164件中 81 - 90件表示
  • 木下富雄

    木下富雄から見た古葉竹識古葉竹識

    投手・捕手以外ならどこでも守れる器用さを古葉竹識監督に買われ、二塁、三塁、遊撃を中心に守備固めや代走、時にはスタメン出場するなど、いぶし銀のユーティリティプレイヤーとして広島の黄金時代を支える。5度のリーグ優勝、2度の日本一に貢献。遊撃手の三村敏之、高橋慶彦らと二遊間コンビを組み、打順は繋ぎ役の二番や七番を主に打った。安打は多くなかったが、柔らかいバットコントロールでバント・ヒットエンドランを確実に決めた。何とかボールに当てようと、バットを放り投げることもしばしばあった。また、師匠である大下剛史譲りの隠し球の名手としても知られたが、実際に成功したのは2回だけとの事である(山本功児談、東京スポーツ、2007年8月20日)。木下富雄 フレッシュアイペディアより)

  • ストッパー毒島

    ストッパー毒島から見た古葉竹識古葉竹識

    編成部長。外様の小暮には冷たい。毒島の指名を望む小暮に対しては「自費で毒島の給料を払えるか?」と要求し、これが影響してか1年目の毒島は年俸360万円で契約することとなった。同じ関西出身として上田利治を心の師と仰いでいる。藤田元司や古葉竹識を監督として呼ぼうとしていた。大事な会議中に落書きを描く癖がある。ストッパー毒島 フレッシュアイペディアより)

  • 福士敬章

    福士敬章から見た古葉竹識古葉竹識

    に広島東洋カープの古葉竹識監督の希望により、金城基泰との交換トレードで広島に移籍。先発投手として活躍し、15勝を二度マーク。・の連続日本一にも貢献し、カープ黄金期の一翼を担った。"ブラッシュボールの名手"として知られ、そのボールを投げると相手ベンチから「来た!!」の声が一斉に上がった。尚、広島移籍後は松原明夫から福士明夫、福士敬章と登録名が変わっているが、これは家族との間で問題が起こったためである。にわずか3勝に終わると同年限りで退団。福士敬章 フレッシュアイペディアより)

  • 1978年の日本シリーズ

    1978年の日本シリーズから見た古葉竹識古葉竹識

    関西テレビ≪FNN系列≫ 実況:松本暢章 解説:岡本伊三美、荒川博 ゲスト解説:古葉竹識(広島監督)1978年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 池谷公二郎

    池谷公二郎から見た古葉竹識古葉竹識

    右腕を腰の後ろまで回し、左腕を高く掲げ、遠心力で投げるシーソーのようなフォームから「シーソー投法」あるいは「ぎっこんばったん投法」とも呼ばれた。バッターとの真っ向勝負を挑み1976年、77年と二年連続奪三振王にもなった。王貞治は引退を決意した一因は池谷のストレートの伸びについていけなくなった事もあると自著に書いている。しかし、肩を痛めた後は思った成績は残せず1985年、古葉竹識の監督勇退とともに引退。池谷公二郎 フレッシュアイペディアより)

  • 日本シリーズにおける各種記録

    日本シリーズにおける各種記録から見た古葉竹識古葉竹識

    1975年 古葉竹識(広島東洋カープ)日本シリーズにおける各種記録 フレッシュアイペディアより)

  • 浅野啓司

    浅野啓司から見た古葉竹識古葉竹識

    その後はラジオ日本「ジャイアンツナイター」・テレビ朝日解説者( - )を経て、ヤクルト( - 二軍投手コーチ)・日本ハム( - ・一軍投手コーチ, - 二軍投手コーチ)・中信(投手コーチ)でコーチを歴任。より藤倉一雅(元阪神・ロッテ)らと共に、元プロ野球選手としては初めて大学野球の指導者になる事が決まり、白鴎大学の投手コーチに就任。同年途中から監督となるが、限りで退任。からは古葉竹識監督の下、東京国際大学の投手コーチに就任。伊藤和雄を送り出し、6月限りで退任。その後はシニアリーグで中学生を指導しつつ、60歳以上の還暦野球でプレーをしていた。から2017年までは横浜DeNAベイスターズで二軍巡回投手コーチを務めた。浅野啓司 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺秀武

    渡辺秀武から見た古葉竹識古葉竹識

    古葉竹識に熱心に誘われた広島では、抑えの江夏豊へつなぐ中継ぎ投手として、1979年・の日本シリーズ連覇に貢献した。渡辺秀武 フレッシュアイペディアより)

  • 佐野嘉幸

    佐野嘉幸から見た古葉竹識古葉竹識

    1975年途中、かつて南海のコーチだった監督の古葉竹識に請われ、広島東洋カープに移籍。ここでも貴重な戦力として広島のリーグ優勝に貢献。1979年限りで引退。佐野嘉幸 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋勲

    大橋勲から見た古葉竹織古葉竹識

    大学卒業にあたって、読売ジャイアンツ・阪神タイガース・中日ドラゴンズ・大洋ホエールズ・東映フライヤーズによる争奪戦となる。大橋の父親が当時の近鉄バファローズの監督であった別当薫のファンであったことから、近鉄との対戦があるパ・リーグのチームには入団させない旨の声明文を出し、まずは東映が脱落。また、阪神はヘッドコーチの青田昇が大橋について肥満気味で動作が緩慢であると藤本定義監督に進言したこともあり、撤退。巨人・中日・大洋の中で大橋は巨人入りを希望していたが、巨人では森昌彦が次々入団する有望新人捕手をはねのけて正捕手を守っていた。対して、に正捕手の吉沢岳男を近鉄に放出し、は江藤愼一を外野から回してしのいでいた中日であれば、大橋自身もレギュラーを獲得できる自信があった。一方で、契約金は巨人・大洋・中日の順で、最も出場できるチャンスがある中日が一番低かった。この状況の中で、結局に巨人へ入団する。プロ入り当初は大型捕手として注目を集め、森昌彦と正捕手の座を争い、春の宮崎キャンプでは首脳陣も大橋と森との競争を煽ったという。しかし、森の壁は破れず控え捕手に甘んじた。は開幕から安易に盗塁を許し弱肩を露呈した森の代役でマスクを被る。広島の古葉竹織、中日の高木守道・中利夫といったセ・リーグの俊足選手の盗塁を次々と阻止する一方、打撃も好調で打率も一時は3割を超える。だが、大洋戦で伊藤勲から右肩にファウルチップの直撃を受けて、1ヶ月も戦線離脱を余儀なくされる間に森に正捕手の座を奪い返された。さらに、リーグ優勝後に大井競馬場にいたことを監督の川上哲治に咎められ、5万円の罰金と1週間の謹慎処分を課せられた。結局、日本シリーズでも起用されることはなかった。翌になると、第二捕手として槌田誠が起用されるようになって大橋の出場機会が大幅に減少し、同年オフに桑田武との交換トレードで大洋に放出された。大橋勲 フレッシュアイペディアより)

164件中 81 - 90件表示

「古葉竹識」のニューストピックワード