前へ 1 2
19件中 1 - 10件表示
  • ツエーゲン金沢

    ツエーゲン金沢から見た古田寛幸古田寛幸

    一方で湘南から安東輝、横浜FMから熊谷アンドリュー、川崎から可児壮隆と安柄俊を期限付き移籍で、山形から山崎雅人、群馬から小柳達司、札幌から古田寛幸、CRヴァスコ・ダ・ガマからロマリーニョ、鳥取から馬渡和彰を完全移籍で獲得、尚州尚武FCU-18からキム・テソン、別内ユナイテッドからキム・ヨンホンが入団した。ツエーゲン金沢 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年J2最終節

    2011年J2最終節から見た古田寛幸古田寛幸

    札幌は序盤から湘南のMFアジエルを起点とした攻撃に苦しみ、前半を無失点で終えるのがやっとだった。後半12分、札幌はFW近藤祐介を投入し、システムを3-5-2に変更して逆襲。後半16分にMF砂川誠からのパスを近藤が中央で受け、落としたところへMF古田寛幸が走り込んでこれを決め、札幌が先制。札幌は後半38分にも近藤のアシストからMF宮澤裕樹が決め、札幌が2-0で勝利。この時点で鳥栖・徳島・札幌の3チームの勝ち点が65で並び、第37節で昇格確定のチームが出ることはなくなった。2011年J2最終節 フレッシュアイペディアより)

  • カマタマーレ讃岐

    カマタマーレ讃岐から見た古田寛幸古田寛幸

    シーズン途中にSCコリンチャンス・アラゴアーノからG大阪に期限付き移籍していたエブソン、札幌から古田寛幸が加入。カマタマーレ讃岐 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田寛幸

    吉田寛幸から見た古田寛幸古田寛幸

    吉田寛幸 フレッシュアイペディアより)

  • 砂川誠

    砂川誠から見た古田寛幸古田寛幸

    2009年、この年より新しく監督に石崎信弘が就任するが、西大伍が主力に成長したのと藤田征也が復調した事に加えて、プロ2年目の宮澤裕樹が積極的に攻撃的な中盤でも起用された事、夏場以降は高校3年生で2種登録選手の古田寛幸が先発起用された事もあって、リーグ戦の殆どの試合を途中交代で起用された。3月15日J2第2節鳥栖戦の後半23分にダニルソンに代わり途中出場を果たすと後半41分にシーズン初ゴールを挙げ、5月5日J2第13節栃木戦の後半15分に岡本賢明に代わり途中出場を果たすと後半43分にクライトンの決勝ゴールをアシストするなど、限られた出場時間の中でチームを勝利を導く働きを見せ、また、主力選手の不在時にはその代役を努めゴールも挙げた。砂川誠 フレッシュアイペディアより)

  • 上原拓郎

    上原拓郎から見た古田寛幸古田寛幸

    地元札幌のクラブチームアンフィニMAKI.FCU-12、U-15を経て、中学卒業後はコンサドーレ札幌U-18に入団した。札幌U-18時代の同期には古田寛幸、工藤光輝がいる。3年生時には主将を務め日本クラブユースサッカー選手権 (U-18)大会に出場しグループリーグ敗退となったものの、扇原貴宏、杉本健勇らを擁しこの大会で優勝するC大阪U-18を相手に唯一勝利を収めるなど、中心選手として活躍していたがトップチーム昇格は適わず、高校卒業後は北海道教育大学岩見沢校に進学した。上原拓郎 フレッシュアイペディアより)

  • 日高拓磨

    日高拓磨から見た古田寛幸古田寛幸

    2014年は内村圭宏、古田寛幸と共に札幌の副キャプテンに就任することが決定。リーグ戦開幕前の2月9日に行われた練習試合で左足腸腰筋肉離れの怪我を負い、全治4〜6週と診断され 開幕戦からの試合出場は絶望的となったものの、驚異的な回復を見せたことで3月2日J2第1節磐田戦で控えメンバー入りを果たす。この試合では試合終盤に菊岡拓朗と交替で途中出場すると相手攻撃陣を無失点に抑え開幕戦勝利に貢献した。5月に故障、椎間板ヘルニアと診断され手術を行い、100日以上離脱することになった。日高拓磨 フレッシュアイペディアより)

  • 曵地裕哉

    曵地裕哉から見た古田寛幸古田寛幸

    2008年12月15日、1学年下の古田寛幸と共にトップチームへの昇格が発表された。翌年の新加入選手会見では「数少ないチャンスをモノにしてJリーグデビューを果たしたい」とコメントしていたが、2009年は荒谷弘樹、2010年は高原寿康、2011年は李昊乗、2012年は杉山哲が正GKに据えられ、度重なる怪我もあり、プロ入り後の4年間で実現する事はなかった。曵地裕哉 フレッシュアイペディアより)

  • 岡本賢明

    岡本賢明から見た古田寛幸古田寛幸

    2010年はこの年より加入した内村圭宏、2年目の古田寛幸の台頭に加え、シーズン途中には高木純平が加入しポジション争いが激化する中で公式戦19試合に出場し4ゴールを挙げた。中でも9月5日の天皇杯2回戦盛岡戦ではプロ入り後初の1試合2ゴールを挙げ勝利に貢献した。10月には前年に続けて右膝の怪我を負い残りのシーズンを棒に振った。岡本賢明 フレッシュアイペディアより)

  • 河合竜二

    河合竜二から見た古田寛幸古田寛幸

    2012年は前年に続きこの年も札幌のキャプテンを務め、チームの中心選手として攻守を支え続けるも一向にチームの勝利には結びつかず、Jリーグ史上最速降格記録を更新するなど非常に厳しいシーズンとなる。リーグ戦が開幕すると、センターバックでは山下達也が退団するも、オーストラリア代表のノースの加入と、前年終盤に成長を見せた櫛引一紀、高卒新人の奈良竜樹の存在もあって、河合はほとんどの試合を、宮澤裕樹、この年に移籍加入した山本真希、高卒新人の前貴之らとダブルボランチを組んで戦った。開幕戦からスタメン起用され続けていた一方でチームは勝てず序盤から最下位に沈み、リーグ戦で初勝利を挙げられたのは5月3日のJ1第9節C大阪戦であり、河合はこの試合で攻守を支えC大阪の攻撃陣を無失点に抑え勝利に貢献した。8年間在籍した古巣との対戦となった5月6日のJ1第10節横浜FM戦にもボランチとして先発で起用されるが敗戦。7月7日J1第17節新潟戦で負傷退場を喫してしまい長期離脱を余儀なくされるも、戦列復帰後も主力選手として起用され続け、9月29日のJ1第27節川崎戦で敗戦しJ2降格が決定してしまうと、続く10月6日J1第28節浦和戦では、強力な浦和の攻撃を防いだのみならず攻撃でも古田寛幸の先制点の起点となるパスなどで貢献し、2002年まで在籍した古巣を相手に勝利を収めた。シーズンオフにはJ2降格による緊縮財政に伴い多くの主力選手が退団するが、河合は「移籍をすることは少しも考えなかった」として札幌残留を明言。12月28日には契約更新の旨がクラブから正式に発表され、翌シーズンも引き続き札幌で戦う事が決まった。河合竜二 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
19件中 1 - 10件表示