164件中 31 - 40件表示
  • 1978年の広島東洋カープ

    1978年の広島東洋カープから見た古葉竹識古葉竹識

    このシーズンの広島東洋カープは、古葉竹識監督の4年目のシーズンである。1978年の広島東洋カープ フレッシュアイペディアより)

  • 1976年の広島東洋カープ

    1976年の広島東洋カープから見た古葉竹識古葉竹識

    この年の広島東洋カープは、古葉竹識監督の2年目のシーズンである。1976年の広島東洋カープ フレッシュアイペディアより)

  • 小林正之

    小林正之から見た古葉竹識古葉竹識

    引退後も広島に残って二軍コーチ補佐(1976年 - 1977年)、一軍守備コーチ補佐(1981年)、一軍守備・走塁コーチ(1982年 - 1983年)、一軍打撃コーチ補佐(1984年 - 1985年)、一軍打撃コーチ(1986年)を歴任。古葉竹識監督も一目置く卓越した理論で名を馳せ、主にデータ分析を担当して黄金期を支えた。広島退団後の1987年、監督に就任した古葉の要請で大洋一軍守備・走塁コーチとなり、古葉退任後の1990年は二軍守備・走塁コーチを務めて同年退任。1991年から1992年にはダイエー二軍守備・走塁コーチ、1994年には味全守備コーチ、1996年には阪神一軍外野守備・走塁コーチを務めた。 コーチ業の合間を縫って、TVQ九州放送やスポーツ・アイのダイエー戦中継に解説者として出演。その他では古葉が主宰する少年野球教室でも講師を務めた。2010年からは母校の千葉商科大学監督。小林正之 フレッシュアイペディアより)

  • 中村光良

    中村光良から見た古葉竹織古葉竹識

    1973年に引退した後はスコアラーとなり、球団の黄金期を支える。1987年、監督に就任した古葉竹織の招聘で大洋二軍投手コーチとなる。古葉の退任と共に1989年退団。1990年からは西武二軍投手コーチに就任。1992年には1年間だけ三軍投手コーチを務め、同年退団。1993年、台湾プロ野球・俊国ベアーズ投手コーチに就任。日本で鳴かず飛ばずだった野中徹博を再生し、同年退団。中村光良 フレッシュアイペディアより)

  • 米山光男

    米山光男から見た古葉竹織古葉竹識

    滝川高校卒業後、1953年に広島カープへ入団。2年目の1954年に一軍初出場を果たすと、守備の上手さが認められて1955年からはショートのレギュラーを獲得。しかし、打率の方は1955年・1956年と共に1割台と良くなかった。1957年にようやく2割台へ到達。その後は古葉竹織の台頭もあり、1962年に引退。その後は同球団の二軍コーチ(1963年 - 1966年)、二軍監督(1967年)、一軍コーチ(1968年 - 1969年)を歴任。二軍監督時代にはチームをウエスタン・リーグで優勝に導き、一軍コーチ時代には球団史上初のAクラス入りに貢献。米山光男 フレッシュアイペディアより)

  • 広島カープの歌

    広島カープの歌から見た古葉竹識古葉竹識

    1975年(昭和50年)、新監督に就任したジョー・ルーツの提案でチームカラーに赤を取り入れるなどの球団改革が実施された一環で有志が結成した「カープを優勝させる会」の有馬三恵子が作詞、宮崎尚志が作曲を担当した「それ行けカープ」が新球団歌に制定されるが、この際に従来の「広島カープの歌」は歌詞の一部を変更して公式応援歌「勝て勝てカープ」に改題され塩見大治郎の歌唱で「それ行けカープ」のB面に収録された。ルーツはわずか14試合で監督を辞任するが、後任の古葉竹識率いるカープは前年の最下位から一転して悲願の初優勝を為し遂げ、日本全国に「赤ヘル旋風」を巻き起こした。広島カープの歌 フレッシュアイペディアより)

  • 1981年の広島東洋カープ

    1981年の広島東洋カープから見た古葉竹識古葉竹識

    この年の広島東洋カープは、古葉竹識監督の7年目のシーズンである。1981年の広島東洋カープ フレッシュアイペディアより)

  • 熊本市立古町小学校

    熊本市立古町小学校から見た古葉竹識古葉竹識

    古葉竹識(広島カープ監督)熊本市立古町小学校 フレッシュアイペディアより)

  • 1989年の横浜大洋ホエールズ

    1989年の横浜大洋ホエールズから見た古葉竹識古葉竹識

    1989年の横浜大洋ホエールズは、古葉竹識監督の3年目のシーズンである。1989年の横浜大洋ホエールズ フレッシュアイペディアより)

  • 野崎泰一

    野崎泰一から見た古葉竹識古葉竹識

    特に1975年シーズンは、監督のジョー・ルーツが開幕から僅か15試合目(4月27日対阪神ダブルヘッダー第1試合)で指揮権放棄しその後辞任したため、4月27日第2試合から5月3日に古葉竹識コーチが後任監督に昇格するまでの4試合(3勝1敗)で監督代行を務め、古葉体制発足以後のチームの支えとなるなど球団創設初優勝に大きな役割を果たした。野崎泰一 フレッシュアイペディアより)

164件中 31 - 40件表示

「古葉竹識」のニューストピックワード