164件中 51 - 60件表示
  • 大下剛史

    大下剛史から見た古葉竹識古葉竹識

    山本浩二・達川晃豊政権下でヘッドコーチを務めていた時代は『鬼軍曹』として恐れられ、達川曰く「胃から汗が出る」と形容するほどの猛練習を若手に課していた。その猛練習により第一次山本政権下では野村謙二郎や前田智徳、緒方孝市、江藤智、達川政権下では東出輝裕、新井貴浩といった多くの有望な選手が育成されたことも事実である。駒大の後輩・野村謙二郎を徹底的にシゴき、野村は「このままじゃ殺されます」と泣き言を言っていたが、高橋慶彦は「それは期待の裏返しでもあった。俺が古葉さんに見込まれて鍛え上げられたように。1番・ショートで使える目途が立った野村を見て、俺のカープでの務めは終わったと感じた」と話している。金本知憲は「大下剛史ヘッドコーチに怒られるのが怖くて、(盗塁を)ちゅうちょすることが多かった。」と語っている。新井貴浩は「特に目をかけてもらっていた」と話している。反面、内川聖一のように持病(骨嚢腫)からその猛練習に不安を感じ、入団拒否を表明した選手もいた。大下剛史 フレッシュアイペディアより)

  • 山中潔

    山中潔から見た古葉竹識古葉竹識

    PL学園中学校・高等学校から小早川毅彦・阿部慶二と共に、1979年のドラフト4位で広島東洋カープへ入団。得意の打撃を生かしてに64試合、には90試合に出場。達川光男に代わって先発マスクを被ることも多く、正捕手の座を掴みかけたかに見えたが、古葉竹識監督が退任した翌からは再びベンチを温めることが多くなった。植田幸弘の台頭が見られたオフに山田勉とのトレードで福岡ダイエーホークスへ移籍。正捕手不在のダイエーでもにチームの捕手では2番目に多い45試合に出場するが、翌のシーズン開幕直前に斉藤学とのトレードで中日ドラゴンズへ移籍。中日では正捕手の中村武志に次ぐ2番手捕手の座を獲得するが、翌オフに、五十嵐明とのトレードで日本ハムファイターズへ移籍。日本ハムでも正捕手の田村藤夫に次ぐ2番手捕手の座を獲得するが、田口昌徳の台頭及び近鉄からベテランの山下和彦の獲得に伴いオフに球団から戦力外通告を受ける。同年、千葉ロッテマリーンズのテストを受け合格。ロッテではボビー・バレンタイン監督に相手投手が右投手の時に積極的に登用され、はチームの捕手としては2番目に多い61試合に出場し、ロッテの2位躍進に貢献した。オフに現役を引退。山中潔 フレッシュアイペディアより)

  • 福嶋久晃

    福嶋久晃から見た古葉竹識古葉竹識

    その後はは広島の二軍バッテリーコーチ補佐、古葉竹識が監督に就任したのを期に大洋へ復帰。からまで一軍バッテリーコーチを務めた。退団後は横浜市港南区港南台でフランス料理店「バレーヌ」を経営していたが、2013年に閉店。娘・晃子のキャディーを務める傍ら、晃子・浩子姉妹のマネージメントを行う「インタープレイス」株式会社の代表取締役会長でもある。一時期はJ SPORTSで解説を行なっていたが、現在は活動していない。からは株式会社「エバーケア」を設立し、代表取締役に就任。にアマチュア野球指導資格を回復し、岡山県の関西高等学校でコーチを務めている。福嶋久晃 フレッシュアイペディアより)

  • 1985年の広島東洋カープ

    1985年の広島東洋カープから見た古葉竹識古葉竹識

    1985年の広島東洋カープは、古葉竹識監督の11年目のシーズンである。1985年の広島東洋カープ フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺広康

    渡辺広康から見た古葉竹識古葉竹識

    1992年2月の第123回国会予算委員会の議事録によると新日本プロレスリング社長アントニオ猪木参議院議員及び猪木が経営するアントン牧場、元広島東洋カープ監督古葉竹識が経営するテイクワン(ゴルフ場開発会社)にも東京佐川急便から巨額の金が流れていた。渡辺広康 フレッシュアイペディアより)

  • 山本忠男

    山本忠男から見た古葉竹識古葉竹識

    1966年第2次ドラフト会議で南海ホークスから2位指名を受け入団。大型内野手だがベース一周14秒2の俊足を活かし、1年目から遊撃手として11試合に先発出場。1970年には自己最多の87試合に出場し、古葉竹識、青野修三と二塁手のレギュラーを争った。しかし翌年は桜井輝秀が二塁手の定位置を確保、出場機会が減少する。1972年限りで現役引退。山本忠男 フレッシュアイペディアより)

  • 今井譲二

    今井譲二から見た古葉竹識古葉竹識

    次男・雄大は、かつての恩師である古葉竹識が監督を務める東京国際大学の野球部でプレーしていた(同チームには津田恒実の息子・大毅も所属していた)。今井譲二 フレッシュアイペディアより)

  • 1988年の横浜大洋ホエールズ

    1988年の横浜大洋ホエールズから見た古葉竹識古葉竹識

    1988年の横浜大洋ホエールズは、古葉竹識監督の2年目のシーズンである。1988年の横浜大洋ホエールズ フレッシュアイペディアより)

  • 山崎賢一

    山崎賢一から見た古葉竹識古葉竹識

    には当時スーパーカートリオの一員であった加藤博一が負傷した為、出場機会が増加。主に代打、代走、試合終盤の守備固めとして起用されるなど、スーパーサブ的な役割を果たす。基満男二軍打撃コーチが長打を切り捨て、単打主義を徹底させるために考案したこけしバット(またはつちのこバット)というグリップエンドがこけしの頭のような形をした、極端にバットを短くグリップすることが出来るバットを使用しだし、注目される。の古葉竹識監督就任後は、打率1割台を記録するなど成績が低下し、出場試合数も前年の97試合から42試合へ減少。は屋鋪要の成績不振により、中堅手としてスターティングメンバーでの出場機会を増やす。期待以上の活躍を見せ、外野手であったジム・パチョレックを一塁に追いやった。山崎賢一 フレッシュアイペディアより)

  • プロフェッショナル・ベースボール・アカデミー

    プロフェッショナル・ベースボール・アカデミーから見た古葉竹識古葉竹識

    当初は神奈川県に設置する予定だったが、建築基準法などの関係で建設できなかったため、井手の故郷である熊本県熊本市に場所を移して開校。地元を中心にした小・中学生の野球競技者が入学した。開校時は今井譲二(元広島)、御船英之(元ダイエー → 広島 → 近鉄)が指導者として所属(今井・御船ともに熊本県出身)。また名誉顧問として古葉竹識(元広島・大洋監督)、アドバイザーとして松永浩美(元阪急・オリックス → 阪神 → ダイエー)が就いている。屋内練習所は東京ドームなどで採用されている新型人工芝・フィールドターフを採用している。プロフェッショナル・ベースボール・アカデミー フレッシュアイペディアより)

164件中 51 - 60件表示

「古葉竹識」のニューストピックワード