326件中 21 - 30件表示
  • ポーランド地質調査所地質博物館

    ポーランド地質調査所地質博物館から見た古生物学古生物学

    ポーランド地質調査所 地質博物館(ぽーらんどちしつちょうさじょ ちしつはくぶつかん)はワルシャワにある地学や古生物学をテーマとした博物館。ポーランド地質調査所の敷地内にあり、同調査所が運営する。ポーランド地質調査所地質博物館 フレッシュアイペディアより)

  • エルギネルペトン

    エルギネルペトンから見た古生物学古生物学

    かつては肉鰭類に分類されていたが、スウェーデン人古生物学者ペル・アールベリ () による1990年代初頭の再調査によって、極めて原始的な四肢動物であることが判明した。本種は近縁のオブルケウィクティス(オブルチェヴィクティスなどとも称。en)とともに、現在(2010年時点)骨格化石が得られている四肢動物としては最も古いものである。エルギネルペトン フレッシュアイペディアより)

  • ネオ進化論

    ネオ進化論から見た古生物学古生物学

    その理論は考古学、古生物学と史学史のようなフィールドからの経験的な証拠に基づいている。提案者がネオ進化論が、モラルか文化的なシステムの価値に対するどんな言及でも排除しているため客観的であり、ただ記述的であると言う。その進化の過程の一般原則を与えることによって、19世紀の進化主義が文化がどのように発達するか説明した間に、それは歴史的個別主義によって、20世紀初めに非科学的であるとして(進化主義は)捨て去られた。進化の思考を持って戻ってきた新進化的思索家が、現代の人類学にとって受け入れられるためにネオ進化論を開発したのである。ネオ進化論 フレッシュアイペディアより)

  • クジラ学

    クジラ学から見た古生物学古生物学

    わずか数十年後、フランスの動物学者であり古生物学者であるジョルジュ・キュヴィエはクジラを後足のない哺乳類に分類した。骨格は既に組み合わされ自然歴史博物館に展示されていたので、動物学者は詳細に観察し、絶滅した動物の化石と比較することができ、結局クジラは古代の陸生哺乳類の子孫であるという結論に至った。クジラ学 フレッシュアイペディアより)

  • プロトタキシーテス

    プロトタキシーテスから見た古生物学古生物学

    1859年に化石を発見したカナダの古生物学者ジョン・ウィリアム・ドーソンは針葉樹の一種と考えたが、この時代の植物としては並外れた大きさに疑問を指摘する研究者も多く、藻類や地衣類とも考えられていた。菌類ではないかとの説は、1919年に初めて示されている。プロトタキシーテス フレッシュアイペディアより)

  • ウィリアム・ベリマン・スコット

    ウィリアム・ベリマン・スコットから見た古生物学者古生物学

    ウィリアム・ベリマン・スコット(英:William Berryman Scott、1858年2月12日 ? 1947年3月29日)はアメリカの脊椎動物の古生物学者。哺乳類の権威であり、漸新世のホワイトリバー動物群(White River Fauna)についてのモノグラフの主要な著者であった。プリンストン大学の地質学・古生物学教授。ウィリアム・ベリマン・スコット フレッシュアイペディアより)

  • 夢食案内人

    夢食案内人から見た古生物学古生物学

    乃梨子の想い人。理科好きで特に天文学、地学、古生物学関係の知識に明るい。そのために「夜中にUFOを呼んでいる」だの「学校で寝泊りしている」だの「実はドラ……」だのアヤしげなウワサの絶えない人物。もちろん宇宙人(地球外生命体)や未来からやってきたロボットなどではない。夢食案内人 フレッシュアイペディアより)

  • ノルベルト・ヨークル

    ノルベルト・ヨークルから見た古生物学古生物学

    1913年、ヨークルは私講師になった。専門分野は「アルバニア語学、バルト語学及びスラヴ語学に主眼を置いた印欧語学」である。1923年に員外教授(Professor extraordinarius)、そして1937年には宮廷顧問官(Hofrat)に就任した。彼は膨大なアルバニア語に関する論文を執筆し、専門家としてその名を知られるようになった。1933年4月、古生物学者でアルバニア語学者でもあったフランツ・ノプシャ(Ferenc Nopcsa)が秘書を射殺して自らも拳銃自殺するという事件が起こったが、その際、アルバニア語に関する論文をヨークルに遺していった。ノルベルト・ヨークル フレッシュアイペディアより)

  • デービッド・M・S・ワトソン

    デービッド・M・S・ワトソンから見た古生物学古生物学

    マンチェスター大学で学んだ。地質学を学び、炭田の植物化石を研究し、後に女性運動家として有名になるマリー・ストープス (Marie Stopes) と共著で論文を発表した。修士号をとった後も、ロンドン自然史博物館で化石の研究を続け、南アフリカ、オーストラリア、アメリカ合衆国も訪れた。1912年にユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンの脊椎動物古生物学の講師に任じられた。デービッド・M・S・ワトソン フレッシュアイペディアより)

  • 最大節約法

    最大節約法から見た古生物学古生物学

    古生物学に最大節約法を適用する場合の大きな問題として、2種の生物が同じ形質を共有する場合には必ずそれらが遺伝的に関係あると仮定していることがある。これは必ずしも正しくない。たとえば鳥とコウモリは羽を持ち、ワニやヒトは持たない。この表現型データに基づいて最大節約法を適用すると、鳥とコウモリ、ワニとヒトがグループを作ることになるが、ヒトは実際にはワニよりコウモリに近い。これと似た問題は、突然変異によって形質が祖先型に戻る「復帰変異」でも起きる。最大節約法は無根系統樹を用いるので、独立の前進変異と復帰変異は数学的には等価である。ただし現生の生物に関する限り、遺伝子型を決定する技術の進歩によりこの問題の重大性は減りつつある。最大節約法 フレッシュアイペディアより)

326件中 21 - 30件表示

「古生物学」のニューストピックワード