418件中 81 - 90件表示
  • 定向進化説

    定向進化説から見た古生物学古生物学

    定向進化を生物のもつ内在的な特徴であると見なし、生物の進化がそれによって方向づけられていると説明する説を定向進化説という。T.アイマー、E.D.コープ、H.F.オズボーンら古生物学者によって提唱された説である。いずれも定向進化を生物のもつ特徴と見なす点では共通するが、その原因の説明は必ずしも共通せず、現象面の指摘に止めるものから、それを引き起こす生物内の原因を仮定する立場まで幅広い。しかし、一般にその理由を生物内にある方向づけに求める印象があることから、ジャン=バティスト・ラマルクの進化論の流れをくむ、いわゆるネオ・ラマルキズムの一つと見なされ、否定的に判断される場合が多い。分子遺伝学の理論からも、これを支持するのは困難である。定向進化説 フレッシュアイペディアより)

  • エドワード・オスカー・ウールリッチ

    エドワード・オスカー・ウールリッチから見た古生物学者古生物学

    エドワード・オスカー・ウールリッチ( Edward Oscar Ulrich、1857年2月1日 - 1944年2月22日)は、アメリカの古生物学者である。無脊椎動物の化石の研究で知られる。エドワード・オスカー・ウールリッチ フレッシュアイペディアより)

  • ロバート・レークス・シュロック

    ロバート・レークス・シュロックから見た古生物学者古生物学

    ロバート・レークス・シュロック(Robert Rakes Shrock、1904年8月27日 - 1993年6月22日)は、アメリカ合衆国の古生物学者、地質学者である。ロバート・レークス・シュロック フレッシュアイペディアより)

  • ジュゼッペ・メネギーニ

    ジュゼッペ・メネギーニから見た古生物学者古生物学

    パドヴァに生まれた。医学を学んだ。1848年から動物学と植物学を教え、ピサ大学の地質学の教授となり、イタリアの地質学者や古生物学者を多く育てた。1860年にイタリア科学アカデミーの会員に選ばれた。ジュゼッペ・メネギーニ フレッシュアイペディアより)

  • 大陸移動説

    大陸移動説から見た古生物学古生物学

    1912年1月6日に、フランクフルト・アム・マインで行われた地質学会の席上で、ウェーゲナーは太古の時代に大西洋両岸の大陸が別々に漂流したとする「大陸移動説」を発表した。ウェーゲナーの大陸移動説は、測地学、地質学、古生物学、古気候学、地球物理学など様々な当時最新の資料を元にして構築されたもので、彼以前の説とは詳細度や学術的正確性などがはっきり異なったものだった。また、明確に「大陸移動(continental drift)」という言葉を使ったのもウェーゲナーが最初であった。大陸移動説 フレッシュアイペディアより)

  • 自然の斉一性

    自然の斉一性から見た古生物学古生物学

    わかりやすい例として、地質学や古生物学の初期においてジェームズ・ハットンとチャールズ・ライエルによって導入された斉一説は、地層の形成や化石の生成を古代に存在した大事件で説明しようとする天変地異説に対し、過去の現象を現在の日々行なわれている現象の積み重ねで説明するものであった。このことで、過去の再検証が可能となる。地質学や古生物学はこの学説の下で初めて「科学」として進歩し、多くの現象が斉一説の流れの中で理解できるようになったのである。斉一説に基づいて積み重ねられた知識を踏まえた上で、それでも天変地異があった事を認めた「白亜期末に隕石が落下して恐竜を滅ぼした」という説もあるが、一見、斉一性原理を無視したように見えるこの説も、基本的考え方は斉一説に基づいており、一足飛びに天変地異に飛びついたものではない。自然の斉一性 フレッシュアイペディアより)

  • フランツ・ウンガー

    フランツ・ウンガーから見た古生物学者古生物学

    フランツ・ヨーゼフ・アンドレアス・ニコラウス・ウンガー(Franz Joseph Andreas Nicolaus Unger、1800年11月30日 - 1870年2月13日)は、オーストリアの植物学者、古生物学者である。フランツ・ウンガー フレッシュアイペディアより)

  • モントーク・モンスター

    モントーク・モンスターから見た古生物学古生物学

    しかし、米英の動物学や古生物学の専門家らが画像を検討した結果、頭部や四肢の形状からアライグマと考えて何の矛盾もないとされている。当初発表された画像では嘴のように見えた突起も、違う角度からの写真では上顎骨である事がわかり、体毛も一部残っていた。また、家畜疾病センターの所長は、当センターは1956年に農務省の管轄になり、軍の仕事とは一切関係ない事、遺伝子操作は一切行なっていない事を明言し、モントーク・モンスターの正体は、顎骨の特徴から考えてボクサーもしくはブルドッグなどのイヌであると言う。モントーク・モンスター フレッシュアイペディアより)

  • ネオ進化論

    ネオ進化論から見た古生物学古生物学

    その理論は考古学、古生物学と史学史のようなフィールドからの経験的な証拠に基づいている。提案者がネオ進化論が、モラルか文化的なシステムの価値に対するどんな言及でも排除しているため客観的であり、ただ記述的であると言う。その進化の過程の一般原則を与えることによって、19世紀の進化主義が文化がどのように発達するか説明した間に、それは歴史的個別主義によって、20世紀初めに非科学的であるとして(進化主義は)捨て去られた。進化の思考を持って戻ってきた新進化的思索家が、現代の人類学にとって受け入れられるためにネオ進化論を開発したのである。ネオ進化論 フレッシュアイペディアより)

  • 花井哲郎 (地球科学者)

    花井哲郎 (地球科学者)から見た古生物学古生物学

    花井 哲郎(はない てつろう、1924年3月13日 - 2007年10月26日)は、日本の地球科学者。専門は古生物学。神奈川県生まれ。花井哲郎 (地球科学者) フレッシュアイペディアより)

418件中 81 - 90件表示

「古生物学」のニューストピックワード