前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
164件中 1 - 10件表示
  • 広島東洋カープ

    広島東洋カープから見た古葉竹識古葉竹識

    しかし開幕早々の4月27日の対阪神戦において佐伯和司の投球判定を巡って猛抗議、試合のボイコットを起こす騒動となった。この時、重松良典球団代表が試合続行を指示したため、試合中の介入に不満を持ったルーツは4月30日に監督辞任、5月2日までの代行にコーチの野崎泰一が就き、翌5月3日古葉竹識がコーチから監督に就任。この年のオールスターゲームの第1戦(甲子園)では山本浩二と衣笠祥雄が共に1試合2本塁打を記録するなど、「赤ヘル旋風」を巻き起こした。広島東洋カープ フレッシュアイペディアより)

  • 1985年の野球

    1985年の野球から見た古葉竹識古葉竹識

    9月27日 - 広島の監督の古葉竹識が監督辞任を表明。1985年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 長嶋清幸

    長嶋清幸から見た古葉竹識古葉竹識

    1年目のに一軍デビューを果たし、にこれまでの66から、日本プロ野球の公式戦出場選手で初の背番号0を着用し、ダイヤモンドグラブ賞(現・ゴールデンクラブ賞)に輝く。監督の古葉竹識に重用され、チャンスに強いバッティングと安定した守備、また俊足ということもあり、山本浩二を左翼手に追いやり、中堅手のレギュラーに定着し、合計4度のゴールデンクラブ賞を受賞する。長嶋清幸 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋里志

    高橋里志から見た古葉竹識古葉竹識

    1973年は敦賀へ戻り定職に付かなかったが、に南海コーチから広島東洋カープコーチとなった古葉竹識に誘われ広島へ打撃投手として契約。シーズン中に投手として復帰した。高橋里志 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋慶彦

    高橋慶彦から見た古葉竹識古葉竹識

    入団後間もなく打者に転向、監督の古葉竹識の指令でスイッチヒッターとなるべく打撃コーチの山本一義と共に猛特訓を開始。決して恵まれた体格ではなかったが、並外れた練習量とウエイトトレーニングで実力をつけ、からレギュラーに定着した。高橋慶彦 フレッシュアイペディアより)

  • 江夏の21球

    江夏の21球から見た古葉竹識古葉竹識

    両チーム3勝3敗で迎えた第7戦は、小雨が降る中で試合が進み、7回表を終了した時点で4対3と広島がリードしていた。広島・古葉竹識監督は万全を期すため、絶対的なリリーフエース、江夏豊を7回裏からマウンドへ送っていた。迎えた9回裏、近鉄の攻撃。この回を抑えれば広島は優勝、球団史上初の日本一となる。ところが、同じく初の日本一を目指す近鉄もただでは終わらなかった。先頭の6番打者・羽田耕一が初球に安打を放って出塁し、にわかに場面は緊迫する。以下は、この回に江夏が投じた全21球とそれに伴う試合の様子である。江夏の21球 フレッシュアイペディアより)

  • 津田恒実

    津田恒実から見た古葉竹識古葉竹識

    同年のドラフト会議で広島東洋カープに1位指名され入団。入団当初から古葉竹識監督も大きな期待を寄せていた。1年目の1982年に先発投手として11勝6敗の成績を残し、球団初の新人王に輝く。しかし2年目の後半戦以降は、ルーズショルダー や中指の血行障害などに悩まされ、登板機会が激減。津田恒実 フレッシュアイペディアより)

  • 白石勝巳

    白石勝巳から見た古葉竹識古葉竹識

    終戦後はにパシフィック、にノンプロ・植良組(別府市)、に再び巨人を経て、郷土に創設された初の市民球団、広島カープ創設に参画。弱小球団と呼ばれ続けたチームを牽引し、何度も存続の危機に見舞われたチームを救った。創設時の広島では唯一のスター選手で、観客はみな白石を見に行ったとさえ言われる。広島カープ初代背番号1。3月16日、広島カープ第一号本塁打(福山三菱球場、対中日一回戦)。、初代監督石本秀一に代わり広島監督に就任(選手兼任監督)。7月7日の対国鉄戦、プロ野球史上最速で通算1500試合出場。シーズン終了後に現役を引退し監督専任。に念願の勝率5割を果たし監督退任。1961年から1962年まで球団重役。からシーズン途中まで再び監督を務め、古葉竹識と並ぶ延べ11年にわたって指揮をとり、在任中「王シフト」を考案した。白石勝巳 フレッシュアイペディアより)

  • 横浜DeNAベイスターズ

    横浜DeNAベイスターズから見た古葉竹識古葉竹識

    広島を4度の優勝に導いた古葉竹識を監督に迎えるが、5位、4位、最下位と3年間で1度もAクラス入り出来ないなど成績は振るわず、1989年にシーズン最下位の責任をとり監督を辞任した。古葉は5年契約ながら3年目で辞めたことについて、成績不振と開幕から低迷したことで、スポーツ紙等で進退問題に関する記事が出て、球団からの辞任勧告につながったのだろうと述べている。しかしこの間、の優勝時の主力選手を多数獲得するなど、スカウティングの面では成功したといえる。古葉の後任監督にはOBでは元監督の土井淳、山下大輔、外部招聘では高田繁の名が挙がっていたが大洋で2年間二軍監督の経験のある須藤豊が監督に就任し、投手コーチには小谷正勝が3年ぶりに復活した。横浜DeNAベイスターズ フレッシュアイペディアより)

  • 野球道 (フジテレビ系列)

    野球道 (フジテレビ系列)から見た古葉竹識古葉竹識

    古葉竹識(1986年に数回ゲスト解説。後に横浜大洋ホエールズ監督、三重テレビ・東海テレビローカル放送・東海ラジオ解説者を経て東京国際大学監督)野球道 (フジテレビ系列) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
164件中 1 - 10件表示

「古葉竹識」のニューストピックワード