34件中 21 - 30件表示
  • 古田肇

    古田肇から見た柔道部

    岐阜県立岐阜高等学校在学中は生徒会長、応援団長を務めたほか、柔道部に所属。3年の時、1965年の第20回岐阜国体で最終炬火ランナーを務めた。岐阜県知事在任中の2012年の第67回ぎふ清流国体でも開会挨拶の後で炬火ランナーを務めた。古田肇 フレッシュアイペディアより)

  • 古田肇

    古田肇から見たレジオン・ドヌール勲章

    2011年6月 - フランスのレジオン・ドヌール勲章シュヴァリエ受章古田肇 フレッシュアイペディアより)

  • 古田肇

    古田肇から見た愛・地球博

    経済産業省商務流通審議官在職中は愛・地球博(愛知万博)の責任者を務め、事業計画の立案に尽力した。古田肇 フレッシュアイペディアより)

  • 古田肇

    古田肇から見た岐阜市立加納中学校

    岐阜県岐阜市生まれ。岐阜市立加納中学校、岐阜県立岐阜高等学校、東京大学法学部卒業。1971年、通商産業省(現経済産業省)に入省した。同期入省に杉山秀二(事務次官)、今井康夫(特許庁長官)、鹿島幾三郎らがいる。1994年、羽田孜内閣総理大臣の秘書官に就任し、村山富市内閣総理大臣の下でも引き続き首相秘書官を務めた。1996年、参議院岐阜県選挙区補欠選挙の候補者に目されるが、出馬を見送った。2002年、外務省に出向し経済協力局長に就任。川口順子外務大臣の下、ODA(政府開発援助)改革に尽力した。2004年9月、梶原拓岐阜県知事(当時)から後継指名を受け、経済産業省を退官した。古田肇 フレッシュアイペディアより)

  • 古田肇

    古田肇から見た日本

    古田 肇(ふるた はじめ、1947年9月13日 - )は、日本の通産・経産・外務官僚、外交官、政治家。岐阜県知事(3期)。古田肇 フレッシュアイペディアより)

  • 古田肇

    古田肇から見た第20回国民体育大会

    岐阜県立岐阜高等学校在学中は生徒会長、応援団長を務めたほか、柔道部に所属。3年の時、1965年の第20回岐阜国体で最終炬火ランナーを務めた。岐阜県知事在任中の2012年の第67回ぎふ清流国体でも開会挨拶の後で炬火ランナーを務めた。古田肇 フレッシュアイペディアより)

  • 古田肇

    古田肇から見た生徒会長

    岐阜県立岐阜高等学校在学中は生徒会長、応援団長を務めたほか、柔道部に所属。3年の時、1965年の第20回岐阜国体で最終炬火ランナーを務めた。岐阜県知事在任中の2012年の第67回ぎふ清流国体でも開会挨拶の後で炬火ランナーを務めた。古田肇 フレッシュアイペディアより)

  • 古田肇

    古田肇から見た東京大学大学院法学政治学研究科・法学部

    岐阜県岐阜市生まれ。岐阜市立加納中学校、岐阜県立岐阜高等学校、東京大学法学部卒業。1971年、通商産業省(現経済産業省)に入省した。同期入省に杉山秀二(事務次官)、今井康夫(特許庁長官)、鹿島幾三郎らがいる。1994年、羽田孜内閣総理大臣の秘書官に就任し、村山富市内閣総理大臣の下でも引き続き首相秘書官を務めた。1996年、参議院岐阜県選挙区補欠選挙の候補者に目されるが、出馬を見送った。2002年、外務省に出向し経済協力局長に就任。川口順子外務大臣の下、ODA(政府開発援助)改革に尽力した。2004年9月、梶原拓岐阜県知事(当時)から後継指名を受け、経済産業省を退官した。古田肇 フレッシュアイペディアより)

  • 古田肇

    古田肇から見た岐阜県立岐阜高等学校

    岐阜県岐阜市生まれ。岐阜市立加納中学校、岐阜県立岐阜高等学校、東京大学法学部卒業。1971年、通商産業省(現経済産業省)に入省した。同期入省に杉山秀二(事務次官)、今井康夫(特許庁長官)、鹿島幾三郎らがいる。1994年、羽田孜内閣総理大臣の秘書官に就任し、村山富市内閣総理大臣の下でも引き続き首相秘書官を務めた。1996年、参議院岐阜県選挙区補欠選挙の候補者に目されるが、出馬を見送った。2002年、外務省に出向し経済協力局長に就任。川口順子外務大臣の下、ODA(政府開発援助)改革に尽力した。2004年9月、梶原拓岐阜県知事(当時)から後継指名を受け、経済産業省を退官した。古田肇 フレッシュアイペディアより)

  • 古田肇

    古田肇から見た内閣総理大臣秘書官

    岐阜県岐阜市生まれ。岐阜市立加納中学校、岐阜県立岐阜高等学校、東京大学法学部卒業。1971年、通商産業省(現経済産業省)に入省した。同期入省に杉山秀二(事務次官)、今井康夫(特許庁長官)、鹿島幾三郎らがいる。1994年、羽田孜内閣総理大臣の秘書官に就任し、村山富市内閣総理大臣の下でも引き続き首相秘書官を務めた。1996年、参議院岐阜県選挙区補欠選挙の候補者に目されるが、出馬を見送った。2002年、外務省に出向し経済協力局長に就任。川口順子外務大臣の下、ODA(政府開発援助)改革に尽力した。2004年9月、梶原拓岐阜県知事(当時)から後継指名を受け、経済産業省を退官した。古田肇 フレッシュアイペディアより)

34件中 21 - 30件表示

「古田肇」のニューストピックワード