164件中 21 - 30件表示
  • 松田耕平

    松田耕平から見た古葉竹識古葉竹識

    その後チームは古葉竹識、阿南準郎、山本浩二監督の時代までに5度のリーグ優勝(1979年、1980年、1984年、1986年、1991年)、3度の日本一(1979年、1980年、1984年)を果たした。またアメリカの教育リーグへ選手を積極的に派遣。今や定着したスピードガンは、耕平が1976年秋の教育リーグの土産としてアメリカから持ち帰り、木庭教スカウトに渡して使用したのが最初である。1990年にはドミニカ共和国に日本球界初のベースボールアカデミー・カープアカデミーを設立し、従来の調達方法ではなく、自前で外国人選手も育てる方針でチーム作りの手法を示した。松田耕平 フレッシュアイペディアより)

  • 倉敷ピーチジャックス

    倉敷ピーチジャックスから見た古葉竹識古葉竹識

    2005年、NPO法人日本体育企画を設立。秋にセレクションを行ない、『倉敷ピーチジャックス』として創部。元プロ野球選手の古葉竹識が総監督を務める。倉敷ピーチジャックス フレッシュアイペディアより)

  • 1984年の日本シリーズ

    1984年の日本シリーズから見た古葉竹識古葉竹識

    上田利治監督率いる阪急ブレーブスと古葉竹識監督率いる広島東洋カープの対決(以来)となった1984年の日本シリーズは、広島が4勝3敗で勝利し、4年ぶり3度目の日本一を決めた。1984年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 平和大通り

    平和大通りから見た古葉竹識古葉竹識

    そこへこの年のプロ野球において、地元広島東洋カープが球団創立25年目にしてセ・リーグ初優勝を果たした。と同時に球団主催で優勝パレードが企画された。当初広島県警察は否定的であったが勢いに押され了承、優勝決定から5日後にあたる10月20日西観音町(現西区)から田中町(現中区)までの2.7kmでパレードが行われた。沿道を人が覆い、約30万人(県警発表)が詰めかけた。この後、広島東洋カープの古葉竹識監督は広島市の荒木武市長と対面した際に「広島には大きな祭りがない。ぜひつくってほしい。」と懇願した話がある。平和大通り フレッシュアイペディアより)

  • ポップアスリートカップ全国少年野球大会

    ポップアスリートカップ全国少年野球大会から見た古葉竹識古葉竹識

    第一回、第二回大会と星野仙一が名誉会長を務めた。第三回大会は大会名誉会長として古葉竹識、大会会長として高代延博が参加している。第四回は大会会長として張本勲、第五回・第六回は矢野燿大、第七回?第九回はアレックス・ラミレスが大会会長を務めた。ポップアスリートカップ全国少年野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • クラッシュ!正宗

    クラッシュ!正宗から見た古葉竹識古葉竹識

    実は元ジャイアンツの投手で、二軍で蛭野とバッテリーを組む仲であったが、消化試合でのピッチング内容を巡って2人が喧嘩した際に右手を痛めてしまう。結局痛めた右手は元に戻らず、4年後にジャイアンツを自由契約となりカープに移るが、今度は肩を痛めてしまい、引退を余儀なくされた。その後古葉竹識政権下のカープでスコアラーを務め、1975年のカープ初優勝に貢献するが、自分のやりたい野球とのスタイルの違いに苦しみカープを退団した。クラッシュ!正宗 フレッシュアイペディアより)

  • エモやんの10倍プロ野球 セリーグ編

    エモやんの10倍プロ野球 セリーグ編から見た古葉竹識古葉竹識

    ここ20年優勝から遠ざかっている、港町の弱小チーム。投手陣はにいうら、なきやま、えんどるらなかなかの選手層を誇る。打撃面ではたきぎ、やしゅきなどの機動力を生かして好機を作るが、ポンタとパーチョ以外に一発が期待できない貧弱な打線がそのチャンスをなかなか活かせず、カッポレズでかつて黄金時代を築いた名将・こばあ監督をもってしても苦しい戦いが続いている。モデルは横浜大洋ホエールズ(現・横浜DeNAベイスターズ)。エモやんの10倍プロ野球 セリーグ編 フレッシュアイペディアより)

  • 古葉毅

    古葉毅から見た古葉竹識古葉竹識

    古葉毅 フレッシュアイペディアより)

  • 小淵泰輔

    小淵泰輔から見た古葉毅古葉竹識

    三池工業高校卒業後は東洋高圧大牟田へ入社。1955年の都市対抗では中心打者として準々決勝に進み、全鐘紡に惜敗したものの首位打者賞を獲得。翌1956年の大会では濃人渉監督率いる日鉄二瀬に補強され三番打者として活躍、この時のチームメートには古葉毅、吉田勝豊、江藤慎一がいた。小淵泰輔 フレッシュアイペディアより)

  • 寺岡孝

    寺岡孝から見た古葉竹識古葉竹識

    に広島カープに入団。1年目から一軍で起用され、同年は一塁手、外野手として32試合に先発出場。にはウエスタン・リーグで首位打者を獲得。その後も準レギュラーとして起用されるが、に大学の先輩である古葉竹識と共に南海ホークスに移籍。には外野手として22試合に先発するが、限りで現役引退。寺岡孝 フレッシュアイペディアより)

164件中 21 - 30件表示

「古葉竹識」のニューストピックワード