418件中 21 - 30件表示
  • クラピナ

    クラピナから見た古生物学古生物学

    クラピナには今から約12万年から5万年前にネアンデルタール人が生活した痕跡が発見されている。1899年、古生物学者であるドラグティン・ゴルヤノヴィッチ=クランベルガーによってクラピナ郊外のヒュシュニャク(Hušnjak)と呼ばれる丘で800もの化石が発見されている。現在、遺跡周辺は公園となっており多くの像があり、その中には熊やビーバー、ヘラジカなども含まれる。クラピナが最初に文書に記録されたのは1193年のことで、中世には要塞の下、村の開発が始められた。14世紀より、いくつかの貴族がクラピナを拠点としている他、当時都市特権を得て自由交易の場所となる。16世紀前半、ケグレヴィッチ家(Keglević)の荘園となりその後、オスマン帝国の侵略の影響を受ける。17世紀、フランシスコ会によって聖カタリネ教会(Katarine)と修道院が成立される。1850年、言語学者で作家、政治家でもあるイリリアン運動のリーダー的存在でもあったクラピナ出身のリュデヴィット・ガイ(Ljudevit Gaj)によって現代のクロアチア語を表記する新たなアルファベットであるガイ式ラテン・アルファベットが作られた。彼の生家は現在、博物館になっている。クラピナ フレッシュアイペディアより)

  • アンキケラトプス

    アンキケラトプスから見た古生物学者古生物学

    アンキケラトプス属の命名、記載は1914年にアメリカ合衆国の古生物学者、バーナム・ブラウンによって行われた。この新たな化石は、その形態からモノクロニウスとトリケラトプスの両系統に近縁であり、その両者の共通の祖先であるとされ、"角のある顔に近いもの"という意味の、古代ギリシャ語に由来する属名が与えられた。アンキケラトプス フレッシュアイペディアより)

  • シカマイア

    シカマイアから見た古生物学古生物学

    シカマイアは古生代ペルム紀の巨大な二枚貝。畳一枚ほどの大きさにもなり、史上最大の二枚貝とされる。「日本の古生物学発祥の地」「化石研究のメッカ」とも言われる岐阜県の金生山で初めて発見された。名前は古生物学者の鹿間時夫博士にちなむ。化石は金生山化石館や岐阜県博物館で展示されている他、化石を含む大理石が岐阜総合庁舎の正面玄関に使われている。シカマイア フレッシュアイペディアより)

  • シカマイア

    シカマイアから見た古生物学者古生物学

    シカマイアは古生代ペルム紀の巨大な二枚貝。畳一枚ほどの大きさにもなり、史上最大の二枚貝とされる。「日本の古生物学発祥の地」「化石研究のメッカ」とも言われる岐阜県の金生山で初めて発見された。名前は古生物学者の鹿間時夫博士にちなむ。化石は金生山化石館や岐阜県博物館で展示されている他、化石を含む大理石が岐阜総合庁舎の正面玄関に使われている。シカマイア フレッシュアイペディアより)

  • プロトタキシーテス

    プロトタキシーテスから見た古生物学古生物学

    1859年に化石を発見したカナダの古生物学者ジョン・ウィリアム・ドーソンは針葉樹の一種と考えたが、この時代の植物としては並外れた大きさに疑問を指摘する研究者も多く、藻類や地衣類とも考えられていた。菌類ではないかとの説は、1919年に初めて示されている。プロトタキシーテス フレッシュアイペディアより)

  • アンタルクトサウルス

    アンタルクトサウルスから見た古生物学古生物学

    アンタルクトサウルス(Antarctosaurus "南のトカゲ"の意味)は白亜紀後期、現在の南アメリカに生息したティタノサウルス類の竜脚類恐竜の属の一つである。タイプ種A. wichmannianusは1929年、ドイツの古生物学者フリードリヒ・フォン・ヒューネにより記載された。ヒューネは同年に第2の種も記載している。この他に3つの種が追加されているが、後の研究の結果これらはアンタルクトサウルスと関係ないことが示されている。アンタルクトサウルス フレッシュアイペディアより)

  • 地質

    地質から見た古生物学古生物学

    地質学は、これらを専門的に研究する学問である。地質の研究(地質学の実践)において、特異な化石や鉱物が発見されることもままあるが、主たる対象は、岩石とその層状の構造である地層である。逆に、考古学や古生物学の知見から、地層の年代の特定が行われるなど、隣接分野からの知見が地質に関する知見を広げることも多々ある。地質 フレッシュアイペディアより)

  • メラノソーム

    メラノソームから見た古生物学古生物学

    2008年、中国の古生物学者である徐星によって、ジュラ紀から後期第三紀の地層で化石化した羽毛が発見された。この羽に含まれる炭素の残渣は、羽毛を分解したバクテリアの活動の跡だと考えられていたが、実は化石化したメラノソームの微細な有機的痕跡であると判明した。中には羽毛や毛皮の組織で見られる構造色を維持しているものもあった。これらの微細構造をさらに調べることで、化石化した柔組織の元の色、質感が明らかになると推測される。イェール大学のw:Derek Briggsによると、「羽毛化石の微細構造が発見されたということは、他の柔組織、毛皮や内臓などの特徴さえも調査できる可能性が出てきたということだ」とのこと。メラノソーム フレッシュアイペディアより)

  • 夢食案内人

    夢食案内人から見た古生物学古生物学

    乃梨子の想い人。理科好きで特に天文学、地学、古生物学関係の知識に明るい。そのために「夜中にUFOを呼んでいる」だの「学校で寝泊りしている」だの「実はドラ……」だのアヤしげなウワサの絶えない人物。もちろん宇宙人(地球外生命体)や未来からやってきたロボットなどではない。夢食案内人 フレッシュアイペディアより)

  • プロブレマティカ

    プロブレマティカから見た古生物学古生物学

    プロブレマティカ(problematica)とは、古生物学において由来の特定できない化石を指す言葉である。日本語では未詳化石、疑問化石、所属不明化石などとも呼ばれる。微化石の場合は特にマイクロプロブレマティカと呼ばれる場合もある。プロブレマティカ フレッシュアイペディアより)

418件中 21 - 30件表示

「古生物学」のニューストピックワード