3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 次へ
119件中 111 - 119件表示
  • 渡辺秀武

    渡辺秀武から見た古葉竹識古葉竹識

    、高橋善正との交換トレードで日拓ホームフライヤーズに移籍。に坂井勝二との交換トレード大洋ホエールズへ、に田中由郎との交換トレードで奥江英幸と共にロッテオリオンズへ、に望月卓也・平田英之・劔持節雄との交換トレードで金田留広と共に広島東洋カープへ移籍。古葉竹識に熱心に誘われた広島では、江夏豊へつなぐ中継ぎとして、1979年・の日本シリーズ連覇に貢献した。渡辺秀武 フレッシュアイペディアより)

  • 谷繁元信

    谷繁元信から見た古葉竹識古葉竹識

    下関球場で行われたオープン戦で巨人・斎藤雅樹から本塁打を放つなど結果を残すと監督の古葉竹識に抜擢され、高卒1年目にもかかわらず開幕一軍入りを果たした。公式戦初打席で初安打を放つ。一年目から一軍にフル帯同し、出場80試合、打率.175、3本塁打、10打点という成績を残す。谷繁元信 フレッシュアイペディアより)

  • 掛布雅之

    掛布雅之から見た古葉竹識古葉竹識

    引退に際しては、その若さを惜しんで複数の球団からオファーがあったことをのちに明かしている。ヤクルトのヘッドコーチとなっていた安藤統男は、環境を変えればまだ働けるのではないかと考えて掛布に移籍を打診したが、掛布は丁重に断っている(2003年に安藤と掛布が出演したラジオ番組での発言)。偶然ながら、プロ入り時に断られたヤクルトに今度は掛布の方から断る形になった。このほか、横浜大洋ホエールズ監督の古葉竹識からは「背番号31を用意する」と誘われ、長嶋茂雄からは「一年間2軍にいて、じっくりと体を鍛えて気持ちを切り替えれば」というアドバイスがあった。しかし、田淵がかつてトレードに際して「今度はお前だぞ。お前は、江夏や俺のように途中で縦縞のユニフォームを脱ぐようなことはするなよ」と言った言葉が頭にあり、現役を続けるなら阪神でなければならないと考えて固辞。引退試合のあとコーチだった中村勝広から「最近は阪神の歴代の主力選手が、こんな引退試合をしたことはなかった。新しい阪神の歴史を作ったな。惜しまれながら球場全員が涙する。お前が道筋を作ったおかげで、これからはこうやって阪神の選手が辞めていくことができるだろう」という言葉をもらったと述べている。掛布雅之 フレッシュアイペディアより)

  • 正田耕三

    正田耕三から見た古葉竹識古葉竹識

    プロ1年目の途中でスピードについて行けなくなり、監督の古葉竹識の勧めで秋からスイッチヒッター転向に挑戦した。睡眠と食事以外の時間はバットを常に握っていたという程の猛練習を積み、打撃コーチの内田順三も年間350日は朝から晩まで顔を合わせて指導した。翌は規定打席には達しないものの90試合に出場し、打率も.288に上昇している。チームはリーグ優勝を果たし、正田は初めて野球をやってて良かったと感じたが、レギュラー定着を目指してオフのハワイへの優勝旅行にもバット2本を持参して練習を重ねた。実家の蕎麦屋では「正田が本塁打を打つと蕎麦を半額にします」との張り紙がプロ入り後の2年間出されていたが、実施されたのはわずか1度だけであった。正田耕三 フレッシュアイペディアより)

  • 1985年

    1985年から見た古葉竹識古葉竹識

    10月24日 - 広島東洋カープ監督の古葉竹識が勇退し、後任に阿南準郎が昇格。1985年 フレッシュアイペディアより)

  • 東京ドーム

    東京ドームから見た古葉竹識古葉竹識

    巨人の監督の胴上げと比べて、巨人の対戦相手チームの胴上げは少ない。セ・リーグでは2006年の中日ドラゴンズ(監督・落合博満)、日本シリーズでは2008年の埼玉西武ライオンズ(監督・渡辺久信)の例があるのみであり、開場からこれらの事例が起こるまでの期間が長かったため、その間は「巨人が東京ドームで敵将の胴上げを見ることはない」ということは一種のジンクスとされていた。ちなみに、後楽園球場で最後に巨人が敵将の胴上げを見たのは、セ・リーグでは1975年の広島東洋カープ(監督・古葉竹識)、日本シリーズでは1977年の阪急ブレーブス(監督・上田利治)までさかのぼる。東京ドーム フレッシュアイペディアより)

  • 衣笠 祥雄

    衣笠祥雄から見た古葉竹識古葉竹識

    チームメイトだった江夏豊とは無二の親友で、プライベートでは常に行動を共にしていた。江夏が日本ハムファイターズに移籍した1980年オフのキャンプでは、酒が入ると「豊がいない」と泣いていたという。また「江夏の21球」で知られる1979年の日本シリーズ第7戦では、古葉竹識監督の投手起用に不満を抱きモチベーションが上がらない江夏を「お前がやめるなら俺も一緒にやめてやる」となだめる一幕もある。衣笠祥雄 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋慶彦

    高橋慶彦から見た古葉竹識古葉竹識

    1970年代後半から1980年代の赤ヘル黄金時代に、1番打者として活躍した。ルーツの後を継いだ古葉竹識監督の下、「赤ヘル機動力野球の申し子」として3度の盗塁王を獲得。1979年には33試合連続安打の日本記録を打ち立てると、同年の日本シリーズでは全7試合で安打し、打率.444を記録、MVPに輝いた。全盛期は福本豊の後継者とまで謳われ、その打撃・走塁スタイルは、山崎隆造や正田耕三ら後の広島を支えることになる後輩達にも強い影響を与えた。高橋慶彦 フレッシュアイペディアより)

  • 阿畑やすお

    阿畑やすおから見た古葉竹識古葉竹識

    2013年から2038年まで、26年連続で投手四冠を獲得している。これは前人未到の大記録で、今後抜けそうに無い。野村収とのトレードで、兄・正一が監督を務めていたロッテオリオンズに移籍。この年16勝をマークし、2度目の最多勝とパリーグMVPを獲得、チームの24年ぶりの日本一に大きく貢献する。その後は成績が伸び悩み、1979年、金田監督の辞任と共に広島東洋カープに放出されたが、古葉竹識監督のもと敗戦処理や中継ぎ、ローテーションの谷間の先発を務め、広島の2年連続日本一に貢献した。阿畑やすお フレッシュアイペディアより)

3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 次へ
119件中 111 - 119件表示

「古葉竹識」のニューストピックワード