164件中 111 - 120件表示
  • 日本学生野球協会

    日本学生野球協会から見た古葉竹識古葉竹識

    また、2005年に規則が更に緩和され、プロ野球選手出身者で監督やコーチを経験し、最終退団後2年以上経過した者は大学野球部監督に就任できるようになり、竹之内雅史が羽衣国際大学監督に、福本豊が阪南大学特別コーチにそれぞれ就任した。その後の就任者には古葉竹識(東京国際大学監督)や江藤省三(慶應義塾大学監督)がいる。日本学生野球協会 フレッシュアイペディアより)

  • 藤井弘

    藤井弘から見た古葉竹識古葉竹識

    盈進商業高校卒業後、倉敷レイヨンに入社。に八幡製鉄から移籍の話があり、内密でグラウンドの見学に行くなどして藤井自身は乗り気となるが、同じ社会人野球のライバルチームへの移籍にクラレから猛反対を受ける。この状況の中で広島カープから入団の打診があり、プロ野球ならやむなしとしてクラレも反対せず、八幡側も加藤喜作監督が白石勝巳監督の先輩だったことで了承し、に広島カープへ入団の運びとなる。一発強打の打撃力を買われての入団であったが、不器用でプロのカーブが全く打てず、長い二軍生活を送った。その苦しみは他人の想像を遙かに超えており、遠征の帰路、船上から海に飛び込もうとしたほどであった。それを通りかかった野崎泰一二軍監督に見つかり、「死ね、死んだつもりで頑張ってみろ」と諭され奮起する。入団3年目のに持ち前の長打力が開花し、三番・一塁手のレギュラーを掴む。全試合出場を果たして17本塁打(リーグ5位)、62打点(リーグ3位)を記録し、オールスターゲームにも出場。以降は中軸打者としてまで主にクリーンナップを務め、興津立雄・大和田明・古葉竹識らと共にチームの打撃陣を支える。には、キャリアハイとなる打率.280(リーグ12位)、20本塁打(リーグ7位)、80打点(リーグ5位)を記録した。藤井弘 フレッシュアイペディアより)

  • 大沢啓二

    大沢啓二から見た古葉竹織古葉竹識

    江夏獲得の際には、単身で広島の松田耕平オーナー宅に乗り込み、松田と同席した古葉竹織を前に、強くない酒をグイグイ飲んで熱弁を振るいトレードを実現させた。広島カープとしては、打診が来ている数球団の条件を聞いた上で結論を出す腹づもりであったが、あまりの大沢の熱意に松田オーナーが「負けました。決めましょう」とその場で交渉が成立したという。江夏はファイターズ入団の頃の大沢について「道路工事現場監督みたいな雰囲気で、選手をボカボカ殴りまくっていてびっくりした」という。しかし江夏は大沢の親分肌が非常に気性にあったようで、以後、大沢の死に至るまで大沢を尊敬することになる。大沢も江夏を「うちの勝ちパターンは江夏が出てくるようになる試合のこと」といい強く信頼し、江夏が在籍した三年間のファイターズは常勝チームであった。大沢啓二 フレッシュアイペディアより)

  • 平山智 (野球)

    平山智 (野球)から見た古葉竹識古葉竹識

    退団後はカリフォルニアに戻り、教職のかたわらカリフォルニア・エンゼルスのスカウトを務め、1975年に旧知の仲でもあった古葉竹識の要請で並行してカープの専属在米スカウトとなった。ゲイル・ホプキンス、ジム・ライトル、ヘンリー・ギャレット、ルイス・ロペス、ロビンソン・チェコなど、少ない資金で日本の野球にアジャストする優秀な外国人選手を送り込んだ、黄金時代の陰の功労者である。また、上田利治とも個人的な依頼で阪急ブレーブス黄金時代の主軸・ボビー・マルカーノやバーニー・ウイリアムスなどを送り込んだ。現在もカープの嘱託スカウトを務めている。平山智 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 1970年代の日本

    1970年代の日本から見た古葉竹識古葉竹識

    広島、球団創設以来26年目で初優勝。古葉竹識監督就任1年目での快挙。1970年代の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 衣笠 祥雄

    衣笠祥雄から見た古葉竹識古葉竹識

    10月19日の対巨人戦から始まった連続試合出場記録であったが、はシーズン序盤から極度の大不振に陥った。5月27日の時点で打率が.198と落ち込んだために古葉竹識監督が翌28日の試合に先発メンバーから外す決断に踏み切った。このために三宅秀史が保持していた700試合の連続フルイニング出場日本プロ野球記録はあと22試合というところで断念させられた。江夏豊の著書によると、この時スタメンを外されることが決定した衣笠の荒れようは凄まじいものがあり、手当たり次第に物を投げ飛ばしたという。この年は代打、代走、守備固めによる途中からの試合出場が21試合もあった。8月1日の対巨人戦では西本聖から死球を受け、左の肩甲骨を骨折する重傷を負ってしまう。全治2週間と診断が下され、1122試合で連続試合出場記録がストップしてしまう危機が訪れたが、翌2日の試合で代打として姿を見せた。江川卓の投球にフルスイングで挑んで三球三振という記録を残した。試合後には「1球目はファンのために、2球目は自分のために、3球目は西本君のためにスイングしました」「それにしても江川君の球は速かった」とコメントしている。衣笠が代打で打席に登場した瞬間、広島ファンのみならず、巨人ファン・ベンチからも大きな拍手が起こった。続く3日の試合では2番三塁手としてフル出場をして、その不死身ぶりで周囲を驚愕させた。衣笠祥雄 フレッシュアイペディアより)

  • 脇田義信

    脇田義信から見た古葉竹識古葉竹識

    同時にリリースした中日編は『スター誕生!』で優勝した演歌歌手の鈴木ゆかり(愛知県岡崎市出身)。「責任とるのは古葉さんだー」で締める。脇田義信 フレッシュアイペディアより)

  • 河合保彦

    河合保彦から見た古葉竹識古葉竹識

    通算1000試合出場 1966年7月23日(111人目)※古葉竹識と同日達成河合保彦 フレッシュアイペディアより)

  • 1936年

    1936年から見た古葉竹識古葉竹識

    4月22日 - 古葉竹識、元プロ野球選手1936年 フレッシュアイペディアより)

  • 東京国際大学

    東京国際大学から見た古葉竹識古葉竹識

    野球部は東京新大学野球連盟に所属している。2008年4月、元プロ野球選手・広島東洋カープ監督の古葉竹識が監督に就任した(2007年から監督に就任することが決まっていたが、札幌アンビシャスでの活動がプロ活動とみなされ、2年経過しなければアマチュア登録をすることができなかった。そのため、三男の古葉隆明が監督に就任し、自らはアドバイザーとしてベンチ入りしない指導者となった)。2011年全日本大学野球選手権大会準々決勝で首都大学野球連盟の強豪校日本体育大学に1対0にて辛勝するも、準決勝戦慶應義塾大学に負けるが初出場でベスト4に進出した。2015年からは古葉竹識が名誉監督となり、元プロ野球選手で古葉の教え子でもある山中潔が監督に就任している。東京国際大学 フレッシュアイペディアより)

164件中 111 - 120件表示

「古葉竹識」のニューストピックワード