164件中 91 - 100件表示
  • 山本浩二

    山本浩二から見た古葉竹識古葉竹識

    には史上2人目の通算500本塁打・200盗塁を達成(この記録を持つのは張本勲、山本、衣笠の3人のみ)。同年、監督を退任にした古葉竹識から「浩二、監督やれ。プレイングマネージャーでもいいから。いきなり監督でもいいヘッドコーチつければいい。」と言われたが、山本は現役一本にこだわり阿南準郎が監督に就任した。山本浩二 フレッシュアイペディアより)

  • 阿南準郎

    阿南準郎から見た古葉竹識古葉竹識

    1956年に広島カープへ入団。内野が手薄だったため、入団1年目から遊撃手として活躍。1960年には三塁手の興津立雄が一塁手に回り、その後継となる。「守備の職人」として遊撃手の古葉毅とともに鉄壁の三遊間を形成し、ガッツあふれた守備でファンを魅了した。1962年には興津が三塁手に復帰するが、その後も内野の準レギュラーとして活躍する。1964年に「潤一」から「準郎」に改名。同年は小坂佳隆に代り二塁手の定位置を獲得、生涯唯一の規定打席(24位、打率.246)に達する。しかし翌年から古葉が二塁手に回り、その後は内野のユーティリティプレイヤーとして起用された。1968年に近鉄バファローズへ移籍。ここでも三塁手として活躍するが、1970年限りで引退し、その後は近鉄の二軍内野守備コーチ(1971年)・一軍守備コーチ(1972年 - 1973年)を務めた。阿南準郎 フレッシュアイペディアより)

  • 大野豊 (野球)

    大野豊 (野球)から見た古葉竹識古葉竹識

    、南海ホークスから移籍してきた江夏豊に見初められ、古葉竹識監督から預けられるという形で、二人三脚でフォーム改造や変化球の習得に取り組み始める。江夏は当時の大野について「月に向かって投げるようなフォームだった。しかし、10球に1球ほど光るものを感じたから、とりあえずキャッチボールから変えてみようかということになった」と語っている。また、江夏は「俺と同じ『豊』と言う名で、俺と同じ母子家庭で育ち、俺と同じ左腕投手なのも何かの縁。俺の弟のようなもの。是非、俺の後継者にしたい!」と大野を評していた。時に鉄拳も飛ぶ厳しい指導の末、やがて大野は中継ぎの柱へと成長を遂げた。同年10月9日のヤクルトスワローズ戦(明治神宮野球場)ではプロ初完封勝利を記録したが、これはこの年の開幕から完封負けなしを続け、史上初の「シーズン完封負けゼロ」(2016年現在も未記録)を狙ったヤクルトをシーズン最終戦で初めて完封するという快挙となった。には、トレードで日本ハムファイターズへと移籍した江夏の後を受けてリリーフに抜擢され、「気の弱い大野に抑えは無理」と非難を浴びながらも同年8勝11セーブ、翌には10勝11セーブを記録した。大野豊 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 高木宣宏

    高木宣宏から見た古葉竹識古葉竹識

    同年のドラフトで西武、ヤクルト、広島の3球団が指名し抽選で広島が交渉権を獲得して入団。スカウト担当は球界を代表する名スカウトのひとり木庭教で、甲子園での投球を観戦していた当時広島の監督であった古葉竹識が入れ込み、是非欲しいと木庭に指示していたという。細身の童顔であるため「坊ちゃん」というニックネームが付き、女性ファンの人気も高かった。高木宣宏 フレッシュアイペディアより)

  • 龍憲一

    龍憲一から見た古葉竹織古葉竹識

    現役引退後の1971年?1972年に広島の二軍投手コーチ、1973年?1974年には太平洋クラブライオンズの一軍投手コーチ、1975年?1983年には古巣・広島の一軍投手コーチ、1984年?1987年には二軍コーチと歴任。ジョー・ルーツ、古葉竹織、阿南準郎ら3人の監督に仕え、5度のリーグ優勝と3度の日本一に貢献し、広島の黄金期を支える。龍憲一 フレッシュアイペディアより)

  • 1975年の野球

    1975年の野球から見た古葉竹識古葉竹識

    広島は辞任したジョー・ルーツの後任監督として守備走塁コーチの古葉竹識の昇格を広島市内の球団事務所にて発表。1975年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • あぶさん

