119件中 21 - 30件表示
  • 1983年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    1983年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た古葉竹識古葉竹識

    広島テレビ≪日本テレビ系列≫ 実況:加藤進 (広島テレビ) 解説:村山実 ゲスト解説:古葉竹識(広島監督)1983年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 1976年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    1976年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た古葉竹識古葉竹識

    前年、初の日本一に輝いた阪急ブレーブスの上田利治監督が全パ(オールパシフィック・リーグ)を率い、セ・リーグ初優勝を飾った広島東洋カープの古葉竹識監督が全セ(オールセントラル・リーグ)を率いた。1976年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の日本シリーズ

    2006年の日本シリーズから見た古葉竹識古葉竹識

    STVラジオ・東海ラジオ(NRN) 実況:宮永真幸 解説:千藤三樹男、古葉竹識2006年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 江藤省三

    江藤省三から見た古葉竹識古葉竹識

    2011年6月11日に行われた全日本大学野球選手権大会準決勝では、古葉竹識が監督を務める東京国際大学と大会史上初のプロ出身監督対決になり6-4で勝利する。江藤省三 フレッシュアイペディアより)

  • 倉敷ピーチジャックス

    倉敷ピーチジャックスから見た古葉竹識古葉竹識

    社会人野球の男女両チームを有し、元プロ野球選手の古葉竹識が総監督を務める。活動2年目の2007年、第78回都市対抗野球大会予選で、倉敷市内のライバルチームである倉敷オーシャンズに競り勝って2次予選に進出し、同チームの2次予選連続出場を20年でストップさせた。倉敷ピーチジャックス フレッシュアイペディアより)

  • 高橋雅裕

    高橋雅裕から見た古葉竹識古葉竹識

    1987年には古葉竹識監督に重用され、遊撃手のレギュラーに定着。翌1988年に同じ遊撃手であった山下大輔がシーズン開幕前日に引退したのは、高橋のレギュラー定着によるものともいわれている。高橋雅裕 フレッシュアイペディアより)

  • 阿南準郎

    阿南準郎から見た古葉竹識古葉竹識

    小学生時代、当時教師だった漫画家の富永一朗から教えを受けていた。佐伯鶴城高から1956年に広島カープへ入団。内野が手薄だったため、入団1年目から出場して活躍。「守備の職人」としてショートの古葉毅とともに鉄壁の三遊間を形成し、ガッツあふれた守備でファンを魅了する。1964年に「潤一」から「準郎」に改名。1968年近鉄バファローズに移籍。1970年限りで引退し、1973年まで同チームのコーチを務めた。阿南準郎 フレッシュアイペディアより)

  • 重松良典

    重松良典から見た古葉竹識古葉竹識

    投打に能力の高い選手が揃い下地の出来ていたチームはルーツにより大きく生まれ変わったものの、当のルーツは同年4月27日の佐伯和司投手のボール判定からの審判への暴行に端を発し辞任している(詳細はジョー・ルーツの項を参照)。ルーツ退団後、現場スタッフの意見を取り入れ松田オーナーに古葉竹識コーチを次の監督に推薦した。古葉監督のもと、カープは悲願のセ・リーグ初優勝を果たす。また、球団が抱えていた創設以来の累積赤字を一挙に解消した。その後も平山智がスカウトしたジム・ライトルやヘンリー・ギャレット獲得、江夏豊らのトレードを敢行し戦力を整え、在任中3度のリーグ優勝と2度の日本一(1975年リーグ優勝・1979年日本一・1980年日本一)、カープの黄金時代をもたらした。重松良典 フレッシュアイペディアより)

  • 1936年のスポーツ

    1936年のスポーツから見た古葉竹識古葉竹識

    4月22日 - 古葉竹識(熊本県、野球)1936年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 森永勝也

    森永勝也から見た古葉竹識古葉竹識

    ただしこの年南海から大学の後輩・古葉竹識、近鉄から阿南準郎を広島に復帰させた。古葉は思い切った野球ができなかった森永の無念を反面教師に厳しい指導で後の黄金時代を築いた。その後森永はテレビ新広島や日刊スポーツで野球解説者を長く務め、初期の『プロ野球ニュース』でも主に神田康秋アナウンサーとのコンビで広島の試合の解説を担当した。森永勝也 フレッシュアイペディアより)

119件中 21 - 30件表示

「古葉竹識」のニューストピックワード