31件中 21 - 30件表示
  • 古田肇

    古田肇から見たフランス

    1971年に通産省(現:経済産業省)に入省。同期に、杉山秀二(事務次官)、今井康夫(特許庁長官)、鹿島幾三郎など。フランス留学やニューヨーク勤務のほか、中央省庁再編の激動期だった羽田、村山の両内閣で首相秘書官を経験し、阪神・淡路大震災(1995年)では危機管理の重要さを実感した。1996年の参院岐阜選挙区における補選で候補者として白羽の矢がたったこともある。経産省審議官時代には、愛・地球博(愛知万博)の責任者として事業計画立案などに奔走し、小泉首相に直談判に及んだこともある。古田肇 フレッシュアイペディアより)

  • 古田肇

    古田肇から見た内閣総理大臣秘書官

    1994年4月:内閣総理大臣秘書官(羽田内閣、村山内閣)古田肇 フレッシュアイペディアより)

  • 古田肇

    古田肇から見た愛・地球博

    1971年に通産省(現:経済産業省)に入省。同期に、杉山秀二(事務次官)、今井康夫(特許庁長官)、鹿島幾三郎など。フランス留学やニューヨーク勤務のほか、中央省庁再編の激動期だった羽田、村山の両内閣で首相秘書官を経験し、阪神・淡路大震災(1995年)では危機管理の重要さを実感した。1996年の参院岐阜選挙区における補選で候補者として白羽の矢がたったこともある。経産省審議官時代には、愛・地球博(愛知万博)の責任者として事業計画立案などに奔走し、小泉首相に直談判に及んだこともある。古田肇 フレッシュアイペディアより)

  • 古田肇

    古田肇から見た岐阜市立加納中学校

    岐阜県岐阜市出身。岐阜市立加納中学校、岐阜県立岐阜高等学校、東京大学法学部卒。古田肇 フレッシュアイペディアより)

  • 古田肇

    古田肇から見た日本

    古田 肇(ふるた はじめ、1947年(昭和22年)9月13日 - )は、日本の政治家。岐阜県知事。古田肇 フレッシュアイペディアより)

  • 古田肇

    古田肇から見た第20回国民体育大会

    高校時代は生徒会長、応援団長を務めたほか、柔道部に所属、3年の時、1965年の第20回岐阜国体で最終炬火(きょか)ランナーであった。古田肇 フレッシュアイペディアより)

  • 古田肇

    古田肇から見たニューヨーク

    1971年に通産省(現:経済産業省)に入省。同期に、杉山秀二(事務次官)、今井康夫(特許庁長官)、鹿島幾三郎など。フランス留学やニューヨーク勤務のほか、中央省庁再編の激動期だった羽田、村山の両内閣で首相秘書官を経験し、阪神・淡路大震災(1995年)では危機管理の重要さを実感した。1996年の参院岐阜選挙区における補選で候補者として白羽の矢がたったこともある。経産省審議官時代には、愛・地球博(愛知万博)の責任者として事業計画立案などに奔走し、小泉首相に直談判に及んだこともある。古田肇 フレッシュアイペディアより)

  • 古田肇

    古田肇から見た岐阜県庁裏金問題

    当選後、公約でもある前知事、梶原拓が進めた政策の総点検を行っている。また、岐阜県庁の職員による裏金問題が発覚し、対策をとる手腕が問われる。古田肇 フレッシュアイペディアより)

  • 古田肇

    古田肇から見た首相秘書官

    1971年に通産省(現:経済産業省)に入省。同期に、杉山秀二(事務次官)、今井康夫(特許庁長官)、鹿島幾三郎など。フランス留学やニューヨーク勤務のほか、中央省庁再編の激動期だった羽田、村山の両内閣で首相秘書官を経験し、阪神・淡路大震災(1995年)では危機管理の重要さを実感した。1996年の参院岐阜選挙区における補選で候補者として白羽の矢がたったこともある。経産省審議官時代には、愛・地球博(愛知万博)の責任者として事業計画立案などに奔走し、小泉首相に直談判に及んだこともある。古田肇 フレッシュアイペディアより)

  • 古田肇

    古田肇から見たフランス国立行政学院

    1974年6月:フランス国立行政学院(ENA)へ留学古田肇 フレッシュアイペディアより)

31件中 21 - 30件表示

「古田肇」のニューストピックワード