祥としたラクダ類がアジア-北米と北米-南米の地峡を越えて分散した後に、各地で種分化して、その後に各地で絶滅が起こったと言う歴史を示すものと考えられる。これは一つの分類群の発展と衰退を示す典型的な例である。そういう意味では、ヒトが世界中に分布を広げ、様々に分化しながらも、亜種ほどの区別も持つに至らなかったのは珍しい例である。分布 (生物) フレッシュアイペディアより)

326件中 91 - 100件表示

「古生物学」のニューストピックワード