418件中 41 - 50件表示
  • テタヌラ類

    テタヌラ類から見た古生物学古生物学

    1986年、古生物学者ジャック・ゴーティエに分岐分類学的手法により、鳥類との類似度によって獣脚類を分類し直した際に提唱されたグループである。獣脚類からエオラプトル、ヘルレラサウルスなどの原始的な種を除いたグループである新獣脚類 (Neotheropoda) からケラトサウルス類(ケラトサウルス、アベリサウルス科[en/cf.ja]、コエロフィシス類)を除いたものが含まれる。中生代三畳紀後期(もしくは、ジュラ紀前期)にケラトサウルス類とテタヌラ類に分岐したと考えられる。従来のフリードリヒ・フォン・ヒューネによる古典的な獣脚類の分類群であるカルノサウルス類とコエルロサウルス類はいずれも、現在ではテタヌラ類の下位分類群として位置づけられている。テタヌラ類 フレッシュアイペディアより)

  • ライデッケリナ

    ライデッケリナから見た古生物学者古生物学

    学名はイギリスの古生物学者 Richard Lydekker にちなむ。ライデッケリナ フレッシュアイペディアより)

  • エルギネルペトン

    エルギネルペトンから見た古生物学古生物学

    かつては肉鰭類に分類されていたが、スウェーデン人古生物学者ペル・アールベリ () による1990年代初頭の再調査によって、極めて原始的な四肢動物であることが判明した。本種は近縁のオブルケウィクティス(オブルチェヴィクティスなどとも称。en)とともに、現在(2010年時点)骨格化石が得られている四肢動物としては最も古いものである。エルギネルペトン フレッシュアイペディアより)

  • パキケトゥス科

    パキケトゥス科から見た古生物学者古生物学

    明確なかたちで発見されたパキケトゥス科の最初の化石は、パキスタン北部にて1983年出土のパキケトゥス・イナクス(Pakicetus inachus)である。古生物学者フィリップ・ギンガーリッチらによってそれは見出された。それ以降、パキケトゥス科の化石は当地とインド西部から発見されている。パキケトゥス科 フレッシュアイペディアより)

  • ヒマラヤケトゥス

    ヒマラヤケトゥスから見た古生物学者古生物学

    化石は、古生物学者フィリップ・ギンガーリッチ(P.D.Gingerich)らによって、インドのヒマラヤ山麓はシムラ丘陵にある Subathu 累層から発見された。本種の生息当時は温暖で遠浅なテティス海とそれに面したローラシア大陸南岸地域であったところの岩層である。ワニのような生態を持ち、浅瀬で待ち伏せ型の狩りをする四つ足の肉食性哺乳類であったと考えられている。ヒマラヤケトゥス フレッシュアイペディアより)

  • レミングトノケトゥス

    レミングトノケトゥスから見た古生物学者古生物学

    化石は、古生物学者スニール・バジパイ(Sunil Bajpai)とハンス・テーヴィスン(J.G.M.Hans Thewissen)率いる調査隊によって、インド西部グジャラート州のカッチーKachchh(英語名:Kutch)地区にて発見された。1995年にはフィリップ・ギンガーリッチ(Gingerich)らによって、パキスタンのスライマーン地区のバビア丘陵(Babia Hills)からも発見されている。レミングトノケトゥス フレッシュアイペディアより)

  • ダラニステス

    ダラニステスから見た古生物学者古生物学

    化石は1995年、古生物学者スニール・バジパイ(Sunil Bajpai)とハンス・テーヴィスン(J.G.M.Hans Thewissen)率いる調査隊によって、パキスタンのスライマーン地区のバビア丘陵(Babia Hills)にて発見された。同年、フィリップ・ギンガーリッチ(Philip Gingerich)らにより記載される。ダラニステス フレッシュアイペディアより)

  • イクチオデクテス

    イクチオデクテスから見た古生物学古生物学

    アメリカの古生物学者エドワード・ドリンカー・コープによって1870年に化石が発見され、イクチオデクテス科の模式属として記載された。イクチオデクテス フレッシュアイペディアより)

  • メガピラニア

    メガピラニアから見た古生物学者古生物学

    これを元に古生物学者のアルベルト・シオーネらは2009年、メガピラニアは(草食魚)からピラニア(肉食魚)への進化過程の魚だったのではないかという研究結果を発表した。なお、歯の構造はピラニアとは異なっている。メガピラニア フレッシュアイペディアより)

  • 地球科学科

    地球科学科から見た古生物学古生物学

    地球科学の教育、研究がなされる学科で、かつては地学科や地質学科の名称の大学もあったが、近年では地球惑星科学科、地球環境学科などとする大学が多い。設立の経緯から、地質学、鉱物学、岩石学、古生物学といった分野だけの研究が行われている大学が多いが、物理学科の領域である天文学や地球物理学といった分野や文学部史学科の領域である地理学といった分野まで研究がされている大学もある。地球科学科 フレッシュアイペディアより)

418件中 41 - 50件表示

「古生物学」のニューストピックワード