119件中 31 - 40件表示
  • ジョー・ルーツ

    ジョー・ルーツから見た古葉竹識古葉竹識

    ルーツが指揮権を放棄した4月27日ダブルヘッダー第2試合から野崎泰一が監督代理を4試合務めた後、5月3日に古葉竹識がコーチから監督に昇格し、同年広島は、大下や衣笠、山本浩二、水谷実雄、三村敏之、ゲイル・ホプキンス、外木場義郎、池谷公二郎、金城基泰、佐伯らの大活躍で、球団創設25年目にして悲願の初優勝を達成した。優勝を決めた日、すでに帰国していたルーツは国際電話をかけ、教え子たちの優勝を祝福したという。直後、ルーツは日本を再び訪れ、優勝した広島ナインをねぎらった。なお、この訪問は退団会見で語った「秋に優勝したら祝福にかけつけるよ」というナインとの約束でもあった。ルーツは志半ばで日本を去ったものの、その後、広島はまでに5度のリーグ優勝、3度の日本一等黄金時代を迎えた。ジョー・ルーツ フレッシュアイペディアより)

  • 野崎泰一

    野崎泰一から見た古葉竹識古葉竹識

    特に1975年シーズンは、監督のジョー・ルーツが開幕から僅か15試合目(4月27日対阪神ダブルヘッダー第1試合)で指揮権放棄しその後辞任したため、4月27日第2試合から5月3日に古葉竹識コーチが後任監督に昇格するまでの4試合(3勝1敗)で監督代行を務め、古葉体制発足以後のチームの支えとなるなど球団創設初優勝に大きな役割を果たした。野崎泰一 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺広康

    渡辺広康から見た古葉竹識古葉竹識

    1992年2月の第123回国会予算委員会の議事録によると新日本プロレスリング社長アントニオ猪木参議院議員及び猪木が経営するアントン牧場、元広島東洋カープ監督古葉竹識が経営するテイクワン(ゴルフ場開発会社)にも東京佐川急便から巨額の金が流れていた。渡辺広康 フレッシュアイペディアより)

  • 1981年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    1981年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た古葉竹識古葉竹識

    前年、2年連続日本一を達成した広島東洋カープの古葉竹識監督が全セ(オールセントラル・リーグ)を率い、その広島と2年連続して日本一を争ったパ・リーグ優勝チーム・近鉄バファローズの西本幸雄監督が全パ(オールパシフィック・リーグ)の指揮を執ったオールスターゲーム。1968年以来、7回全パを指揮した西本監督はこの年の秋に辞任。これが最後のオールスターになった。1981年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 木下富雄

    木下富雄から見た古葉竹識古葉竹識

    大型内野手として期待されながら、打力の弱さから不動の内野陣には食い込めず、レギュラーとしては定着できなかった。しかし、内野ならどこでも守れる器用さを古葉竹識監督に買われ、いぶし銀のユーティリティプレイヤーとして黄金時代を支え、5度のリーグ優勝、2度の日本一に貢献。1980年の日本シリーズでは優秀選手に選ばれた。木下富雄 フレッシュアイペディアより)

  • 1984年の日本シリーズ

    1984年の日本シリーズから見た古葉竹識古葉竹識

    上田利治監督率いる阪急ブレーブスと古葉竹識監督率いる広島東洋カープの対決(1975年以来)となった1984年の日本シリーズは、広島が4勝3敗で勝利し、4年ぶり3度目の日本一を決めた。1984年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 市川和正

    市川和正から見た古葉竹識古葉竹識

    1980年のプロ野球ドラフト会議で横浜大洋ホエールズから4位で指名され入団した。プロ入り後は二軍生活が長く、一軍へ昇格しても若菜嘉晴の控え捕手だったが、1988年のシーズンに古葉竹識監督に重用されて正捕手の座を獲得、ポジションを失った若菜は日本ハムに移籍した。市川和正 フレッシュアイペディアより)

  • 平山智 (野球)

    平山智 (野球)から見た古葉竹識古葉竹識

    退団後はカリフォルニアに戻り、教職のかたわらカリフォルニア・エンゼルスのスカウトを務め、1975年に旧知の仲でもあった古葉竹識の要請で並行してカープの専属在米スカウトとなった。ゲイル・ホプキンス、ジム・ライトル、ヘンリー・ギャレット、ルイス・ロペス、ロビンソン・チェコなど、少ない資金で日本の野球にアジャストする優秀な外国人選手を送り込んだ、黄金時代の陰の功労者である。また、上田利治とも個人的な依頼で阪急ブレーブス黄金時代の主軸・ボビー・マルカーノやバーニー・ウイリアムスなどを送り込んだ。現在もカープの嘱託スカウトを務めている。平山智 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 山崎賢一

    山崎賢一から見た古葉竹識古葉竹識

    翌、当時で「スーパーカートリオ」の一員・加藤博一が負傷した為、出場機会が増加。主に代打、代走、試合終盤の守備固めとして起用されるなど、スーパーサブ的な役割を果たす。また、同年からは「こけしバット」と呼ばれた、グリップエンドがこけしの頭のような形をしたバットを使用するようになり、注目される。しかし、古葉竹識が監督に就任したは、打率1割台を記録するなど成績が低下し、出場試合数も前年の97試合から42試合へ減少した。山崎賢一 フレッシュアイペディアより)

  • 松田元

    松田元から見た古葉竹識古葉竹識

    かつては、オーナー代行時代の古葉竹識監督の解任や、衣笠祥雄、高橋慶彦との軋轢等、選手や首脳陣と衝突する事例もあったが、近年では2006年に巨人から移籍した山田真介が「練習中声をかけられて感激した」と発言する等、自ら積極的に選手に声をかけて回っており、球団オーナーとしては例外的に選手との垣根が低い。さらにスカウティングやトレードなどのチーム編成にも乗り出すケースもあり、実際に活躍する選手もいる一方で、「スカウトや監督の仕事の領分に口を挟むべきではない」との声もある。松田元 フレッシュアイペディアより)

119件中 31 - 40件表示

「古葉竹識」のニューストピックワード