326件中 71 - 80件表示
  • トーマス・デイヴィッドソン (生物学者)

    トーマス・デイヴィッドソン (生物学者)から見た古生物学者古生物学

    トーマス・デイヴィッドソン(Thomas Davidson、1817年5月17日 - 1885年10月14日)は、イギリスの古生物学者である。トーマス・デイヴィッドソン (生物学者) フレッシュアイペディアより)

  • プロビー・トマス・コートレー

    プロビー・トマス・コートレーから見た古生物学者古生物学

    プロビー・トマス・コートレー(Proby Thomas Cautley、1802年 - 1871年1月25日)はイギリスの土木技術者、古生物学者である。インドのガンジス運河の建設で知られる。ヒュー・ファルコナーと共に化石の収集、研究を行い、1837年にロンドン地質学会からウォラストン・メダルを受賞した。プロビー・トマス・コートレー フレッシュアイペディアより)

  • 学問・文系 (2ちゃんねるカテゴリ)

    学問・文系 (2ちゃんねるカテゴリ)から見た古生物学古生物学

    2003年10月15日、古生物学に関する板が地球科学板や野生生物板にまたがることから、古生物学と考古学の区別がつかなかった管理人によって勘違いで設置された。新規住人によってそれを指摘され、最終的に古生物学は扱わないことに決定された。ローカルルールではネアンデルタール人、猿人などの旧人の生態・遺伝学に関する話題は地理・人類学板や生物板、マンモスなどの古生物の生態に関する話題は生物板か野生生物板、化石・恐竜などの話題は地球科学板、海底遺跡・ムー大陸など遺跡を伴わない伝説に関する話題はオカルト板、邪馬台国など歴史書・古文書を中心とする話題は日本史板か世界史板で扱うとされている。学問・文系 (2ちゃんねるカテゴリ) フレッシュアイペディアより)

  • ハンス・ブルノ・ガイニッツ

    ハンス・ブルノ・ガイニッツから見た古生物学者古生物学

    ハンス・ブルノ・ガイニッツ(Hanns Bruno Geinitz, 1814年10月16日 - 1900年1月28日)はドイツの地質学者、古生物学者である。ハンス・ブルノ・ガイニッツ フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・オストロム

    ジョン・オストロムから見た古生物学古生物学

    ジョン・H・オストロム(John H. Ostrom、1928年2月18日 - 2005年7月16日)はアメリカの古生物学者であり、1960年代における恐竜への現代的な理解への改革を行った。彼は恐竜がトカゲ(爬虫類)のようなものではなく、むしろ大きな飛ばない鳥であるという、1860年代にトマス・ヘンリー・ハクスリーにより初めて提案されたもののあまり支持を得ていなかったアイディアを論証した。初めてのオストロムによる原始的な鳥類である始祖鳥ついての広範な骨学と系統学についてのレビューは1976年に発表された。中国における最終的な羽毛恐竜の発見に対する彼の反応は、何年もの辛らつな討論の後であったため、ほろ苦いものであった(Gentile, 2000)。ジョン・オストロム フレッシュアイペディアより)

  • カール・アルフレート・フォン・ツィッテル

    カール・アルフレート・フォン・ツィッテルから見た古生物学者古生物学

    カール・アルフレート・フォン・ツィッテル(Karl Alfred von Zittel, 1839年9月25日 - 1904年1月5日)はドイツの古生物学者、地質学者である。カール・アルフレート・フォン・ツィッテル フレッシュアイペディアより)

  • レオナード・ウイルス

    レオナード・ウイルスから見た古生物学者古生物学

    レオナード・ウイルス(Leonard Johnston Wills、1884年2月27日 - 1979年12月12日)はイギリスの古生物学者である。レオナード・ウイルス フレッシュアイペディアより)

  • ライアル・ワトソン

    ライアル・ワトソンから見た古生物学古生物学

    ライアル・ワトソンはヨハネスブルグで生まれ、マルコム・ライアル・ワトソンと名付けられた。幼少時より周囲の自然界に関心を抱き、ズールー人の老人に教えを受けた。ケープタウンの高校を1955年に卒業し、翌1956年にウィットウォーターズランド大学に入学、植物学と動物学を修めた後、レイモンド・ダートに弟子入りし古生物学を学んだ。この経験がきっかけとなり、ドイツやオランダで人類学の研究に従事。後に地質学、化学、海洋生物学、環境学、人類学などにおいても学位を取得した。ワトソンはロンドン大学で、デズモンド・モリスに師事し、動物行動学において博士号を取得している。また、BBC(英国放送協会)で自然ドキュメンタリーのライター、プロデューサーとしても働いた。この時期に、名前をライアル・ワトソンに短縮した。上記のほか、ヨハネスブルグ動物園の園長や、様々な地域への探検隊長、国際捕鯨委員会のセーシェル担当コミッショナーなどの職歴がある。1980年代後半には英国のチャンネル4で、大相撲ロンドン場所のプロデュース・解説を務めた。ライアル・ワトソン フレッシュアイペディアより)

  • 原田豊吉

    原田豊吉から見た古生物学古生物学

    東京外国語学校卒業。1874年(明治7年)ドイツへ留学し、フライベルク鉱山学校を卒業。ハイデルベルク大学で地質学、ミュンヘン大学で古生物学を学んで学位を取得した。1883年(明治16年)帰国し、農商務省地質調査所に奉職した。1884年(明治17年)東京帝国大学理科大学の地質学教授を兼任した。ハインリッヒ・エドムント・ナウマンが帰国した1885年(明治18年)以降は局に昇格した地質局の中心となり、1886年(明治19年)地質局次長となる。1888年(明治21年)に『日本地質構造論』を発表しナウマンの、フォッサマグナによる日本分断説に反対、原田・ナウマン論争を引き起こした。原田の主張では、日本列島は日本北弧(樺太山系)と日本南弧(支那山系)の二つからなり,両弧が衝突した接合部は関東付近にありフォッサマグナのような大地溝帯は存在しないとした。現代の知見ではナウマンの主張が正しかったと考えられている。原田豊吉 フレッシュアイペディアより)

  • ギデオン・マンテル

    ギデオン・マンテルから見た古生物学古生物学

    ギデオン・アルジャーノン・マンテル(Gideon Algernon Mantell、1790年2月3日 - 1852年10月10日)は、19世紀前半にイグアノドンの歯の化石を発見し、その研究・同定を行ったイギリス人医師である。恐竜を最初に発見した人物として知られる。地質学や古生物学の造詣が深く、晩年まで熱心に研究を続けた。ギデオン・マンテル フレッシュアイペディアより)

326件中 71 - 80件表示

「古生物学」のニューストピックワード

  • 南米アルゼンチン植物化石

  • カレント・バイオロジー(Current Biology)

  • フレッシュキャンパスコンテスト2016