418件中 61 - 70件表示
  • 同定

    同定から見た古生物学古生物学

    地質の分野で同定とは、地層が堆積した時代区分を決定する行為を指す(地層同定の法則)。ただし、古生物学の分野では、地質学のそれとは別に、1.と同意で用いられることもある。同定 フレッシュアイペディアより)

  • 最大節約法

    最大節約法から見た古生物学古生物学

    古生物学に最大節約法を適用する場合の大きな問題として、2種の生物が同じ形質を共有する場合には必ずそれらが遺伝的に関係あると仮定していることがある。これは必ずしも正しくない。たとえば鳥とコウモリは羽を持ち、ワニやヒトは持たない。この表現型データに基づいて最大節約法を適用すると、鳥とコウモリ、ワニとヒトがグループを作ることになるが、ヒトは実際にはワニよりコウモリに近い。これと似た問題は、突然変異によって形質が祖先型に戻る「復帰変異」でも起きる。最大節約法は無根系統樹を用いるので、独立の前進変異と復帰変異は数学的には等価である。ただし現生の生物に関する限り、遺伝子型を決定する技術の進歩によりこの問題の重大性は減りつつある。最大節約法 フレッシュアイペディアより)

  • 生物地理学

    生物地理学から見た古生物学古生物学

    特定の地域(あるいは地球全体)の生態の解明に重点を置いた生態地理学、生態の区分論・区分の成立過程を解明する区系地理学、そしてプレートテクトニクス理論と生物分布の変遷の関係を解明する歴史生物地理学に細分化されるが、現在は歴史生物地理学が主体的で、古生物学との連携も大きい。こうした分布域とプレートの動きの連関を探るには、広範な分野への関心が必須である。生物地理学 フレッシュアイペディアより)

  • 近蹄類

    近蹄類から見た古生物学者古生物学

    学名 は、ラテン語「paene (almost、nearly、ほとんど…近い、近…)」と生物学名「ungulates (蹄を有するもの、有蹄動物、すなわち、有蹄哺乳類)」からなる合成語で、"almost ungulates"、「おおよそ、有蹄動物に近似のもの」「近有蹄動物」との意。米国人古生物学者ジョージ・ゲイロード・シンプソンによって、1945年に提唱された。近蹄類 フレッシュアイペディアより)

  • リチャード・スワン・ルル

    リチャード・スワン・ルルから見た古生物学者古生物学

    リチャード・スワン・ルル(Richard Swann Lull、1867年11月6日 - 1957年)は、20世紀に活動したアメリカ合衆国の古生物学者リチャード・スワン・ルル フレッシュアイペディアより)

  • リチャード・スワン・ルル

    リチャード・スワン・ルルから見た古生物学古生物学

    1894年にアマースト(現在のマサチューセッツ)で州立農業大学(現在のマサチューセッツ大学)で動物学の助教授になった。ルルの足跡化石への関心は、アマースト大学(足跡化石の研究で有名)で始まり、彼の進路は昆虫学から古生物学に変わった。リチャード・スワン・ルル フレッシュアイペディアより)

  • ダーウィニウス

    ダーウィニウスから見た古生物学者古生物学

    体長はおよそ25cmで、尾を含めた体長は50cm以上にもなる。模式標本は左の後ろ足が欠損しているが、ほぼ完全である。それは化石の断片のひとつを匿名の所有者から入手したノルウェーの古生物学者Jørn Hurumの娘にちなんでイダ(Ida)と言うニックネームが付けられた。骨格に加えて、イダの最後の食事である果物・葉の残りと、軟組織、体毛のアウトラインが残っている。イダは当初、原始的なキツネザルであると考えられた。しかし比較検証によって霊長類の特徴を持つことが明らかとなった。イダには重要な二つのキツネザルの解剖学的特徴、つまり足の毛繕い用のかぎ爪と、下あごのすきぐし状の歯の列が見つからない。その代わりに、キツネザルの長い顔と対照的に、イダは短い顔とヒトのように正面を向いた目を持ち、かぎ爪の代わりにけづめが、そして霊長類に類似した歯がある。化石には五本の指があり、ヒトのように向かい合った親指を持つ。それらは精密に握ることを可能にし、イダが木に登ったり木の実を取ることの助けとなったと考えられている。また柔軟で比較的短い四肢がある。ダーウィニウス フレッシュアイペディアより)

  • ダイナソープラネット (テレビ作品)

    ダイナソープラネット (テレビ作品)から見た古生物学者古生物学

    全4エピソード。白亜紀後期カンパニアンの世界を描いている。エピソードごとに主役級の恐竜を設定し、彼らに焦点を合わせつつ、共に生息する他の恐竜・古生物の生態、その時代の自然環境を再現している。なお本作では各話ごとに三回、古生物学者スコット・サンプソンがその物語に登場する恐竜の解説を行った。ダイナソープラネット (テレビ作品) フレッシュアイペディアより)

  • ウィリー・レイ (作家)

    ウィリー・レイ (作家)から見た古生物学古生物学

    レイはベルリンで生まれ、古生物学者になるため勉強していたが、ヘルマン・オーベルトの著作『Die Rakete zu den Planetenraumen (惑星空間へのロケット) 』を読んだ後、宇宙飛行に対する関心を持った。彼はすぐに、『Die Fahrt in den Weltraum (宇宙旅行) 』という彼自身の本を1926年に出版した。ウィリー・レイ (作家) フレッシュアイペディアより)

  • カリカック家

    カリカック家から見た古生物学古生物学

    古生物学者で著名なサイエンスライターのスティーヴン・ジェイ・グールドは、本書の初期の版で、写真の眼や口に黒い線を入れたり、狂人に見えるかのように眼を黒く塗りつぶしたりといった、カリカック家の人々を明らかに邪悪に見せたり知恵遅れの顔つきに見せる為の修正が施されたことを始め、これらの研究が、調査員の直感による合理性の乏しい調査手法に基づくものであること、さらにゴッダードがこれらの調査官は経験により面接したことのない人々の知能程度まで判断出来ると述べている事などを挙げ、ゴッダードの研究は、はじめから決められた結論を根拠とする当て推量以上の何物でもないと結論付けている。カリカック家 フレッシュアイペディアより)

418件中 61 - 70件表示

「古生物学」のニューストピックワード