119件中 51 - 60件表示
  • 達川光男

    達川光男から見た古葉竹識古葉竹識

    横浜大洋ホエールズの新人・谷繁元信が打席に立った際、「よう頑張っとるから、特別に次の球種を教えちゃる」と話しかけ、いぶかしむ谷繁に向けて「カーブ、カーブ、カーブ、カーブ」とつぶやき続けた。谷繁もその気になったところ、ピッチャーが実際に投げてきたのはストレートだった。思わず谷繁が文句を言うと、達川は「すまんすまん、アイツはワシのサインを理解しておらんかった」と答え、その直後に「ナイスストレート!」と言いながらピッチャーにボールを返球した。当時の大洋の監督は達川をよく知る古葉竹識であり、谷繁はベンチに帰った際「達川の言うことを聞くな」と叱られたという。達川光男 フレッシュアイペディアより)

  • 松田耕平

    松田耕平から見た古葉竹識古葉竹識

    その後チームは古葉竹識、阿南準郎、山本浩二監督の時代までに5度のリーグ優勝(1979年、1980年、1984年、1986年、1991年)、3度の日本一(1979年、1980年、1984年)を果たした。またアメリカの教育リーグへ選手を積極的に派遣。今や定着したスピードガンは、耕平が1976年秋の教育リーグの土産としてアメリカから持ち帰り、木庭教スカウトに渡して使用したのが最初である。1990年にはドミニカ共和国に日本球界初のベースボールアカデミー・カープアカデミーを設立し、従来の調達方法ではなく、自前で外国人選手も育てる方針でチーム作りの手法を示した。松田耕平 フレッシュアイペディアより)

  • 濃人渉

    濃人渉から見た古葉竹識古葉竹識

    1949年、国民リーグで一緒だった真野春美が在籍していた日鉄二瀬(福岡県嘉穂郡、日鉄鉱業二瀬鉱業所)野球部に引っ張られ同チームの監督に就き、厳しい指導で無名選手を鍛え上げ強豪チームにする。1951年第22回都市対抗野球大会のチーム初出場、翌第23回大会は選手兼任監督1番遊撃手としてチームを牽引、準優勝に導く。1954年から監督専任、江藤愼一、古葉竹識、寺田陽介、吉田勝豊らを育て「濃人学校」と呼ばれ教祖的な人気を得て九州の野球のレベルアップにも貢献。第29回大会(1958年)で再び準優勝に導くなど11年指揮をとった。スポーツジャーナリスト・越智正典は1954年のサン大会(現在のスポニチ大会)で逞しく鍛えられた日鉄二瀬の魅力につかまり、何度も筑豊に足を運んだと話している。1959年退任。濃人渉 フレッシュアイペディアより)

  • 池谷公二郎

    池谷公二郎から見た古葉竹識古葉竹識

    右腕を腰の後ろまで回し、左腕を高く掲げ、遠心力で投げるシーソーのようなフォームから「シーソー投法」あるいは「ぎっこんばったん投法」とも呼ばれた。バッターとの真っ向勝負を挑み1976年、77年と二年連続奪三振王にもなった。王貞治は引退を決意した一因は池谷のストレートの伸びについていけなくなった事もあると自著に書いている。しかし、肩を痛めた後は思った成績は残せず1985年、古葉竹識監督の勇退とともに引退。池谷公二郎 フレッシュアイペディアより)

  • 金山次郎

    金山次郎から見た古葉竹識古葉竹識

    1955年8月、史上初となる400盗塁を達成。1957年にコーチ兼任となるが、新人の古葉毅のレギュラー定着により公式戦出場はなく、指導に専念した。同年シーズン限りで現役引退し、引き続き1958年から1961年まで広島のコーチを務めた。金山次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 三重テレビナイター

    三重テレビナイターから見た古葉竹織古葉竹識

    古葉竹織(現・東京国際大学野球部監督)三重テレビナイター フレッシュアイペディアより)

  • 日鉄鉱業

    日鉄鉱業から見た古葉竹識古葉竹識

    古葉竹識 - 元プロ野球選手(現・東京国際大学硬式野球部監督)日鉄鉱業 フレッシュアイペディアより)

  • 1979年の日本シリーズ

    1979年の日本シリーズから見た古葉竹識古葉竹識

    1975年以来2度目の出場となった古葉竹識監督率いる広島東洋カープと、プレーオフで阪急に3連勝し初出場となった西本幸雄監督率いる近鉄バファローズの対決となった。セパ2リーグ分立初年の1950年ではダントツの最下位であった両チームが、30回目の日本シリーズで初の日本一を争うことになった。1979年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 木庭教

    木庭教から見た古葉竹識古葉竹識

    戦後は父の郷里・岡山県赤磐郡瀬戸町(現・岡山市東区瀬戸町)に身を寄せ、知人と海産物問屋を興したり証券会社に勤務するなどした後は農業に従事していた。野球観戦を趣味として続けていたが1955年、自ら広島カープ(現・広島東洋カープ)に「これからは選手を育てていかなければいけない時代。こういう有望な選手を獲ってはいかがか」という選手のリストを綴った手紙を送る。これを野崎泰一がスカウトだった西野襄に見せ翌1956年、木庭30歳の時、広商時代の恩師で当時広島カープの事務局長だった久森健司(忠男)に「そんなに野球が好きなら」と勧められ、スカウトとしてカープに入団した。森永勝也、古葉毅(現・竹識)、上田利治らをスカウトした上司・西野から、スカウトとしての基礎を学んだ。1964年には平安高校の衣笠祥雄を獲得した。木庭教 フレッシュアイペディアより)

  • 大野豊 (野球)

    大野豊 (野球)から見た古葉竹識古葉竹識

    、南海ホークスから移籍してきた江夏豊に見初められ、古葉竹識監督から預けられるという形で、二人三脚でフォーム改造や変化球の習得に取り組み始める。江夏は当時の大野について「月に向かって投げるようなフォームだった。しかし、10球に1球ほど光るものを感じたから、とりあえずキャッチボールから変えてみようかということになった」と語っている(また江夏は、「俺と同じ『豊』と言う名で、俺と同じ母子家庭で育ち、俺と同じ左腕投手なのも何かの縁。俺の弟のようなもの。是非、俺の後継者にしたい!」と大野を評していた)。時に鉄拳も飛ぶ厳しい指導の末、やがて大野は中継ぎの柱へと成長を遂げた。には、トレードで日本ハムファイターズへと移籍した江夏の後を受けてリリーフに抜擢され、「気の弱い大野に抑えは無理」と非難を浴びながらも同年8勝11セーブ、翌には10勝11セーブを記録した。大野豊 (野球) フレッシュアイペディアより)

119件中 51 - 60件表示

「古葉竹識」のニューストピックワード