164件中 71 - 80件表示
  • 1986年の日本シリーズ

    1986年の日本シリーズから見た古葉竹識古葉竹識

    実況:松倉悦郎 ゲスト解説:古葉竹識、山田久志(阪急)、遠藤一彦(大洋)1986年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の日本シリーズ

    2006年の日本シリーズから見た古葉竹識古葉竹識

    STVラジオ・東海ラジオ(NRN) 実況:宮永真幸 解説:千藤三樹男、古葉竹識2006年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 吉田正

    吉田正から見た古葉竹識古葉竹識

    古葉,大洋よ覇者となれ(1989年/大石吾郎)吉田正 フレッシュアイペディアより)

  • 1985年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    1985年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た古葉竹識古葉竹識

    前年、日本シリーズを制した広島東洋カープ監督の古葉竹識が全セ(オールセントラル・リーグ)を率い、パシフィック・リーグを制した阪急ブレーブス監督の上田利治が全パ(オールパシフィック・リーグ)の指揮を執った。第1戦は投手戦になり、スコアボードに0が並んだ中、全セ2番高木豊(大洋)の放った長打が唯一の得点となり全セがまず1勝。続く第2戦は取っては取り返される展開となる中で先制点を挙げたウォーレン・クロマティ(巨人)が決勝打も打ちMVPに輝いた。最終第3戦は近鉄球団念願の藤井寺球場開催。前年、球宴本塁打記録に並んだ全セの山本浩二(広島)が新記録の14号本塁打を放った。1985年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 1983年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    1983年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た古葉竹識古葉竹識

    広島テレビ≪日本テレビ系列≫ 実況:加藤進(広島テレビ) 解説:村山実 ゲスト解説:古葉竹識(広島監督)1983年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 1981年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    1981年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た古葉竹識古葉竹識

    前年、2年連続日本一を達成した広島東洋カープの古葉竹識監督が全セ(オールセントラル・リーグ)を率い、その広島と2年連続して日本一を争ったパ・リーグ優勝チーム・近鉄バファローズの西本幸雄監督が全パ(オールパシフィック・リーグ)の指揮を執ったオールスターゲーム。以来、7回全パを指揮した西本監督はこの年の秋に辞任。これが最後のオールスターになった。1981年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 1980年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    1980年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た古葉竹識古葉竹識

    前年、初の日本一を達成した広島東洋カープの古葉竹識監督が全セ(オールセントラル・リーグ)を率い、パ・リーグ優勝チーム・近鉄バファローズの西本幸雄監督が全パ(オールパシフィック・リーグ)の指揮を執ったオールスターゲーム。1980年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 1976年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    1976年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た古葉竹識古葉竹識

    前年、初の日本一に輝いた阪急ブレーブスの上田利治監督が全パ(オールパシフィック・リーグ)を率い、セ・リーグ初優勝を飾った広島東洋カープの古葉竹識監督が全セ(オールセントラル・リーグ)を率いた。1976年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 門前眞佐人

    門前眞佐人から見た古葉竹識古葉竹識

    その後、広島の監督を、と務めた。血の気の多さを心配されたが、監督の座に就くと人が変わったように穏やかに選手に接した。成績は振るわなかったが古葉竹識ら若手は萎縮させずに育てた。豪傑肌の人物であったが、阪神時代から面倒見のいい性格で「家を建てる金があるなら選手に使ってやるよ」とずっと借家住まいであったという。門前眞佐人 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺弘基

    渡辺弘基から見た古葉竹識古葉竹識

    1971年、ドラフト1位で阪急に入団。監督の西本幸雄の期待が大きかったが、3年で3対2の交換トレード(大石弥太郎、白石静生←→児玉好弘、宮本幸信、渡辺弘基)で広島へ移籍。貴重な中継ぎ左腕として1975年には55試合に登板し広島初優勝に大きく貢献した。特にオールスターゲーム明けの後半戦は28試合、50回1/3を投げ、防御率は0.55だった。古葉竹識監督は胴上げ後に「渡辺こそ、陰のMVPだ」と語った。同年の日本シリーズでも3試合に登板。翌1976年も当時のセ・リーグ最多登板記録を更新する73試合に登板する等、タフな投手だった。スリークォーターからの落差の大きいカーブが武器。その後は故障もあり成績は下降し、1979年現役引退。渡辺弘基 フレッシュアイペディアより)

164件中 71 - 80件表示

「古葉竹識」のニューストピックワード