164件中 11 - 20件表示
  • 古葉竹織

    古葉竹織から見た古葉竹識古葉竹識

    古葉竹織 フレッシュアイペディアより)

  • 飽本唯徳

    飽本唯徳から見た古葉竹識古葉竹識

    済々黌高3年生時のに春の甲子園に1番二塁手として出場し、ベスト8。1年後輩に古葉竹識がいた。飽本唯徳 フレッシュアイペディアより)

  • 少年軟式野球国際交流協会

    少年軟式野球国際交流協会から見た古葉竹識古葉竹識

    公益社団法人少年軟式野球国際交流協会(しょうねんなんしきやきゅうこくさいこうりゅうきょうかい、I.B.A:International Boys Nankyu Baseball Association Japan)は、海外の少年野球組織との交流を行うとともに、国内における少年野球の普及振興を図り、国際親善並びに少年の体力向上及び人格の陶冶に寄与することを目的とした公益社団法人である。理事長は元広島東洋カープ監督で現東京国際大学監督の古葉竹識少年軟式野球国際交流協会 フレッシュアイペディアより)

  • 城野勝博

    城野勝博から見た古葉毅古葉竹識

    その後、1969年オフに国貞泰汎内野手との交換トレードで古葉毅とともに南海ホークスへ移籍。しかしここではファーム暮らしに終始し、翌年限りで引退した。城野勝博 フレッシュアイペディアより)

  • 1969年の南海ホークスのユニフォーム

    1969年の南海ホークスのユニフォームから見た古葉竹識古葉竹識

    1946年以来23年に亘って指揮を執っていた鶴岡一人監督が1968年限りで勇退。後任監督は前年、鶴岡の要請でヘッドコーチに就任した飯田徳治に禅譲された。心機一転を図る意味でユニフォームも新調され、チームカラーの緑以外の色であるオレンジを初めて取り入れた。しかし、この年チームは開幕から低空飛行を続け、パ・リーグ新記録(当時)となる15連敗をマークするなど苦戦。また、投手陣・打撃陣ともに故障者が続出するなど誤算が相次ぎ戦後初の最下位に沈む。飯田監督はこの責任をとりわずか1年で辞任。主砲の野村克也捕手が兼任監督に就任し、ユニフォームも翌年からオレンジ色を省いた新ユニフォーム(鶴岡監督時代のデザインを踏襲したデザイン)に変更した。したがってわずか1年で封印されることとなったが、練習用としてはその後も使用された模様で、1970年に広島東洋カープから加入した古葉竹識内野手が着用した写真が残っている(1992年刊のベースボール・マガジン社『プロ野球トレード史?』等に掲載)。1969年の南海ホークスのユニフォーム フレッシュアイペディアより)

  • 1・2のアッホ!!

    1・2のアッホ!!から見た古葉竹識古葉竹識

    広島東洋カープのパロディ球団「CORP」に所属する投手で、陽打治の715号ホームラン(ただしカントクのインチキによるもの)献上投手になってしまった。名前は当時のカープのエース・外木場義郎と同球団監督・古葉竹識から。1・2のアッホ!! フレッシュアイペディアより)

  • じゃんが×2スタジアム〜ひろしまスポーツ応援団〜

    じゃんが×2スタジアム〜ひろしまスポーツ応援団〜から見た古葉竹識古葉竹識

    古葉竹識(現:東京国際大学野球部監督)じゃんが×2スタジアム〜ひろしまスポーツ応援団〜 フレッシュアイペディアより)

  • 漆畑勝久

    漆畑勝久から見た古葉竹識古葉竹識

    1962年に広島カープへ入団。1年目は古葉竹識の存在もありレギュラーには定着できずにいた。徐々に出場機会も増え、レギュラーの兆しが見えてきた3年目の1964年に悲劇が襲う。ある試合で判定に怒った古葉がバットを投げ捨て、ボールボーイの少年がバットを拾おうとして近づいた時、ネクストバッターズサークルでスイングしていた漆畑のバットがボールボーイの頭に直撃し、少年は頭部陥没骨折の重傷となった(この事件以降ボールボーイにはヘルメット着用が義務付けられたと言われている)。幸い偶発的な事故だったため、刑事責任は追及されなかったが、漆畑は打撃不振となり、1965年は遊撃手のレギュラーとして101試合に出場も、打率は.230と振るわなかった。翌年には今津光男に遊撃手の定位置を譲るが、その後も二塁手、三塁手、遊撃手をこなすユーティリティプレイヤーとして活躍した。漆畑勝久 フレッシュアイペディアより)

  • 今津光男

    今津光男から見た古葉竹織古葉竹識

    高校卒業後、1957年に中日ドラゴンズへ入団。1年目は一軍出場こそ無かったが、ウエスタン・リーグの最優秀防御率を獲得。しかし自ら希望して遊撃手に転向、2年目の1958年には牧野茂に代りレギュラーとなる。翌年は故障もあって前田益穂に正遊撃手の座を譲るが、その後も内野の準レギュラーとして活躍。1965年には広島カープへ移籍し、古葉竹織と二遊間を組む。1968年には初の規定打席(26位、打率.234)に到達。1969年までレギュラーの地位を守るが、翌年には三村敏之に定位置を譲る。1974年には阪急ブレーブスへ移り、翌年限りで引退。プロでは俊足好守の内野手として、19年間に亘って活躍した。今津光男 フレッシュアイペディアより)

  • 恵川康太郎

    恵川康太郎から見た古葉竹識古葉竹識

    1955年に地元の広島カープへ入団。1956年に一軍に定着、主として遊撃手として起用され、米山光男の控えではあるが30試合に先発出場。翌1957年は三塁手に回り、原田信吉とレギュラーを争う。しかし1958年には小坂佳隆、古葉竹識が入団して内野の再編成が進み、出場機会が減少。同年限りで現役引退し、地元三原市へ帰郷した。恵川康太郎 フレッシュアイペディアより)

164件中 11 - 20件表示

「古葉竹識」のニューストピックワード