326件中 31 - 40件表示
  • ビッグ・ベンド国立公園

    ビッグ・ベンド国立公園から見た古生物学古生物学

    ビッグ・ベンド国立公園は、米国のチワワ砂漠 (Chihuahuan Desert) の地形と生態系の最大の保護地域として国家的な重要性を持つ。公園の面積は、3,242 km2(1,252 平方マイル)である。この公園の地質学及び古生物学的資源の保護と研究の価値を上回る地域は数少ない。白亜紀と第三紀の多種多量の生物の化石が存在する。考古学者は、9,000年前のものとみられる人工物を発見し、歴史的価値のある建物と風景が国境沿いで生命について生き生きと説明する。ビッグ・ベンド国立公園 フレッシュアイペディアより)

  • オテニオ・アーベル

    オテニオ・アーベルから見た古生物学者古生物学

    オテニオ・アーベル(Othenio Lothar Franz Anton Louis Abel、1875年6月20日 - 1946年7月4日)はオーストリアの古生物学者である。オテニオ・アーベル フレッシュアイペディアより)

  • オテニオ・アーベル

    オテニオ・アーベルから見た古生物学古生物学

    ルイ・ドロー (Louis Dollo) らとともに、古生物学の創始者のひとりとされる。著書に『脊椎動物古生物学綱要』(Grundzüge der Paläobiologie der Wirbeltiere 1902年)などがある。オテニオ・アーベル フレッシュアイペディアより)

  • アーサー・スミス・ウッドワード

    アーサー・スミス・ウッドワードから見た古生物学者古生物学

    アーサー・スミス・ウッドワード(Sir Arthur Smith Woodward、1864年5月23日 - 1944年9月2日)はイギリスの古生物学者である。ロンドン自然史博物館で働いた。アーサー・スミス・ウッドワード フレッシュアイペディアより)

  • ジャック・ゴーティエ

    ジャック・ゴーティエから見た古生物学古生物学

    ジャック・ゴーティエ(Jacques Gauthier )は、古脊椎動物学者かつ系統学者であり、古生物学における系統分類学の使用の創設者のひとりである。ジャック・ゴーティエ フレッシュアイペディアより)

  • カール・マルティン

    カール・マルティンから見た古生物学古生物学

    カール・マルティン(Johann Karl Ludwig Martin、1851年11月24日 - 1942年11月14日)はドイツの地質学者である。オランダで働き、ライデン地質学博物館の館長を務めた。古生物学や層序学、東インド諸島の新生代の動物、特に軟体動物の研究で知られる。カール・マルティン フレッシュアイペディアより)

  • エドワード・オスカー・ウールリッチ

    エドワード・オスカー・ウールリッチから見た古生物学者古生物学

    エドワード・オスカー・ウールリッチ( Edward Oscar Ulrich、1857年2月1日 - 1944年2月22日)は、アメリカの古生物学者である。無脊椎動物の化石の研究で知られる。エドワード・オスカー・ウールリッチ フレッシュアイペディアより)

  • レイモンド・C・ムーア

    レイモンド・C・ムーアから見た古生物学者古生物学

    レイモンド・C・ムーア(Raymond Cecil Moore、 (Roslyn, Washington, 1892年2月20日 - 1974年4月16日)はアメリカ合衆国の地質学者、古生物学者である。無脊椎動物の化石の研究で知られる。レイモンド・C・ムーア フレッシュアイペディアより)

  • デイル・ラッセル

    デイル・ラッセルから見た古生物学者古生物学

    デイル・ラッセル(Dale Russell、1937年12月27日 - )は、カナダの古生物学者。(一般には)「もし、恐竜が絶滅せずに進化を続けていたら…」という思考実験の結果である、白亜紀の肉食恐竜「トロオドン」(英語式にいえば「トルードン」)を下敷きにした、恐竜人間(つまり、知的生命体となった恐竜)「ディノサウロイド」の模型で知られる。デイル・ラッセル フレッシュアイペディアより)

  • 古代生物学

    古代生物学から見た古生物学古生物学

    古代生物学 フレッシュアイペディアより)

326件中 31 - 40件表示

「古生物学」のニューストピックワード