119件中 71 - 80件表示
  • 1966年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    1966年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た古葉竹識古葉竹識

    第1戦、両軍投手陣が踏ん張り5回まで0が並び、膠着状態が続いたが、全パは広瀬叔功(南海)の3ラン本塁打で先制した。その後も得点を重ねた全パが戦勝。第2戦、ドラフト1期生の堀内恒夫(全セ・巨人)、森安敏明(全パ・東映)が登場(第3戦には近鉄の鈴木啓示も全パ2番手として登板)。試合そのものは榎本喜八(東京)の2打席連続本塁打で全パが2連勝した。第3戦は古葉毅(現・竹識)が5回に2ラン本塁打を打ち、全セが一矢報いた。1966年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 1980年の日本シリーズ

    1980年の日本シリーズから見た古葉竹識古葉竹識

    西本幸雄監督率いる近鉄バファローズと古葉竹識監督率いる広島東洋カープの2年連続の対決となった1980年の日本シリーズは、広島が4勝3敗で勝利し、2年連続2度目の日本一。前年も第7戦までもつれ込み、「江夏の21球」に屈した近鉄は雪辱に燃えていた。前年同様連勝でスタートしたが、地元で連敗。しかし、第5戦にエース鈴木啓示の力投で王手をかける(西本監督は8度目の出場にして初の王手、第6戦終了時を除く)。悲願の初制覇目前と思われたが、広島の底力に屈した。広島は前年も活躍した山根和夫を中心投手として据え、第4戦は完封、第7戦でも味方の逆転を呼んで2勝。シリーズ男と言われた。1980年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 山崎隆造

    山崎隆造から見た古葉竹識古葉竹識

    崇徳高校では3年春の甲子園で優勝(現・早稲田大学野球部監督の應武篤良は同期でチームメイト)。超高校級の遊撃手と騒がれ、1976年ドラフト1位で広島東洋カープに入団。1978年後半から当時監督だった古葉竹識の勧めにより、高橋慶彦に次いでスイッチヒッターへ転向した。しかし高橋慶がいたため遊撃手には定着出来ず、入団5年目までは内外野(主に二塁手と左翼手)をかけもちした。山崎隆造 フレッシュアイペディアより)

  • TBCパワフルベースボール

    TBCパワフルベースボールから見た古葉竹識古葉竹識

    2004年までは、原則として火・土・日はJRNナイター(キー局:TBSラジオ)、水・木・金はNRNナイター(キー局:ニッポン放送)をそのままネット受けしていた。ただし1973年からロッテオリオンズが準本拠地(1974年から1977年は公式なフランチャイズとなる)となり、県営宮城球場(2005年からフルキャストスタジアム宮城、2008年からはクリネックススタジアム宮城に改称)で試合が行われるときは自社制作で中継しており、オリックス主催試合ではメインカードではないが毎日放送のアナウンサーが来仙しリポートを入れたり、ダイエーの試合が行われたときはKBCラジオにネットしたこともあった。横浜×中日では東海ラジオのアナウンサーが来仙したのは勿論のこと当時、解説者だった古葉竹識が当時TBC解説者の土屋弘光と中継をしたこともある。TBCパワフルベースボール フレッシュアイペディアより)

  • 石本秀一

    石本秀一から見た古葉竹識古葉竹識

    広陵出身の濃人渉は、子どものときから広陵の先輩に石本をカタキのようにいわれ、何の根拠もなく石本を毛嫌いしていた。ところが一緒になってやっているうち、自分の間違いだということに気づいた。石本の教え方を見ていて、ころっと参った。そして尊敬したという。濃人は後に日鉄二瀬で江藤愼一や古葉竹識などを育てたことでも知られるが「指導法は石本から教わったもの。石本式です。石本さんの野球です」と述べている。石本秀一 フレッシュアイペディアより)

  • 1978年の日本シリーズ

    1978年の日本シリーズから見た古葉竹識古葉竹識

    関西テレビ≪FNN系列≫ 実況:松本暢章 解説:岡本伊三美、荒川博 ゲスト解説:古葉竹識(広島監督)1978年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 福士敬章

    福士敬章から見た古葉竹識古葉竹識

    に広島東洋カープの古葉竹識監督の希望により、金城基泰との交換トレードで広島に移籍。先発投手として活躍し、15勝を二度マーク。・の連続日本一にも貢献し、カープ黄金期の一翼を担った。"ブラッシュボールの名手"として知られ、そのボールを投げると相手ベンチから「来た!!」の声が一斉に上がった。にわずか3勝に終わると同年限りで退団。福士敬章 フレッシュアイペディアより)

  • 小谷正勝

    小谷正勝から見た古葉竹識古葉竹識

    1977年に引退したのち、1978年は大洋にスカウトとして残留、1979年から1986年までは現場に復帰して投手コーチを務めたが、古葉竹識監督の就任に伴うコーチ陣の入れ替えもあり、1987年からは監督の関根潤三に招聘されヤクルトの投手コーチに就任した。その後大洋投手陣は崩壊し、大洋投手陣は球団に対して「小谷コーチを戻して欲しい。」との嘆願書を出したそうである。小谷正勝 フレッシュアイペディアより)

  • 東京国際大学

    東京国際大学から見た古葉竹識古葉竹識

    野球部は東京新大学野球連盟に所属している。2008年4月から元プロ野球選手・広島東洋カープ監督の古葉竹識が監督を務めている(2007年から監督に就任することが決まっていたが、札幌アンビシャスでの活動がプロ活動とみなされ、2年経過しなければアマチュア登録をすることができなかった。そのため、三男の古葉隆明が監督に就任し、自らはアドバイザーとしてベンチ入りしない指導者となった。2008年4月から正式に監督就任)。2011年全日本大学野球選手権大会準々決勝首都大学野球連盟の強豪校日本体育大学に1対0にて辛勝するも、準決勝戦慶應義塾大学に負けるが、初出場でベスト4進出の快挙を成し遂げる。東京国際大学 フレッシュアイペディアより)

  • 秋葉忠利

    秋葉忠利から見た古葉竹識古葉竹識

    1999年(平成11年)に衆議院議員を辞職し、広島市長選挙に出馬。市民の党の応援を受け、自民党が推薦する元厚生官僚(広島市助役)の大田晋や広島市議会議長経験者など新人5人と激戦の末、初当選する。1999年(平成11年)2月に市長就任、2003年(平成15年)は、再び自民推薦・公明支持の大田晋と古葉竹識の保守系2候補らを破り再選された。2007年(平成19年)は自民推薦・公明支持の柏村武昭前参議院議員、多くの広島市議の支持を受けた大原邦夫元広島市議の保守系2候補らを大差で破り3選を果たした。秋葉忠利 フレッシュアイペディアより)

119件中 71 - 80件表示

「古葉竹識」のニューストピックワード