119件中 91 - 100件表示
  • 高木宣宏

    高木宣宏から見た古葉竹識古葉竹識

    同年のドラフトで西武、ヤクルト、広島の3球団が指名し抽選で広島が交渉権を獲得して入団。スカウト担当は球界を代表する名スカウトのひとり木庭教で、甲子園での投球を観戦していた当時広島の監督であった古葉竹識が入れ込み、是非欲しいと木庭に指示していたという。細身の童顔であるため「坊ちゃん」というニックネームが付き、女性ファンの人気も高かった。高木宣宏 フレッシュアイペディアより)

  • 日本学生野球協会

    日本学生野球協会から見た古葉竹識古葉竹識

    また、2005年に規則が更に緩和され、プロ野球選手出身者で監督やコーチを経験し、最終退団後2年以上経過した者は大学野球部監督に就任できるようになり、竹之内雅史が羽衣国際大学監督に、福本豊が阪南大学特別コーチにそれぞれ就任した。その後の就任者には古葉竹識(東京国際大学監督)や江藤省三(慶應義塾大学監督)がいる。日本学生野球協会 フレッシュアイペディアより)

  • あぶさん

    あぶさんから見た古葉竹識古葉竹識

    こうしたパ・リーグの監督たちと比べると登場回数はさすがに少ないが、巨人の長嶋茂雄も本作の重要なターニングポイントで登場しては「いわゆるひとつの」調の「長嶋語」をさらに水島流に改変したような名台詞を数々発して、「大虎」で「失敗は成功のマザー!」と叫ぶなど、強烈な印象を残している。実際には不仲とされる長嶋と野村の仲は、談笑するシーンが多いことから作品中では良好とされている。また、意外なところでは広島・大洋の古葉竹識監督も景浦の理解者として稀に登場する。実は1973年の時点で古葉は南海のコーチを勤めており、1年だけだが景浦と接点がある。更に、後に福岡ダイエーホークスの監督にも就任する王貞治が巨人の監督を務めていた頃にも登場したことがあり、巨人に移籍したばかりの山本雅夫との掛け合いで景浦を欲するような発言をしたり、その前にも景浦に興味を示す言動をしたことがある。これらは後に王が福岡ダイエーの監督に就任することから現実のものとなる。あぶさん フレッシュアイペディアより)

  • 1999年の日本シリーズ

    1999年の日本シリーズから見た古葉竹識古葉竹識

    文化放送(NRN) 解説:古葉竹識、広瀬哲朗1999年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 藤井弘

    藤井弘から見た古葉竹識古葉竹識

    盈進商業高校から倉敷レイヨンを経て、1955年に広島カープに入団。一発強打の打撃力を買われての入団であった。だが不器用でプロのカーブが全く打てず、長い二軍生活を送った。その苦しみは他人の想像を遙かに超えており、遠征試合の帰路、船上から海に飛び込もうとしたほどである。それを通りかかった野崎泰一2軍監督(当時)に見つかり、「死ね、死んだつもりで頑張ってみろ」と諭され奮起、入団3年目に持ち前の長打力が花開き、17本塁打を放つとともに全試合出場を果たした 上、オールスターゲームにも出場する。以降中軸打者として興津立雄・大和田明・古葉竹識らと共にチームの打撃陣を支えた。藤井弘 フレッシュアイペディアより)

  • 1936年

    1936年から見た古葉竹識古葉竹識

    4月22日 - 古葉竹識、元プロ野球選手1936年 フレッシュアイペディアより)

  • 川口和久

    川口和久から見た古葉竹識古葉竹識

    プロ1年目のはオープン戦から落ち着いたマウンドさばきを監督の古葉竹識に評価されていた。すぐに一軍に登録され自信を持っていたが、初登板となった4月10日の対中日戦で左打者相手に起用されながら二塁打を打たれ、二軍で調整したいと志願した。これは却下されたが、6月頃にはキャッチボールを見ていた山本浩二に投球フォームのクセから全ての球種をあっという間に看破され、恐怖を感じたという。同月の対阪神戦で投手の山本和行に満塁本塁打を打たれて二軍落ちし、大下剛史や大石清によって徹底的に走らされた。川口和久 フレッシュアイペディアより)

  • 1970年代

    1970年代から見た古葉竹識古葉竹識

    広島、球団創設以来26年目で初優勝。古葉竹識監督就任1年目での快挙。1970年代 フレッシュアイペディアより)

  • 長嶋茂雄

    長嶋茂雄から見た古葉竹識古葉竹識

    首位打者を獲得したシーズンはすべて安打数でもリーグトップだった。シーズン最多安打10回は現在もプロ野球記録(6年連続を含むが、これもプロ野球記録)。また、6回の首位打者のうち最も2位との差が小さかったのは1963年・古葉毅との2厘差で、それ以外の5回はすべて1分5厘以上の差をつけての文句なしの首位打者だった。6回の首位打者のうち2回(1959年、1971年)は長嶋がセ・リーグ唯一の3割打者である。長嶋茂雄 フレッシュアイペディアより)

  • 片平晋作

    片平晋作から見た古葉竹識古葉竹識

    に清原和博が入団。同じ一塁手であったため、清原との併用を余儀なくされた。同年は主に5番・指名打者として悪くない成績を残すも、自らの働き場所を求め、には南海入団当時の守備コーチだった古葉竹識が監督だった横浜大洋ホエールズに広瀬新太郎との交換トレードで永射保と共に移籍した。大洋では代打の切り札として活躍し、持ち味の長打を十分発揮した。は打撃コーチ兼任となり、同年を最後に引退。40歳まで現役であった。片平晋作 フレッシュアイペディアより)

119件中 91 - 100件表示

「古葉竹識」のニューストピックワード