    あぶさんから見た古葉竹識古葉竹識

    こうしたパ・リーグの監督たちと比べると登場回数はさすがに少ないが、巨人の長嶋茂雄も本作の重要なターニングポイントで登場しては「いわゆるひとつの」調の「長嶋語」をさらに水島流に改変したような名台詞を数々発して、「大虎」で「失敗は成功のマザー!」と叫ぶなど、強烈な印象を残している。史実においてマスコミの前で不仲を演出していた長嶋と野村の仲は、談笑するシーンが多いことから作品中では良好とされている。また、意外なところでは広島・大洋の古葉竹識監督も景浦の理解者として稀に登場する。実は1973年の時点で古葉は南海のコーチを勤めており、1年だけだが景浦と接点がある。このため、コーチとしてベンチ入りしていた1977年のオールスターでは出場選手に景浦について話す場面が見られた。更に、後に福岡ダイエーホークスの監督にも就任する王貞治が巨人の現役選手・助監督・監督を務めていた頃にも登場したことがあり、巨人に移籍したばかりの山本雅夫との掛け合いで景浦を欲するような発言をしたり、その前にも景浦に興味を示す言動をしたことがある。これらは後に王がダイエーの監督に就任することから現実のものとなる。あぶさん フレッシュアイペディアより)

  • 広島市民球場 (初代)

    広島市民球場 (初代)から見た古葉竹識古葉竹識

    当日は雪の舞う中、カープ創成期を支えた初代「ゴジラ」藤井弘から、2年前まで現役で市民球場のグランドで活躍した佐々岡真司など総勢56名のカープOBが古葉竹識監督率いる「チーム・カープ」、阿南準郎監督率いる「チーム・広島」に分かれ紅白戦が行なわれ、2万8千人の観衆が市民球場との別れを惜しんだ。広島市民球場 (初代) フレッシュアイペディアより)

  • 伊原春樹

    伊原春樹から見た古葉竹識古葉竹識

    上下中学校から広島県立北川工業高等学校(現:広島県立府中東高等学校、監督は古葉毅の実弟古葉福生)に進む。夏の甲子園県予選では、三塁手、四番打者として活躍。準決勝で本塁打を放ち決勝に進出するが、広島商の山本和行に完封を喫し、甲子園出場を逸する。伊原春樹 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋直樹 (野球)

    高橋直樹 (野球)から見た古葉竹識古葉竹識

    その後、ドラフト最終期限(1968年10月10日)前に東映フライヤーズへ入団。土橋正幸より背番号21を受け継ぐ。ゆったりした動きから手首を返し、握りを見せるフォームから繰り出すサイド気味のアンダースロー投手として2年目のより先発ローテーションに定着。5月までに5勝、その後勝ち星から遠ざかるが、7月後半から8勝し、13勝を挙げ、チームのエースとなる。6月16日の対近鉄戦で打者27人でのノーヒットノーランを達成する。また、8月18日には対近鉄戦で「先発してリードしたまま5回を投げた後で一度三塁手の守備をして、セーブが付く条件でリリーフ登板して9回まで投げてチームが勝利した」ことで、史上唯一の「一人で1試合の勝利投手とセーブ投手の両方を記録」を達成した(ルール改正により翌年から達成不可能となる)。には17勝を挙げるなど、東映時代末期から長く不動のエースとして活躍。の鳴門キャンプ時からはやさしい表情をカバーするため、口ひげを蓄えるようになり、それ以前から常用していたメガネとともにトレードマークとなっていた。これについては、「プロ入り10年で100勝の目標を達成したので『変わったことをやってみただけ』だ」とも言う。同年4月のパ・リーグ初MVPを獲得、結局シーズン最多無四球試合11のパ・リーグ記録と20勝をマークする。監督の大沢啓二の抑え投手補強のチーム改革に沿う形で、江夏豊とのトレードで広島東洋カープへ電撃移籍。20勝エースとリリーフエースとのトレードで大型トレードとして話題になる。当時大沢は高橋に投手陣の中心になることを期待しており、広島オーナーの松田耕平および監督の古葉竹識に江夏の獲得を申し入れた際、交換条件として高橋の名を挙げられると「高橋だけは出せません」と答えた。しかし広島側は条件を譲らず、迷った末に決めたと後に記している。広島では2年間で2勝。6月、古沢憲司・大原徹也との交換トレードで西武ライオンズに移籍。大学の先輩である広岡達朗が監督のもと、再び慣れ親しんだパ・リーグで7勝を挙げ、ライオンズの所沢移転後初優勝・日本一に貢献。さらに翌年には、13勝3敗で最優秀勝率のタイトルを獲得。12月、トレードで読売ジャイアンツに移籍が決まり翌年加入。同年オフに他球団からのオファーはあったものの、自ら引退を決意。高橋の引退によって、日本プロ野球に所属する現役選手は、全員戦後生まれとなった。41歳まで現役を続けた。勝利数169のうち167をパ・リーグで挙げている。高橋直樹 (野球) フレッシュアイペディアより)

164件中 91 - 100件表示

「古葉竹識」のニューストピックワード