119件中 11 - 20件表示
  • 柴田猛

    柴田猛から見た古葉竹識古葉竹識

    古葉竹識監督の下では選手兼任コーチ、選手引退後は引き続きからまで広島でコーチを務め、日本シリーズ連覇に貢献。広島退団後もコーチとしての優秀さから各球団から引っ張りだことなり、多くの球団でコーチとして活躍している。柴田猛 フレッシュアイペディアより)

  • 田中尊

    田中尊から見た古葉竹識古葉竹識

    当時の捕手は筒井敬三、松井淳、さらには一年先輩の野村克也の台頭もあり出場機会が無く、に広島カープに移籍してから頭角を現す。広島球団の捕手としての出場試合数は歴代1位で現在も破られていない。に現役引退後は広島のコーチに就任(1972年は選手兼任コーチ)。参謀として古葉竹識、阿南準郎両監督を支え、5度のリーグ優勝、3度の日本シリーズ制覇に貢献した。のちフロント入りし、ドミニカのカープアカデミーで育成部海外担当を務めた。田中尊 フレッシュアイペディアより)

  • 国貞泰汎

    国貞泰汎から見た古葉竹識古葉竹識

    古葉竹識との交換トレードで故郷広島東洋カープに移籍。ガッツ溢れるプレーでチームを牽引し、にはセ・リーグのベストナイン獲得。翌には自己最高打率.293をマークし、打撃ベストテン5位。独特のしゃがみ込み打法でバットを短く持ち、しぶとく右に流すバッティングは職人芸と言われた。また、ネアカキャラで人気があった。に太平洋クラブライオンズに移籍し、同年限りで現役引退。同年に悲願の初優勝を果たした広島東洋カープにいられなかった事が最大の心残りと言っている。国貞泰汎 フレッシュアイペディアより)

  • それ行けカープ 〜若き鯉たち〜

    それ行けカープ 〜若き鯉たち〜から見た古葉竹識古葉竹識

    1975年、前年まで3年連続最下位と低迷が続くカープの新監督に前年来日し打撃コーチを務めたジョー・ルーツが就任。本楽曲は同監督の下でチーム改革が進められていたカープの意気込みを汲み取り、共に「カープを優勝させる会」(雑誌編集者の佐々木久子主宰)のメンバーだった作詞家の有馬三恵子と作曲家の宮崎尚志の手により、球団草創期以来歌われた『広島カープの歌』に代わる新球団歌として発表された。そのルーツはセ・リーグ開幕からわずか15試合で球団を去るが(詳細はジョー・ルーツの項目を参照)、前コーチ古葉竹識がその後を引き受け、カープ球団創設25年目にして悲願の初優勝を達成、その「赤ヘル旋風」とあいまって本楽曲も広島のみならず日本全国に知れ渡るようになった。それ行けカープ 〜若き鯉たち〜 フレッシュアイペディアより)

  • 小林正之

    小林正之から見た古葉竹識古葉竹識

    日大一高から千葉商科大学を経て1970年に入団。現役時代は目立った活躍は無く1975年シーズン途中で現役引退しコーチの道に進んだ。当時の古葉竹識監督も一目置く卓越した理論で名コーチとして名を馳せた。その後は大洋・ダイエー・阪神の他、台湾プロ野球の味全ドラゴンズ(現在は廃部)からもコーチとしてお呼びがかかるなど選手よりも指導者として大成した人物である。小林正之 フレッシュアイペディアより)

  • 河合保彦

    河合保彦から見た古葉竹識古葉竹識

    通算1000試合出場 1966年7月23日(111人目)※古葉竹識と同日達成河合保彦 フレッシュアイペディアより)

  • 門前眞佐人

    門前眞佐人から見た古葉竹識古葉竹識

    その後、広島の監督を、と務めた。血の気の多さを心配されたが、監督の座に就くと人が変わったように穏やかに選手に接した。成績は振るわなかったが古葉竹識ら若手は萎縮させずに育てた。豪傑肌の人物であったが、阪神時代から面倒見のいい性格で「家を建てる金があるなら選手に使ってやるよ」とずっと借家住まいであったという。門前眞佐人 フレッシュアイペディアより)

  • 1・2のアッホ!!

    1・2のアッホ!!から見た古葉竹識古葉竹識

    広島東洋カープのパロディ球団「CORP」に所属する投手で、陽打治の715号ホームラン(但しカントクのインチキによるもの)献上投手になってしまった。名前は当時のカープのエース・外木場義郎と同球団監督・古葉竹識から。1・2のアッホ!! フレッシュアイペディアより)

  • 1985年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    1985年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た古葉竹識古葉竹識

    前年、日本一を達成した広島東洋カープの古葉竹識監督が全セ(オールセントラル・リーグ)を率い、パ・リーグを制した阪急ブレーブスの上田利治監督が全パ(オールパシフィック・リーグ)の指揮を執ったオールスターゲーム。第1戦は投手戦になり、スコアボードに0が並んだ中、全セ2番高木豊(大洋)の放った長打が唯一の得点となり全セがまず1勝。続く第2戦は取っては取り返される展開となる中で先制点を挙げたウォーレン・クロマティ(巨人)が決勝打も打ちMVPに輝いた。最終第3戦は近鉄球団念願の藤井寺球場開催。前年、球宴本塁打記録に並んだ全セの山本浩二(広島)が新記録の14号本塁打を放った。1985年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 1980年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    1980年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た古葉竹識古葉竹識

    前年、初の日本一を達成した広島東洋カープの古葉竹識監督が全セ(オールセントラル・リーグ)を率い、パ・リーグ優勝チーム・近鉄バファローズの西本幸雄監督が全パ(オールパシフィック・リーグ)の指揮を執ったオールスターゲーム。1980年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

119件中 11 - 20件表示

「古葉竹識」のニューストピックワード