418件中 51 - 60件表示
  • ネペンテス・アッテンボロギ

    ネペンテス・アッテンボロギから見た古生物学古生物学

    ボルネオ島やミンダナオ島の種との近縁性は、 の記載時に報告されていた観察結果と一貫するものであり、また古生物学な知見からも支持される。このような証拠に基づき Robinson らは、パラワン州やミンダナオ島の超苦鉄質岩質土壌に分布するこれらのウツボカズラ属の類縁種は、もともとボルネオ島にあった共通祖先から適応放散して生じたものであると結論付けている。ネペンテス・アッテンボロギ フレッシュアイペディアより)

  • バリンゴ湖

    バリンゴ湖から見た古生物学古生物学

    ホミノイドやホミニンの化石の発見をもたらしてくれる、考古学的に、また古生物学的に大きな意味を持つ場所があり、トゥゲンヒルズの中新世から更新世にかけての堆積シーケンスの中に存在している。バリンゴ湖 フレッシュアイペディアより)

  • イェーガンの首の発掘

    イェーガンの首の発掘から見た古生物学古生物学

    翌日、ブラッドフォード大学から派遣された法医学・古生物学者が骨折部分と1834年にトーマス・ペティグルーが残した記録とを比較検証し、頭蓋骨がイェーガンのものであることを同定した。イェーガンの首の発掘 フレッシュアイペディアより)

  • 紀

    から見た古生物学古生物学

    紀(き、)は、地質時代において代を細分する単位である。この範囲において地層の境界を定めた接尾語は「系」()である。例えばデボン紀の岩石はデボン系と呼ばれる。この表現は古生物学者達からは地質の年代というよりも古生物相の段階を指して発表の際に使われる場合がある。そのような描写は小説・映画『ジュラシックパーク』などでも見られる。 フレッシュアイペディアより)

  • 平胸類

    平胸類から見た古生物学古生物学

    しかし平胸類の単系統には、古生物学や動物地理学の面から Bock & Bühler (1990) や Elzanowski (1995) によって疑問が出された。最終的に Harshman et al. (2008) の分子系統により、古顎類の中で最初に分岐したのはダチョウ科であることが判明した。つまり、平胸類は多系統であり、竜骨突起の喪失は平胸類の進化の中で複数回起こった平行進化である。平胸類 フレッシュアイペディアより)

  • 堆積地質学会

    堆積地質学会から見た古生物学古生物学

    堆積学、層序学、古生物学、環境科学、海洋地質学、水文地質学、および関連分野の研究を扱う。2つの学術誌、Journal of Sedimentary Research (JSR) と PALAIOS を発刊している。堆積地質学会 フレッシュアイペディアより)

  • ニール・シュービン

    ニール・シュービンから見た古生物学者古生物学

    ニール・シュービン(''、1960年12月22日 - )は、アメリカ合衆国の古生物学者、進化生物学者、通俗科学者。ニール・シュービン フレッシュアイペディアより)

  • 大森昌衛

    大森昌衛から見た古生物学古生物学

    大森 昌衛(おおもり まさえ、1919年10月16日 - 2011年1月3日)は、日本の古生物学者、地質学者。麻布大学名誉教授。理学博士。大森昌衛 フレッシュアイペディアより)

  • カール・マルティン

    カール・マルティンから見た古生物学古生物学

    カール・マルティン(Johann Karl Ludwig Martin、1851年11月24日 - 1942年11月14日)はドイツの地質学者である。オランダで働き、ライデン地質学博物館の館長を務めた。古生物学や層序学、東インド諸島の新生代の動物、特に軟体動物の研究で知られる。カール・マルティン フレッシュアイペディアより)

  • ワンダフルライフ (書籍)

    ワンダフルライフ (書籍)から見た古生物学古生物学

    『ワンダフル・ライフ―バージェス頁岩と生物進化の物語』は、アノマロカリスに代表される古生代、約5億年前のカンブリア紀のバージェス動物群を紹介した書籍。著者の進化生物学者、スティーヴン・ジェイ・グールドが現在に子孫を残していない体制の動物たちを「奇妙奇天烈動物」と呼び、古生物学の見地から進化を一般向きに解説した早川書房刊行のベストセラー。ワンダフルライフ (書籍) フレッシュアイペディアより)

418件中 51 - 60件表示

「古生物学」のニューストピックワード