119件中 61 - 70件表示
  • 寺岡孝

    寺岡孝から見た古葉竹識古葉竹識

    宮崎県立宮崎商業高等学校から専修大学に進学。東都大学1部リーグ通算70試合出場、220打数59安打、打率.268、4本塁打、25打点。ベストナイン1度受賞。に広島カープに入団。に二軍で首位打者を獲得したが、一軍ではレギュラーを獲得できず、に大学の先輩である古葉竹識と共に南海ホークスに移籍。限りで現役引退。寺岡孝 フレッシュアイペディアより)

  • 1987年の日本シリーズ

    1987年の日本シリーズから見た古葉竹識古葉竹識

    ニッポン放送(NRN) 実況:松本秀夫 解説:柴田勲 ゲスト解説:古葉竹識(大洋監督)1987年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 広島市民球場 (初代)

    広島市民球場 (初代)から見た古葉竹識古葉竹識

    当日は雪の舞う中、カープ創成期を支えた初代「ゴジラ」藤井弘から、2年前まで現役で市民球場のグランドで活躍した佐々岡真司など総勢56名のカープOBが古葉竹識監督率いる「チーム・カープ」、阿南準郎監督率いる「チーム・広島」に分かれ紅白戦が行なわれ、2万8千人の観衆が市民球場との別れを惜しんだ。広島市民球場 (初代) フレッシュアイペディアより)

  • 福嶋久晃

    福嶋久晃から見た古葉竹識古葉竹識

    、、と計3度のオールスターゲーム出場も果たしている。に広島へ移籍し、開幕戦に代打で出場しサヨナラヒットを放つなど右の代打としても活躍。同年限りで引退。広島のバッテリーコーチを経て古葉竹識が監督に就任したのを期に大洋へ復帰しまでバッテリーコーチを務めた。福嶋久晃 フレッシュアイペディアより)

  • 上田利治

    上田利治から見た古葉竹識古葉竹識

    広島東洋カープとの1975年の日本シリーズに臨むにあたり、敵将・古葉竹識の知略を尽くした手法を熟知していた上田は(上田と古葉は同学年であり、かつての広島でチームメイトだった)スタッフに対し、シリーズ1・2戦における広島投手陣の投球をできる限りフィルム撮影しておくよう指示を出した。こうして持ち込まれた膨大なフィルムをコーチ陣とともに広島投手の癖や傾向等を徹底的に研究した。結果、阪急はこのシリーズを制することになる。第1期阪急監督時代は「パシフィック・リーグに阪急の敵なし」と言われ、日本シリーズでも衣笠祥雄率いる広島や、王貞治が現役だった巨人を圧倒する力をみせる等、その強さは伝説化している。この時代の阪急は日本シリーズで3年連続で巨人を倒した三原脩率いる西鉄、川上哲治率いるV9時代の巨人と並び、プロ野球史上最も強かったチームとして今でも語り継がれている。上田利治 フレッシュアイペディアより)

  • 浅野啓司

    浅野啓司から見た古葉竹識古葉竹識

    限りで現役引退。その後、アール・エフ・ラジオ日本・テレビ朝日の解説者を経て、ヤクルト投手コーチ、日本ハム投手コーチ、二軍投手コーチを歴任し正田樹らを育てた。からまで台湾・中信鯨(中信ホエールズ)投手コーチ。より元阪神、ロッテの藤倉一雅らとともに、元プロ野球選手としては初めて、大学野球部の指導者になることに決まった。、正式に関甲新学生野球連盟の白鴎大学監督に就任するが、2007年度限りで退任した。現在、同じ元プロ野球選手の古葉竹識監督の下、東京国際大学野球部のコーチに就任している。浅野啓司 フレッシュアイペディアより)

  • 山本一義

    山本一義から見た古葉竹識古葉竹識

    引退後、1976年?1979年広島一軍打撃コーチ。古葉竹識監督とともに高橋慶彦を球界屈指のスイッチヒッターに育成、球界の先駆となった。1980年?1981年、監督の西本幸雄に誘われ近鉄バファローズ打撃コーチを務め、1982年?1983年ロッテオリオンズ重光武雄オーナーが旧知の鶴岡一人に次期監督を相談、大学の先輩である鶴岡の推薦により監督に就任。1982年落合博満の三冠王獲得に尽力した。1983年は球団史上初の最下位となったが、シーズン後半は、高沢秀昭やスイッチヒッターに転向させた西村徳文ら、若手を我慢して起用して育てた。1984年?1985年は推薦した鶴岡の計らいで南海ホークス一軍打撃コーチに就任し山本和範、吉田博之らを育てた。生一本の性格で現役時代から村山実とウマが合い、村山が阪神監督に復帰した1988年、山本に入閣を打診したが、山本が病気の父親の付き添いで病院に寝泊まりして連絡が取れず、時間切れで実現しなかったという。山本一義 フレッシュアイペディアより)

  • プロフェッショナル・ベースボール・アカデミー

    プロフェッショナル・ベースボール・アカデミーから見た古葉竹識古葉竹識

    当初は神奈川県に設置する予定だったが、建築基準法などの関係で建設できなかったため、熊本県熊本市に場所を移して、地元を中心にした小・中学生の野球愛好家が入学。今井譲二(元広島)、御船英之(元ダイエー→広島→近鉄)が指導者として所属(今井・御船ともに熊本県出身)。また名誉顧問として古葉竹識(元広島・大洋監督)、アドバイザーとして松永浩美(元阪急・オリックス→阪神→ダイエー)が就いている。屋内練習所は東京ドームなどで採用されている新型人工芝・フィールドターフを採用している。プロフェッショナル・ベースボール・アカデミー フレッシュアイペディアより)

  • ドン・ブラッシンゲーム

    ドン・ブラッシンゲームから見た古葉竹識古葉竹識

    、コーチ時代から親交のあった古葉竹識(1970年から1973年まで選手・コーチとして同僚だった)が監督を務めていた広島東洋カープの守備兼ヘッドコーチを務めた。古葉は「ブレイザーの野球を見て本当に勉強になったと」と語っている。ドン・ブラッシンゲーム フレッシュアイペディアより)

  • 1986年の日本シリーズ

    1986年の日本シリーズから見た古葉竹識古葉竹識

    実況:松倉悦郎 ゲスト解説:古葉竹識、山田久志(阪急)、遠藤一彦(大洋)1986年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

119件中 61 - 70件表示

「古葉竹識」のニューストピックワード