古田肇 ニュース&Wiki etc.

古田 肇(ふるた はじめ、1947年(昭和22年)9月13日 - )は、日本の政治家。岐阜県知事。 (出典:Wikipedia)

「古田肇」Q&A

  • Q&A

    岐阜県警察本部の飛騨警察署の警察官がは、平成一刻が岐阜家庭裁判所高山支部を批判したビ…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年2月10日 12:28

  • Q&A

    読書家の皆さんこんばんわ 2015年は 異常なカップルを異常と呼ぶことができなくなっ…

    [続きを読む]

    回答数:3質問日時 - 2015年12月10日 20:53

  • Q&A

    岐阜側からの御嶽登山、届け出義務化へ 県が条例改正案 57人が死亡、6人が行方不明と…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2014年10月26日 13:23

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「古田肇」のつながり調べ

  • 薫田大二郎

    薫田大二郎から見た古田肇

    2012年、県知事の古田肇からJリーグ・FC岐阜の社長就任の要請を受け、経営悪化の責任を取り辞任した今西和男の後任として9月1日付で代表取締役社長に就任。(薫田大二郎 フレッシュアイペディアより)

  • 第20回国民体育大会

    第20回国民体育大会から見た古田肇

    炬火採火式は全国的に有名な東京大学東京天文台コロナ観測所のある乗鞍山頂(3,026m)で10月21日、県立斐太高校生高松典子さんの手によって集光鏡により太陽光線から採火され行われた。山頂は前日からの小雪も降り止み、白銀まばゆい雪上で紺碧の空より降り注ぐ太陽光線から採火された炬火は平湯峠まで運ばれ、当時の岐阜県知事である松野幸泰知事によって点火式が行われ、14市町村を経て開会式場である岐阜県総合運動場陸上競技場まで全行程198.3km、128区間を4日間にわたり1,536人により開会式会場までリレーされた。最終炬火ランナーは当時岐阜高校の3年生だった古田肇(第51代 岐阜県知事)である。(第20回国民体育大会 フレッシュアイペディアより)

「古田肇」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「古田肇」のニューストピックワード